« 2018 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

オールスタークラッシュ

見終わったよ!「宇宙戦隊キュウレンジャー」

第48話雑感
・最終回だからこそオープニング普通に見せてほしかったー!
・なんだろうこのドン・アルマゲの「宇宙そのものになったのだ」の説得力のなさ。バトルフィールドが地上だから?
・ドン・アルマゲは実体(容れ物)があるのにわざわざ他人に憑依する理由とは?
・名乗りシーン撮り下ろしだ!ていうか素顔名乗りじゃん!
・「宇宙が救われた!」→CMってエピローグは?!
・エピローグあった。よかった
・スティンガーのガウン姿のインパクトはナカナカ
・九ツ星、99連勝、9縛り
・ハミィちゃんが先生目指してるのが一番グッときた
・ラプターとスパーダはくっついたってこと?!
・ラッキーがガルと一緒にスクーターで宇宙パトロールしてるのらしくていいなあ

いやー!最後までよくわかんなかった!
特撮 | CM(0) | TB(-) 2018.02.05(Mon) 22:48

こんな手紙が届いた

最近見た映画

・怒り
夫婦殺害犯逃亡中と時期を同じくして東京・千葉・沖縄で素性の知れない男と出会う三つのお話。
この設定でよく映像化したな。塩顔俳優3人揃えて「犯人はだーれだ?」というつくりが面白い。並べてみると全然違う顔なのに、わからないモンですな。でも冒頭で暗がりとはいえ結構大胆に犯人映ってるから体つきとかでわかる人いるよね。私はわからなかったけど!
結局沖縄が犯人なんだけど、最悪の結末のはずなのに海に向かって絶叫する少女に光を感じた。
終わってみれば東京と千葉は美しい話だったんだなと思い直す一方でそれを犯人当てに夢中になって疑いの目で見てたことに自己嫌悪。

・ズーランダー
世界一の座から陥落したトップモデルが失意で引退したところを呼び戻されてマレーシア首相暗殺の実行犯として利用される話。
小柄なベン・スティラーがトップモデルってどういうキャスティング?と思ったら本人が監督かーい。脇を固める役者も濃いよー。豪華なカメオ出演はトランプ現大統領以外はリンプ・ビズキットのボーカルしかわかんなかった。
主人公を世界一の座から引きずり下ろしたライバルが実は主人公に憧れてたなんて最高にいい話なんだけど、親友になった二人のめんどくさいこと。バカが二人に増えてヒロイン大変。悪意無く一般人をディスるのホントやめてほしい。
iMacの電源の入れ方がわからないシーンが2001年宇宙の旅のオマージュになっていくのめちゃくちゃ笑った。

・ズーランダーNO.2
あれから16年、妻を亡くし息子を奪われ隠遁生活を送るデレクと、顔に傷を負ったことで引退し怠惰な生活を送るハンセルのもとに、ローマの有名デザイナーからモデルに起用したいという話が舞い込むが、裏には悪の組織の企みが隠れていた…という話。
前作以上になんじゃこりゃな話なんだけど、初っ端からジャスティン・ビーバーが蜂の巣だし、5箇所くらい大笑いしてしまったから嫌いになれない。事故って車が転がるシーンでなんであんなに笑ったのか自分でもわからん。疲れてんのかな?
続投は主人公と親友のコンビだけ?と思ったら終盤になって一気に出てきた。散々ハチャメチャやっといて無理矢理ハッピーエンドなのも安定。
ところで主人公のキメ顔って梅干食べてスッパマン顔だよね。

・残穢[ざんえ]-住んではいけない部屋-
読者投稿の恐怖体験コーナーを担当するミステリー作家が変な音がする部屋に住む投稿者とともに「変な音」の由来を追う話。
祟られるのは嫌だけど大人の自由研究みたいで楽しそう。福岡まで飛ぶなんて自由になるお金がなきゃできないし。平山芳明さんの登場には笑ってしまった。
今のところ何事もなく過ごしている人たちにも影が忍び寄っていることを思わせるエピローグだったけど、一箇所、「どうした?お腹すいたの?」の直前くらいに一瞬音声が乱れるのは意図的なものだと思うんだけどその意図がわからなかった。赤ちゃんも首吊りもこれでもかってくらいわかりやすかったから余計に気になる。
主人公が電話を受けた場面より後は蛇足かなあ。お姫様の絵を見せてくれたのは良かったけど、醜く歪んだ顔は「えっ、歪んだ?」って感じだったし。あれならご想像にお任せされたかった。

・鬼談百景
「残穢」の主人公でもあるミステリー作家が読者投稿の恐怖体験談を紹介していく話。
一気に10話見せられると自分の好みが見えてくる。「続きをしよう」が好きだな。「影男」は目が合ったくらいで「変な人がいるんです」ってひどくない?!
1話10分見事に投げっぱなしで本当に友達から聞いた友達の友達の話みたいに「実はかつて」みたいなのが一切ないので残穢よろしく由来を追ってほしい。
化けて出るにしてもいろんな形があるけど、音でビビらすのはまだしも物理攻撃してくるのは嫌だなあ。「じっとそこに立っている」程度でお願いしたいものです。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.01.31(Wed) 21:48

多勢に無勢

あと1回しか見れないよ!「宇宙戦隊キュウレンジャー」

第47話雑感
・やっぱり戦いながら名乗りかっこいいー。見栄切ってる時に攻撃しないのも様式美ー
・敵軍の総動員っぷりが恐い
・インダベーの戦闘服は3色展開
・なんだこの皆殺し展開はー!
・先週どころじゃないトラウマ回だよ!
・…と思ったら作戦だった!そういえば先週そんなこと言ってた気がする!
・司令官が生きてたよー!よかったよー!
・ラプターがキレながらデレてるよー!かわいいよー!
・ホウオウ戻ってきたは戻ってきたけど、もうすぐ死ぬ設定はまだ生きてるの?
・なんかドン・アルマゲ勝手に宇宙化宣言してるけどどこらへんがどのように?
・今更だけどロケ地ってどこなんだろ?
・今更といえばバランスのアゴのマークが分銅だということに気付いた。ホント今更だな!
特撮 | CM(0) | TB(-) 2018.01.30(Tue) 00:10

悪魔を憐れむ歌

見てるよ!「宇宙戦隊キュウレンジャー」

第46話雑感
・カラスはドン・アルマゲに乗っ取られたとか関係なくホウオウを憎んでたなんてつらすぎる
・「歴史に名を残すために盾になって死んだ」って歪み過ぎ
・絶望の幻覚が恐ろしい…
・いついかなる状況も料理に例えるスパーダ
・あきらかに本人の意思が残っている仲間をためらいなく切り捨てるあたりさすが宇宙大統領
・宿主が死んだら次の宿主へってドン・アルマゲは寄生虫か
・ホウオウがラスボスなの?!ホウオウと戦うの?!
・他の戦士のドン・アルマゲ寄生バージョンも見たい
・司令官がー!嫌だー!
・とんだトラウマ回だよ!
・仮面ライダー商品のCM率が高いのはもう必死に売らなくていいからか…
特撮 | CM(0) | TB(-) 2018.01.29(Mon) 23:49

へぽたい屋

氣志團。

翔やん念願の遠野GIG。道の駅からすでにリーゼント推しのお祭りムード。まちを挙げての歓迎っぷりにいち観客の私も嬉しくなりました。

房スカ始まりで予習要らんってくらい懐かしい曲のオンパレードに「???」と思ったら、最新アルバム「万謡集」のリリースツアーじゃなくて結成20周年記念ツアーだったのね。昔の曲のほうがアガるのは正直なところだけど、「この曲が聴きたいな~あの曲やってくれるかな~どんなステージになるのかな~」などと最新アルバムを聴きながら期待に胸を膨らませていたことがなにひとつ叶わなくてガッカリだよ!…と、思えた自分は現在進行形で好きなんだとわかってちょっと嬉しい。

今回は20年を振り返るというよりは結成当初にスポットを当てた感じかな。「そんなこと言ってない」の苦情連発の加入エピソードを絡めたメンバー紹介も面白かったけど、翔やんによる出会った当時のメンバーとの思い出話がヒドすぎて笑いすぎた。翔やんほんっといい性格してるわ。
星屑輝矢不参加の影響か?微熱DANJI&まちゃまちゃの出演パートはわりかし控えめで演劇色は薄まったけど、Eテレ風のおにいさんとおねえさんによる楽しみ方をレクチャーする新設設計はやりすぎかなあ。面白いは面白いんだけどね。バカ呼ばわりに「は?」「は?」って一触即発になるのツボ。音楽に合わせた七五調の斉唱は印象的でよかった。「オレらの時代」は要らないや。メドレーへの布石にも必要なのはわかるけれども!
で、メドレーですよ!私メドレー嫌い!ライブで聴けることを楽しみにしていた曲がメドレーに組まれたときの絶望感たるや!よりにもよって木更津サリー、BabyBabyBaby、330、東京、愛してナイト、好きな曲組み込まれすぎ!!翔やんのメドレーに対する考えにおおきく頷いたのに前フリだったなんて~そりゃないよ~。ま、東京なんて今回のセットリストじゃ絶対組み込まれないだろうから断片でも聴けて良かったかななんて思わないぞ!!!
「諸事情によりめったに演らない曲」コーナーはよかった。不人気投票で圧倒的な得票で1位に輝いたという「うすぴた」が聴けたのは儲けモン。好きな曲だけどワーストなのも頷ける。「ジゴロ13」はシングルのカップリングということで私もチェックしてなかったけど、パフォーマンスのレベルの高さにめったにやらないなんてもったいないと思いました。
最新アルバム「万謡集」からは1曲のみ、お客さんがルーレットを回して決めた「R'N'R P@RTY」。紅白出演時にヤングマンの賑やかし要員で着用したという星条旗の衣装で披露されたわけですが、パフォーマンスが全然できてない。というかそもそも作ってない。光ちゃんなんかまったくの手持無沙汰。氣志團でも「ただ演奏するだけ」だとこうなってしまうのか、当たり前のように見ているパフォーマンスはしっかり練り上げられたものだったんだということを今更思い知らされました。長年見てても新たな発見があるモンですな。
オープニングとエンディングの映像はオチがすごかったし、エンドロールの冷やし中華始めましたの替え歌も最高。最後の最後まで楽しませてくれました!

2016年の盛岡GIGのときに「ばーちゃんがゴーゴーヘブンしてしまわないうちに」とジョーク交じりで話していた翔やん。おばあちゃんは開催を目前に逝去されましたが、翔やんのご両親に元メンバーのユッキ、翔やんの同級生も応援に駆け付けたようで、さすが第2の故郷、凱旋公演と呼ぶにふさわしいあたたかい空間でした。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.01.23(Tue) 00:14
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード