« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/12/22(日)みちのくプロレス「道場プロレス2013・12月シリーズ・特別編~郡司歩プロデュース大会~」@滝沢村大釜幼稚園体育館

特別編三連戦中日。

本日の対戦カード
プロデューサー:郡司歩
6人掛け勝負
全試合5分一本勝負
郡司歩VS先輩方

郡司は試練のカードを組んだな!

お時間になりまして沼ちゃん登場。出囃子はスターボー。スターボーて。沼ちゃんの後ろからヤッペーマンズもふらりと登場。今日のお振る舞いのちゃんこのところに直行してつまみ食い。そして売店へ。沼ちゃんが喋ってる間も茶々入れてうるさいうるさい。
「みなさんみちのくプロレスの公式サイトは見てますか?」毎日見てますよ!毎年恒例のオンラインで注文するカレンダーと、公式サイト経由で入会すると特典が付く三井住友ビザカードのお知らせがありました。「特典のオリジナルタオルって売店で売ってるやつですか?…サイン入りTシャツはいいですね。他にもあるんですか?マスクが当るんですか!」マスク以外はわりと手軽に入手できるような気がしますが。
「私今年厄年なんですけど、厄年はコワイよ!」と、営業先でスマフォを失くした話を長々とした挙句オチがなくてひんしゅくを買ってしまいました。
ふと、元マウンテンキングブースの隣に見慣れない男性が座っているのを発見。よく見たら塁でした。お元気そうでなにより。
「今日もジャンケン大会はないのですが、代わりにプロデューサーからの挨拶があります」で郡司登場。なぜかヤッペーマンズもリングに上がります。郡司は真面目に試合への意気込みを語ったのですが、郡司にヤッペーマンズが絡む絡む。なぜか話題は郡司の甘酸っぱい青春の思い出の暴露へ。この話題につきましてはインターネットで全世界に公開するのは控えさせていただきます。
話はプロレスに戻って、1号「これ真面目に戦わなきゃダメななの?プロレスで遊んじゃダメなの?」郡司「はい、真面目に戦ってください」1号「目標は何勝?」郡司「1勝できれば…」2号「1勝?!」郡司「いや全勝します!」その意気やよし!
一旦三人が退場して沼ちゃんの歌へ。今日の歌はしゃぼんだまでした。歌い終わると無音の中「今日もここで着替えます」と脱ぎ始める沼ちゃん。今日の沼ちゃんはレフェリーです。シャツを脱いだらシャツが、ズボンを脱いだらズボンが出でくるという不思議な光景が…。スボンがシューズにひっかかって脱ぐのに一苦労。お客さんに黙って見守られる状況に耐え切れなかったか「曲かけていいよ」副住職「音楽要らないって言ったじゃん」沼ちゃん「じゃなくて入場曲」ということで着替えの最中ではありますが試合開始です。

郡司歩対先輩六人衆

リングコールなしで入場曲がかかって選手がわかる仕組み。1番目はもちろん郡司!いつものことだけど気合充分!

1.5分1本勝負
○大柳錦也(3:43ヨーロピアンクラッチ)郡司歩×

最初の相手は大柳先輩が務めます。いつもの調子でグラウンドで攻める大柳先輩、スタンドになると強烈な張り手をお見舞い、郡司も負けじと張り返すと今度はエルボー。大柳先輩は「もっと打って来い!」と叱咤。
5分という短い時間でお互い引き分けに持ち込む気はさらさらないようで、試合のペースが速い。郡司の丸め込みをことごとく返した大柳先輩は高度な押さえ込みで難なく3カウント。
ゴングの後に勝利者の大柳先輩紙テープが飛んだんですけど、1試合目だからセコンドいないし次の入場曲はかかるしであの状況での投げ入れは控えるべきかと。ヒヤッとしてしまいました。

2.5分1本勝負
○ヤッペーマン1号(2:42メキシカンストレッチ)郡司歩×

2人目は1号。1号のシングルは貴重です。郡司は先ほどの悔しさを晴らすべく奇襲。幸先良いかと思われましたが、1号では完全にコワイ先輩モード。「遊んじゃダメなの?」なんてのは口だけでした。ロメロスペシャルを潰したような体勢で腕も脚もガッチリとロック、郡司身動き取れず、ギリギリと締め上げてタップを奪いました。

3.5分1本勝負
○カツオ(1:18体固め)郡司歩×※ヒップドロップ

3人目のカツオもこんなときに限ってコミカルファイトは封印。それどころかいつも以上にシリアス。両手での張り手はものすごい重さが伝わってきました。ただでさえ体格差のある二人、郡司は拾うも重なり太刀打ちできず。圧殺されてしまいました。
試合を終えた選手は続々とリングサイドに終結、カツオも引っ込まずにそのままリングサイドへ。

4.5分1本勝負
○野橋太郎(4:19片エビ固め)郡司歩×※東林寺ドライバー

4人目は野橋!一番こわいのが出てきました!野橋はコーナーから降りるなり入場用ガウンも脱がずに奇襲!場外に引き摺り下ろすと、壁に打ちつけ、スープレックスで投げ飛ばしました!
郡司は場外カウント18でなんとかリングインするも速攻で捕まり、野橋はラフファイトも交えつつ徹底的に攻め立てます。
強烈な低空ドロップを顔面に受けても3カウントを許さなかい、そんな郡司に野橋はみちのくドライバー2!これで3カウントとなりました。
野橋のみちドラ2初めて見た~。それにしてもみちドラ2はオリジナルの名前を付けなきゃいけないきまりでもあるのか?みちドラ2じゃいかんのか?小指の角度が違うのか?

5.5分1本勝負
○ヤッペーマン2号(3:49雪崩式フランケンシュタイナー)郡司歩×

5人目は2号。もはや郡司は起き上がることができません。リングインした2号も「これとやるの?」と苦笑い。しかし試合は試合、2号は抵抗もままならぬ郡司にエビ固め!鬼!カツオの郡司チャントが会場に広がり、なんとかエスケープ!
2号がこわい!こんなにこわい2号見たことないですよ。ビンタ合戦なんてまともにラリーにならないのにそんなことおかまいなしに連打。崩れ落ちようとも連打は止まらず、挙句顔面へ膝蹴り!そうです。ヘルムです。なんとこれを返した郡司はコーナーに担ぎ上げられると雪崩式フランケンでマットに叩きつけられて3カウント。2号こえー。まじでこえー。

6.5分1本勝負
○佐々木大地(4:20原爆固め)郡司歩×

最後は大地!立ってるのもやっとでしょうが、一番負けたくない相手の登場にやや気力を持ち直したようにも見えました。必死でエルボーをブチ込み、ここに来てペディグリーなんて珍しい技も出してきました。
しかし大地は体力も気力も有り余っています。郡司が弱っている分、いつもの大技も豪快に決まります。ノーザンライトスープレックスをクリアされると、キャメルクラッチで捕えました。郡司は最大の声援を浴びてエスケープに成功。しかし続くジャーマンに沈んでしまいました。

試合が終わるなりリングサイドで見守るというよりお客さんと一緒になって声援を送っていた先輩方が一斉にリングに飛び込んできました。いつもはその輪に入らない大地も郡司に顔を近づけて言葉を交わすと、郡司が立ち上がるのに肩を貸しました。郡司がフラフラになりながらマイクで喋っている間も大地はその横でしっかりと支え続けていました。私この大地が郡司を支えているという姿に感動してしまって郡司のマイクの内容がサッパリ頭に入ってこなかったです。マイクを置いた郡司は倒れこむようにロープ際へ。2号は「自分の力で立て!」と厳しく言ってみたものの、郡司はゴロンとリング下へ。2号「あれっ」郡司はひと足先にリングを下りていた大地に支えられて退場していきました。大地と郡司ってすごく微妙な関係だと思うんですけど、二人にしかわからない絆みたいなものがあるんでしょうねきっと。いい場面が見れました。

いやー。すんごい試合でした。○人掛けって始めて見たんですけどね。すごいですね。十数人掛けみたいなのになるとコミカルな要素も入ってくるんでしょうが、6人という人数がリアルすぎて、そんでもって先輩方誰ひとり手加減せず、郡司もよく戦いきったよ。ホントに。シングルでこんなに長く戦ったのも郡司にとって初めての経験じゃないかな。このカード自分で考えたんだろうなあ。たいしたものです。そう安々と「また見たい」と言えるような試合じゃないですね。それでもあえて言う。郡司が白星重ねられるようになった頃にまた見たい。そして今日の試合を思い出してあれこれ比較したい。

さて本日のお振る舞いは、沼ちゃん特製ちゃんこをカツオが振る舞ったということでいいのかな?豚汁みたいでとってもおいしかったです。ここでも1号はマイクを持ってウロウロ。チビッコに「1号と2号どっちが好き?」と絡んでみたり、2号はちゃんこを受け取ったお客さんを「ちゃんこはこちらでお召し上がりください」と売店前に誘導したり。楽しいね。おかげで売店がいつもよりにぎわっていました。
ヤッペーマンズの参戦は今日まで。明日は大地のクリスマスナイト。郡司がこんなすごいカードやっちゃったからなあ。大地はどうするのかな?
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.12.22(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード