« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

桂銀淑じゃなくて欧陽菲菲じゃなくて

仙台2Days、両日はキツかったので1日目を選んだのですが、2日目の宇宙大戦争前哨戦がすごすぎたようで、行かなかったことを後悔しています!
や、だって前回の前哨戦はたいしたことなかったじゃん。最後にちょろっとあっただけじゃん。だから今回も別にいいかなと思っちゃったんだよー。
遡ると野橋星人が地球にやってきた2010年もロビンさんが登場した2009年も前哨戦がすごかったんだから、もしかしたら今年も…!とか思いそうなものなんですけどね。すっかり忘れてましたよ。
1日目を選んだことを後悔してるんじゃなくて2日目に行かなかったことを後悔してるんです。2日目を選んだとしても後悔します。結局2日間とも行かなきゃハッピーになれないんだ!

というわけでみちのくプロレス後楽園大会の全カードが発表されましたよっと。

セミの宇宙大戦争は前回とほぼ同じ面子でゲストが前回よりも…ですが、むしろこのメンツでどうやって前回を超えるか?!かえって楽しみになりました。
マッチョ様はみちプロゆかりの選手ということで20周年イヤーの締めくくりとしてもふさわしいんじゃないでしょうか。
サスケはまともに試合できないとして、野橋星人あらため宇宙東林寺(ゴロ悪い)はまともに試合させてもらえるんだろうか?カラテさんもハナから戦力外だし、ケガ人擁するサスケ軍よりも全員ピンピンしてるバラモン軍の方が不利な気がする。

メインは拳王対南野の東北Jr選手権。アレクサンダー大塚15周年記念大会以来、2年9ヶ月振りのタイマンです!
挑戦表明してから各地で散々前哨戦を繰り広げてきましたから、下地作りもバッチリですね。外敵相手だとこうはいきませんからねえ。
南野のホームともいえる東京での拳王のアウェー具合も気になるトコロ。さすがにもう2009年の対ハヤト戦みたいなことにはならないでしょうが。

人生対ハヤトはセミ前になりましたか。メイン級のカードですが妥当な位置でしょう。人生対ハヤトの次に拳王対南野を見るのは相当消耗しそうだし…。
先日の20周年記念大会のメインでは負けたとはいえ実質ハンディキャップマッチでとんでもない強さを見せた人生ですから、この際勝敗は置いといて、ハヤトがどう内容で見せてくれるかが重要ですね。今年のハヤトは外敵相手に内容の伴わない防衛を繰り返した結果、株を下げた感もあるので、この試合は勝負どころだと思います。

第2試合は3号が紫雷美央選手とシングルマッチ。このカードは楽しみだなあ。言ってしまえば汚れ役の3号のおそらく真っ当な試合が見れるんだもの。美央選手は人生20周年記念大会の好評を受けての登場ですねきっと。

第1試合は残り物を寄せ集めた結果8人タッグになってしまったというところでしょうか。
それなのに第3試合にはめんそ~れ親父がタッグマッチに組まれてるとかまじで意味わかんない。なんなの?まじでなんなの?彼にはレギュラーが余ってるのに呼ぶほどの何かがあるの?東京ですごい営業努力でもしてるの?そこらへんの謎が解けないかぎり「東北に一度も来たことないのに後楽園大会に出るおもしろくないヤツ」という印象のままなのですが。説明しろ!それか一度でいいから東北で試合しろ!私は単純だからその程度で簡単に好印象に変わる!
ま、第1試合の8人タッグも幕の内的で悪くないんですけどね。
まずは4FWJr選手権が決定した剣舞とkenの絡みに注目。ハリキルkenが見れそう!
なにげにオバリヨンのラストマッチでもあるんですね。年内いっぱいいて道場プロレス三連戦も出てほしいけどアメリカ人だからきっと年末年始は家族で過ごす大切な時間なのでしょう。
なにより一番の注目は大地と郡司にとって年に二回の東京でのビッグマッチでどのくらい主張できるか。ドキドキするなあ~。
一見寄せ集めのカードでもいろんなトピックスがあるんですな。

いやあ~今年の後楽園大会はボリューム満点で妄想がはかどるはかどる。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2013.12.01(Sun) 22:48

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード