« 2018 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2013/11/16(土)みちのくプロレス「道場プロレス2013・11月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

告知されていた楽天イーグルス優勝記念のお菓子まき効果かはたまた沖縄プロレスより初参戦のアグー効果かなんなのか、「あれ今日ハヤト出るの?」ってくらいの客入りでした。それから覆面着用で来場のお客さんにプレゼントありということで客席にもマスクマンがいっぱいで目の保養になりました。それからそれからプレスが来てました。どこだろう?

お時間になりまして、ぐるぐるどかーんぐるどかーん♪という曲で沼ちゃん登場。
「今日は楽天イーグルス優勝を祝してお菓子まきをやります!見てこのお菓の量!子どもたちいいだろう。大人はこういうことができるんだ」
久々の道場プロレスということで告知盛りだくさん。ラ・フランスから始まり、
「後楽園大会のポスターが売ってますが…また映画のなんかなんですよね。マジックなんでしたっけ?お客さんにはまたかと思われてそうですが」
「ルチャリブレグッズがいっぱいありますが、帽子見ました?すごい絵の」
「マウンテンキングでやっていたみちのくふたり旅の優勝チーム予想企画ですが、野橋郡司に投票した方が一名だけいました」一名とは!いろんな意味でスゲエ!サスケもビックリな予言を見事的中させた一名の方には郡司と野橋のサイン入りTシャツがプレゼントされました。その方が着用されていたマスクに「それ海援隊DXのときのディック東郷のマスクだよね」と沼ちゃんが食いついてました。
「今日のお振る舞いはちゃんこの予定だったんですけど、郡司が宮城のローカルテレビの番組収録に行って○○(聞きとれず)を貰ってきたのでおでんになりました」
「今日明日と沖縄プロレスからアグー選手が参戦します。アグー選手見たことある人?…さすがにいませんよね。沖縄特産豚のアグーについて調べてきたんですけど…あ、そういうのはいいから早く試合を始めろと」沼ちゃんは空気が読める男だ!
というわけでしゃぼん玉。歌い終わった沼ちゃん、いきなり「そこさっきからなにやってんだよ!気が散る!お菓子いらないのか!」と、わちゃわちゃしてたチビッコたちを一喝(といっても顔は笑ってたしカラッとした感じでね)。いやーなんか気にしてるなーとは思ってたんですけどねー。赤ちゃんが泣いてるのとは違うからねー。

さてさてお待ちかねのお菓子まき。楽天の緑のユニフォームを掲げると「みなさんもユニフォーム持ってますよね?!」持ってませーん。「郡司にも登場してもらいましょう」郡司は白いユニフォームで登場。スポンサー様の副住職も登場して「楽天イーグルス以外のファンの方いますか?正直に。えー2年連続優勝したらこの倍撒きます。グッズや現金も撒きます」マジデ?!(¥□¥)
万歳三唱の後、まずは小学生以下のチビッコには先に手渡しでプレゼント。続いてすんごい量のお菓子やらグッズやらお札のようなものやらがばらまかれました。いやーしかしもちまきのときもそうなんですけどね。なんで私のいるところには全然飛んでこないんだろう?ってどこにいても7割方の人は同じこと思ってそうですが。

1.10分1本勝負
○野橋太郎(6:17エビ固め)オバリヨン×※丸め込み

オバリヨンはなにげに道場プロレス初登場なんですよね。ということは道場プロレス自体がひと月半振りってことですか。
オバリヨンの道場プロレス初戦は野橋相手のシングルということでじっくり楽しめました。
オバリヨン相手では野橋は先輩モードにはならないようで、とくに序盤は野橋がやられるシーンが目立ちました。
オバリヨンのファイトスタイルの特徴がイマイチ掴めてなかったのですが、あんまり飛ばないのに身軽さとスピードを感じるのはなぜだ?と思ったら、ロープワークが多いということに気付きました。このファイトスタイルは野橋とは手が合いますね。ふたりとも小柄だけど厚みがあって体型も似てるし。終盤は丸め込み押さえ込み中心の攻防になり、最後は野橋取られた?と思ったら野橋が取ってました。ホッ。
コンパクトな試合ながらも野橋自身満足のいく試合ができたようで、リング下のオバリヨンに人差し指を立てて再戦をアピールしていました。

2.3WAYマッチ15分1本勝負
○佐々木大地(8:03スクールボーイ)郡司歩×
※もうひとりはアグー

郡司は楽天イーグルのユニフォーム着用で登場。大地に続いてアグーが登場。名は体を表すといわんばかりのカツオを更に肥えさせたような体型。手を豚足の形にしてお客さんに謎のアピール。リングコールでは人生よろしく大見得を切りました。見た目はコミカルだけどいきなりの3WAYマッチに事故らないかちょっと不安…。
試合はロックアップで入るタイミングを逃したアグーが除け者になり、いつのまにかレフェリーのように振る舞いはじめるアグー。
いつまでもこんなことやっていられないので、郡司に共闘を持ちかけて大地を狙うことに。ところがダブルの攻撃のタイミングが合わず郡司に「早すぎる」とダメ出しされたので、じゃあ、と溜めに溜めたら今度は「遅い!」大地にダブルでブレーンバスターをするはずが郡司が裏切りアグーが餌食に。
その後も郡司はというと、アグーの三三七拍子豚足チョップを「もう一回!」でノせたところで後ろから丸め込んで知らん顔したり、アグーにコーナーからの攻撃を促して大地をセットするふりしてコーナーに昇って客席にアピールしてるアグーを引き摺り下ろして丸め込んで3カウント狙ってみたり、どんどん悪いヤツになっていってるぞ!郡司がこめかみを指してニヤリと悪い顔をするとイラッとくるのはなんでだろう?
ひとり大真面目に戦う大地はアグー相手に「持ち上げるぞー!」と宣言。そして本当にノーザンライトスープレックホールドを決めました!スゲエ!シングルだったらここで決まっていたかもしれませんが、3WAYなのでそうはいかず、郡司がカット。
今度は大地を郡司とアグーがほぼ同時に押さえ込んで3カウント!…と思いきや入ってない!あまりのキワドさに客席が少しざわつきました。レフェリーの沼ちゃんも自分で叩いておきながら苦笑い。
結局試合はまじめにやった大地がまじめに勝ちました。勝ち名乗りを受けた大地は素直に喜びを表に出していて、大地がリング上で笑ってるの久々に見ましたよ。
退場際の郡司はいつもみたいな怒り交じりの悔しさではなく参ったなあーというような表情でした。

マイクを持ったのは大地。試合については「どんな形でも勝ちは勝ちです」とかなんとか前にも聞いたことあるような内容で、「みちのくプロレス初参戦のアグー選手に」とマイクをパス。「本拠地での大会は初参戦です」…えー何喋ったか忘れました。再び大地にマイクを戻し、「それでは最後はいつものあれで締めたいと思います。アグーさんいつものあれってわかりますか?」「わからない」ということでレクチャー。「お客さんは?」というアグーに「みなさんわかっています。ここの会場でわかってないのはアグーさんだけです」と大地。最後はみんなそろって不滅だー!でシメました。

本日のお振る舞いの郡司特製おでんは見たこともない具がいっぱい入ってました。
アグーは初参戦ということでサイン&写真攻めに遭っていました。
沼ちゃんが「マスクはもう脱いでいただいて結構です。ご迷惑おかけしました」って言ってたけど、なにしたんだろ?

もうどんな大会でも二週間空くと久々な感じがするけど、道場プロレスはひと月半というか二ヶ月弱ぶりでしたか。道場プロレスは試合の無い週末に開催されるものですから、無い方がいいんですけどね。でも無いと淋しい!久々の道場プロレスで痛感しました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.11.16(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード