« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ドキがムネムネするよー

連載当初に単行本1巻分くらい立ち読みしてた西森博之「お茶にごす」
今更ですが全11巻読み終わりました。
顔が恐くて喧嘩が強くて感受性の乏しい「デビルまーくん」と呼ばれる主人公船橋がザ・大和撫子の茶道部部長に憧れて優しい人を目指すお話。
もーーーーーーサイッコーに面白かったです!
主要キャラはひとクセもふたクセもあるんだけど部長の優しさに毒されてんのか基本優しいんですよ。だから読んでてとても心地良い。
主人公がとんでもなく強いから性根の曲がったヤンキーどもをぶっとばす様にスカッとするし、更生(?)を強いる方法も斬新。
そしてなにより笑える!合宿の肝試しのエピソードなんか笑いすぎて腹がよじれた。パーフェクト超人がヒゲが濃いばっかりに作中一番のお笑い要因になるとは。
読み始めの頃は全然思わなかったんですけど、巻を重ねるにつれて私の不動のナンバーワン漫画「エンジェル伝説」を思い出すようになりました。船橋が本当に優しくなったという証拠ですね。
船橋と部長はお似合いだと思う。幸せになってほしい。家庭に恵まれなかった船橋にはとくに!
ちなみにお気に入りのキャラはアニ研部長の卓ちゃん。ユーモアがあって(つまんないけど)、社交性があって、争いを避け、自分が何者かわかっている。卓ちゃんも幸せになってほしい!
関係性萌えとしては船橋と部長は別格として、同性の部長にだけデレる狂犬カホちゃんが新しいなと!男には「バカじゃないの?」なのに部長には「抱きついちゃったー!女でよかったー!」だもんなあ。そんなカホちゃんに「バカじゃないの?」とすごまれて「うわーすごいなーいーなー好きだなー」とか思っちゃう船橋の親友山田もよい。とにかく西森先生の描く女の子はかわいすぎるんだってば。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2013.10.22(Tue) 22:09

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード