« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2013/10/19(土)みちのくプロレス「第23回矢巾町産業祭」@矢巾町町民総合体育館

おなじみの会場ですが今日はイベントプロレスです。天気が良かったからか、売店を玄関先に出していてオープンなかんじ。設営も正面側が広く取られていたように感じました。花道が無いだけでだいぶ違和感。スタンド席も出入り自由で、寄せ集めたら300人程度の客入りかと。イベントプロレスらしくファミリー層が多かったです。

14時試合開始、まずはマイト先生によるチビッコプロレス教室がありました。広い会場なのにマイク使わないで喋るし、ロープワークをやってみようとかコーナーに昇ってみようとかプロレスらしいメニューがなくてイマイチでした。「もっと色々やりたいけど時間が無いので」と言っていたので予定通りに行かなかったのかな?参加者にはみちのくプロレスのタオルがプレゼントされました。郡司がちゃんと膝付いてチビッコに目線合わせて渡しててエライなと思いました。

続いて沼ちゃんが登場。「みちのくプロレスはここの会場で旗揚げ大会を開催して20年経ちました。今でも奇数月に大会開催しています。でも今年の11月は盛岡の岩手県営体育館で20周年記念大会を開催します」と、みちのくプロレスの紹介と告知を絡めたトークの後は「私の歌を聴かないと試合が見れないことになっています」で歌謡ショー。しゃぼん玉が終わり「ちなみにハーモニカは本当に吹いてますからね。よくカラオケに入ってるんじゃないの?とか言われますけど吹いてます」お次は「私は今はこんな格好をしていますが去年までは着流しにパンチパーマで演歌を歌っていました。それが試合に負けてリングネームを変える破目になってしまいそれに合わせてイメチェンをしたためこんな格好でやっています」というわけで俺の海。2曲を披露して沼ちゃん退場。ようやく試合が見れます!

1.20分1本勝負
○大柳錦也、気仙・沼ジローラモ(14:54最強卍固め)佐々木大地、郡司歩×

因縁の大地と郡司は波乱の滝沢大会後の初タッグということでチョッピリドキドキ。
花道ないしどこから出てくるんだろ?とキョロキョロ。フツーにお客さんに紛れて会場の出入り口からいつもの調子で雄叫びと共に登場した郡司にお客さん「うわビックリした!」続いて沼ちゃんと大柳先輩が登場。
大地だけ輪に入らずに握手を交わしてゴング。
先発は郡司と大柳先輩。力比べからリストの取り合い、そしてグラウンドへと基本的な流れでスタート。普段プロレスを見ないお客さんが大半なようで、そんなお客さんたちの素直な反応も楽しいです。リストの取り合いだけでも「あれは絶対痛い」という声が聞こえてきました。
沼ちゃんと大地の激しいショルダー合戦は近くにいたチビッコのツボにハマったようでケラケラ笑ってました。そしてやっぱり沼ちゃんのヒップバッドに大ウケ。キャッキャ喜んでました。ヒップバッドで笑いが起きるとイベントプロレスに来たぞ!という気持ちになりますね!
郡司が捕まる展開も、大地が先輩の意地を見せてうまくフォロー。ふたりまとめてドロップキックで倒す姿がとてもたのもしい!
連携では、リング下の沼ちゃん大柳めがけて大地と郡司で二人同時に場外プランチャを決めました!この連携は初めて見たと思います
大地お得意のトラースキックは受けた沼ちゃんに「大丈夫かなあ?」という心配の声が飛ぶほどのインパクト。きれいなノーザンライトスープレックスホールドも決めましたが3カウントならず。
郡司は大柳先輩に捕まり、延髄蹴りを食らわされゴッチ式パイルドライバーで落とされるも執念でクリア、卍固めにもねばりを見せ、大柳先輩は郡司がタップしないと見ると一旦はずしてあらためてガッチリと卍固めをかけなおしてタップを奪いました。
沼ちゃんも大柳先輩も強かったです。大地と郡司のタッグも試合には負けたものの相変わらず安定していてひと安心。

2.20分1本勝負
○ラッセ(7:28片エビ固め)オバリヨン×※ジャガラギ

イベントプロレスでラッセを見るなんてこの方記憶にございません。道場プロレスにすら出たことないのに。
怪人対ヒーローなビジュアルはチビッコウケ抜群。試合の役割もすっかりそんな感じで、ラッセがコーナーにオバリヨンを押しやるとオバリヨンが吠えてビビるラッセ。今度は逆にラッセがオバリヨンをビビらそうと吠えてみるもオバリヨンには効果なし。チョッピリ間の抜けたヒーローですな。
しかし続くスピーディーなロープワークの攻防にはお客さんも驚きの声をあげて拍手喝采。
オバリヨンのゴツゴツした攻撃に対してラッセは飛び技も織り交ぜつつ戦い、ラ・ケプラーダではひときわ大きな歓声を浴びていました。
はじめのうちは小声で「ラッセがんばれー」と言っていたチビッコも試合が進むにつれてすっかり夢中に、会場のそこかしこからラッセへの声援が飛びまくってました。
一進一退の攻防も最後はラッセがジャガラギをビシッと決めて勝利。
勧善懲悪(?)、徐々に大きくなっていくチビッコたちの声援も含めて絵に描いたようなシングルマッチでした。

シメのマイクはラッセ…じゃなくて沼ちゃん。試合ではヒーローだったラッセですが、試合後は沼ちゃんが喋っている後ろでリング下の郡司と頭寄せ合ってゴニョゴニョ、いきなり郡司の頭を掴んだかと思うとリング上に引きずり込みました。これは沼ちゃんが選手をリングに呼び込んだからなんですけど、これじゃあただの意地悪な先輩じゃあないですかラッセ先輩。
最後は揃って不滅だー!でシメました。お客さんもみんな拳挙げてくれてやさしい!

一時期はちよこちょこあったような気がしますが、久しぶりのイベントプロレスでした。沼ちゃんのトークがいちいち懇切丁寧で、おさらいになりました。普段プロレスを見ないであろうファミリー層に紛れて見るプロレスのホンワカした感じはたまんないですね。久々に体験してあらためて思い直しました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.10.19(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード