« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/10/13(日)みちのくプロレス「みちのくふたり旅2013インクレイブル・タッグトーナメント」@能代市民体育館

行くつもりなかったんですけどね。バラモンハヤトを見に行ってきました!決勝で見れるかわかんないので。それにケイの貴重なシングルも見たかったし。

ここの体育館は本当に古くて、どのくらい古いかというと、開場待ちで隣り合ったご年配の男性が「ここで力道山を見た」と言っていたくらい古い。そして駐車場がものすごく少ない。枠線無視しても50台停めれないと思う。350人ものお客さんが一体どこに停めたのか謎。みなさん歩いてこれるくらいのご近所さんかしら?

本日の前説は沼ちゃんとパンチさんが一緒に登場。
パンチさん「すっかり寒くなりましたね。一昨日の埼玉は30度くらいあって日焼けもできたのに東北はもう寒くて寒くて、東北に来たぞ!という感じがします。今日は岩手山に雪が降ったそうです」
話題はみちのくふたり旅へ。パンチさんにリアルな数字の賞金50万円は何に使うつもりだったか訊かれるた沼ちゃん「公式ホームページにも選手全員のコメントがアップされていますが、結婚相談所に登録しようと思っていました…笑ってもいいんですよ?!笑いたければ笑え!」パンチさん「やっぱり結婚はしたいんですか?」沼ちゃん「家庭が欲しい」パンチさん「子どもが欲しいということは若い方が?」沼ちゃん「いえ、産めれば若くなくてもいいです。丈夫であれば」パンチさん「どうですか?41歳。殆ど家にいなくても怒らない、プロレスラーでも通風でも糖尿病でもいいという方」無反応のお客さんに「今日のお客さんは大人しいですね」パンチさん「秋田のお客さんは大人しいですからね。あの、ブルーシートからはみ出して座っていただいてかまいませんからね。そんな四方キッチリ収まって座らなくても。ブルーシートはあくまで目安です。能代のお客さんは律儀で大人しい」
売店の紹介と告知のほかに、秋田で行われるWAVE(沼ちゃんスターダムと言い間違える)の大会の告知もありました。GAMI選手は年内で引退するので秋田に来るのはこれが最後とのこと。
続いてサイン入りポートレートがもらえるジャンケン大会が行われました。通常興行でジャンケン大会だなんて私は初めてですよ。希望者は起立の形式で行われたため、サスケの次のハヤトのときは「女性のお客さん立つのが早いよ!」最後は「これは全員立つこと間違いなし!」の沼ちゃんのポートレートが登場。ハヤトのときはハリキッテ参加してた女性客が立たなくて、沼ちゃんにも「そこらへんあからさまに立ってないじゃん」とツッコまれていました。
しゃぼんだまに続いて選手入場。入場曲はあまちゃんのテーマ曲です。本日も正規軍とバッドボーイが参加。ハヤトだけ別のところから入場してきたのは控え室が別だから?
挨拶は能代初登場のカツオが務めました。あれっていきなり振られるんですかね?だとしたらよくみんなあんなにしっかり挨拶できるよなあ。さすがプロレスラー。
今日もサインボールの投げ入れがあり、チビッコ達がリングサイドに群がっていました。

1.15分1本勝負
○オバリヨン(5:49片エビ固め)郡司歩×※ゴートゥーヘル

オバリヨンの登場にお母さんにだっこされたオチビちゃんが泣く。なんと理想的な光景…!
やはりレスラーを知るにはシングルマッチがいいですね。関節技でねちねち攻めて、左脚を集中攻撃するあたりに、オバリヨンはただのイロモノじゃないということを思い知らされます。
これまで留学してきた4FW勢はみんな若手だったから、郡司や大地とは切磋琢磨する相手だと思えたし、実際そうだっただろうけど、オバリヨンはまた別のステージにいる感じがします。どういうポジション収まっていくのか、楽しみです。
ところで、組み合って離れた郡司の胸にオバリヨンのペイントがベッタリくっついてたけど、あれ何で描いてるんだろ?

2.20分1本勝負
ヤッペーマン1号&2号&○3号(9:34エビ固め)大柳錦也、カツオ、気仙沼ジローラモ×※空中胴締め落とし

昨日のカードに両軍1名ずつ追加しての6人タッグ。沼ちゃんに加えてカツオまでいるとなったら3号の身が心配だ!
女子プロファンの紙テープ投げ入れのテクニックには本当に感心する。ひとりで連続して何本投げ入れるからすごく華やか。
試合前の握手での3号、大柳には素直に握手、カツオには以前ヒドイ目にあわされているのでちょっとひきつつ軽く触れる程度、沼ちゃんには押し切られて嫌々握手。沼ちゃん、手を匂うな。
ゴングが鳴り、はりきってカツオが先発に出るもヤッペーマンズ側が誰も出てなくて「誰か出ろよ!」中学生集団から「3号!」の声が飛ぶと3号は「やめてよ!」と制します。結局1号が先発に。対峙すると「コイツ(カツオ)ずっとひとりでブツブツ喋ってんだもん」と言ったりでなかなか組まない。早く組め。ようやくロックアップして力比べ。
2号と大柳に代わりスピーディーなロープワークを展開。だからその順番でいくと3号と沼ちゃんになっちゃうっていうのに、わざとやってんじゃないのか?!結局沼ちゃんと3号が戦う破目になり、昨日と同じ展開に。
大柳先輩はいつものペースで真面目に戦い、カツオもセクハラ攻撃は沼ちゃんに任せて真面目に戦います。バ~ミヤンスタンプも今日は真面目に見える!だもんですから、沼ちゃんのセクハラ攻撃が目立ちまくって目に余る。必殺ベッドインは「生々しくて気持ち悪いんだよ」と1号がバッサリ。
大柳先輩が2号に磔卍固めを決めると、対角コーナーではカツオが1号をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎます。リング中央では沼ちゃんが3号にパロスペシャルをかけられたー!…あれ?カツオ「沼二郎さんなにやられてるんですか?!」
結局今日も沼ちゃんが嬉しい技で3カウント。1号は妹のピンチに気付かずリングサイドのお客さんに勝利をアピール。ようやく悲鳴に気付いて3号から沼ちゃんを全員でひっぺがしました。
6人タッグなのに昨日のタッグとほとんど同じという。沼ちゃんの他にカツオまでいて3号大ピンチ!という展開になるかと思ったんですけどね。せっかくなんだからうまく使って欲しかったです。

3.30分1本勝負
△ラッセ(4:13両者リングアウト)バラモンケイ△

ケイは両手に凶器を抱えて登場。ひとしきり水を撒くと、リング下からパイプ椅子を引っ張り出し、リングサイドに向かい合わせに置いてその上にスーツケースを置いてその上に標識を置いてその上にまたパイプ椅子を置いて更にカラーコーンを乗せて謎のオブジェが完成。宇宙大戦争にはまだ気が早いのでは?
今日のケイは通常コスチュームで登場。ラッセも黒ラッセだったのでチームメイトに見える。
試合開始、「クリーンにいこうぜ」と握手を求めるケイ。疑いつつもラッセが応えると素直に手を離しました。おお~。
試合も真っ当にグラウンドでスタート。ヘッドシザーズを西村式倒立で抜けたりと有言実行のケイ。口でもクリーンファイトをアピール。まあ、結局、不意を突いてラッセに水を吹きかけて「なにがクリーンだー!」となってしまうわけですが。
ここからは場外で大暴れ。ラッセを引き摺って会場を出て行ってしまったケイ、間もなくスタンド席に姿を現し、「お前らに人が落ちるトコロみせてやるよー!」そして本当にラッセを落とそうとするケイ。手すりを越えて本当に落ちそうになったところで「20!両者リングアウト」ええー?!お客さんザワザワ…。リングに戻ってきたふたり、「おまえらこんな結果になって残念だったなあー俺はラクだからいいけどよー」とお客さんを煽るケイ。依然としておとなしいお客さんに「もっと見たければ延長コールとかしてみたらいいんじゃないか?」と延長コールを先導。
ラッセがリングに上りマイクを持つと「俺はまだまだ戦えるぞこんなんじゃ終われねえ!」とアピール。ケイは「その代わり凶器を使わせろ」と要求。ラッセはそれを受けて立ちました。
お客さんの無反応っぷりにどうなることかと思いましたが、無事再戦となりました。

再戦、30分1本勝負
△ラッセ(4:24両者リングアウト)バラモンケイ△

いきなり有刺鉄線バット攻撃でハードコアにスタート。速攻で場外へ、両者パイプ椅子を手に取るとステージに昇り椅子チャンバラを展開。ケイをステージ下に落とすと、ラッセはステージからラ・ケブラーダを敢行!みちプロは元々リング周りにマットが無いからどこから飛んだって同じなんだよね。すごいなあ。
一旦リングに戻り、ラッセはハンドスプリングなどで会場を沸かせ、優位に立ったかと思いきや、ケイがお告ゲルを口から吐き出してラッセに投げ付けました。うわー久々にお告ゲル見たーきもちわるーい。
三度場外へ、「コイツの出番だー!」と指差した先には謎のオブジェが。激突させるべくラッセを振ったところをひっくり返されてケイが謎のオブジェに激突してしまいました。自分で作って自分で壊す。
いつの間にか進んでいた場外カウント。ラッセがカウント19でロープに手をかけたところでラッセの首に巻きついていたロープを引っ張ってリングインを阻止。カウント20で再試合も両者リングアウトで終了。kenとやったときもリングアウトだったど、ケイのシングルは両者リングアウトにするしかないの?白黒ハッチリさせちゃダメなの?
ケイは「今日はこのくらいで勘弁してやる。おおぼえてやがれ!」で退場。
ラッセはマイクを持ち「あいつには鉄人で負けてるからからいつか雪辱を果たしたい」そして「ラッセと言えば絶好調!」で大会をシメました。いえいえまだ第3試合です。休憩前です。
リングから降りたラッセはチビッコ達に囲まれていました。さすがスーパーヒーロー!

本日も休憩時間前にサスケが登場して欠場の挨拶&ボディビル大会出場を目指していることの報告がありました。
サスケはサイン会に直行。休憩時間では多くの選手がサイン会に立ち、たいへんにぎわっていました。
女性客が「エロジジイからサインもらってこよう」と言ってたのがおかしかったです。

4.30分1本勝負
○ken45°、南野タケシ(11:19グランドコブラツイスト)拳王、野橋太郎×

八戸の同カード再び。こうして何度も東北Jrの前哨戦が組まれるのはとてもいことだと思います。
拳王と南野が先発。まずは南野が執拗なヘッドロックで拳王を苦しめます。
野橋とkenに代わってロープワークの攻防。
再び拳王と南野。野橋はセコンドから「いいよいいよ」と拳王を励まします。野橋は「あげろ」じゃなくて「あげて」なんですよね。こういうところにいちいち師弟関係を感じてしまうんですよ私は。
今回もkenは拳王のしつこいにスリーパーホールドに苦しめられました。私、手か足でロープにタッチすればロープエスケープになると思っていたのですが、最近になって手首または足首がロープの外に出なければロープエスケープにならないということを知りまして、この場面は気を付けて見てたんですけど、ちゃんとそう判定してました。レフェリーキッチリ仕事してますな!
南野がリング入り、kenとクローズライン。拳王はそれを蹴り割ってキックを連打、南野は蹴り足をつかんでドラゴンスクリュー!ふらついた拳王にナックルを入れると、拳王を担いでデスバレー!必殺技にヒヤリとしましたが、野橋がカットに成功してことなきを得ました。
最後はkenが野橋を押さえ込んで3カウント奪取。東北タッグ王者の野橋が負けたぞ!
試合の主役は拳王と南野のはずなのに野橋とkenの絡みが面白い。一番わかりやすく盛り上がるのも結局急所攻撃合戦だったりするしね。野橋のやられっぷりは最高!
ちなみに公式発表ではグランドコブラツイストになってるけど押さえ込みだったはず。

5.トーナメント公式戦Bブロック準決勝
○卍丸、佐々木大地(14:30片エビ固め)フジタ"Jr"ハヤト、バラモンシュウ×※卍落とし

お待ちかね、バラモンハヤトの登場です!ハヤトはフツーの格好で登場。ハヤトならポンチョくらい着てくれるかなと思ったんだけど。八戸での予告どおり、セコンドにはフォーマルな格好にマント着用で半分Mr.PUSSYが混ざったケイが付きます。いつも以上に盛大に水をブチ撒けるバラモン。ハヤトはマイペースにリング上でストレッチ。
ハヤトと卍丸が対角コーナーに立つと感じ入るものがありますねえ~。
この二人は試合でも激しく打ち合い、ビリビリとした殺気が伝わってきました。シュウも大地に厳しく当たり、大地に声援が飛ぶとケイがすかさず「うるせえ!」
場外でも大暴れ、シュウなんか試合そっちのけで客席に置き去りにされたペットボトルをブチ撒けまくって大人しいお客さんを煽ります。
リングに戻ってもコーナーを背にした大地にバケツごと水をぶっかけて客席まで水びだし。セコンド総出で大掃除。
リング上では道具が飛び交い、飛んできたボールをリングサイドのお客さんがナイスキッチ。たまたま目の前にいたケイと目が合ったようで、ケイも受け取ろうとした素振りを見せましたが、スッと大柳先輩が割って入ってボールを受け取りました。ナイスフォロー。ああでもどうやって受け取るのかちょっと見たかったな。
そんなのに気を取られていたら、シュウが大地をコーナーに押し付けて尻に竹刀を当ててなにやらお客さんを煽ってます。するとハヤトが竹刀を蹴り込んだーギャー!大地悶絶。お客さんドンびき。さすがのシュウも「これヤベエぞかなり入っちゃったんじゃないか」と動揺気味。
ケイの介入もあり、完全にハヤトシュウ組のペースで試合は進行。シュウが大地をゾンビキングで落として試合は決したと思ったらクリア!でも大地はフラフラだ!しかし墨汁攻撃がハヤトに誤爆!更にシュウまで墨汁攻撃の誤爆に遭い、卍丸がケイから竹刀を奪い取るとSHINJOが炸裂!そして卍落としでしっかりと勝負を決めました。墨汁攻撃の誤爆に遭ってから試合が終るまでハヤトは大地からのガードもなくガラ空きだったんですけどね。全くカットに行こうとしなかったあたり、もう試合は捨ててたんでしょうね。
その証拠は試合後に。卍丸がバラモンをふたりまとめてコーナーに寄せるとその前にスーツケースを置き、ハヤトにボーリングの球を渡しました。ハヤトはすんなりとボーリングを受け取ってストライーク!お客さんへのアピールもバッチリ。
バラモンは大荒れで客席に水をブチ撒けまくると「覚えやがれ!」の捨て台詞を吐いて退場していきました。
なんかもう拭いても拭いても水だのなんだのが飛んできてシートはベッタベッタ。腰が落ち着かなくてイマイチ試合に集中できませんでした。あとシュウが…バラモンってお客さんが大人しいほど燃えるタイプだと勝手に思ってたんですけど、ケイは実際そうかもしれないけど、シュウは意外とそうでもないような気がしました。ご機嫌ナナメに見えた。ミニツアーに参加しない兄弟はみちプロにしろ大日にしろFREEDOMSにしろ紅白にしろ、ここのところ自発的にボーリングコールしてくれるような「わかってる」お客さんの前でばっかり試合してたでしょうから、能代といい北上といい「わかってる」お客さんがほとんどいない会場で試合をするのは初心を思い出すいい機会になったんじゃないですかねー?
そういえばシュウも通常コスチュームでした。もしかして墨汁を使うときは通常コスチュームなのかな?

バラモンが引き上げると大地がマイクを持ちました。「決勝に進出しますが、ここまでの勝利は僕の力じゃないので、決勝戦では自分の力で勝利をあげられるように頑張ります。今日はありがとうございました!」私はこれをシメとしても良かったと思うんですけどね。よくなかったようで、卍丸がハヤトにマイクを渡してあらためてシメさせました。「今年のみちのくふたり旅は卍丸と大地が優勝して必ずまた能代に戻ってきます。今日はありかとうございました」うん、やっぱり別に大地のシメで良かったと思う。

はい。というわけで、決勝のカードは野橋郡司組対卍丸大地組になりました。誰がこの決勝カードを予想していたでしょうか?!選手本人ひっくるめて誰も予想してなかったと思いますよ!ぶっちゃけカード的にはそんなに面白くないんですけど、だからこそ大地と郡司にとっては集客1000人はカタイ滝沢大会の大舞台でアピールできる一大チャンスなわけですよ!
結果として一番つまらないのは郡司が負けること。一番サプライズなのは郡司が勝つこと。そして恐れているのが野橋が大地に取られること。実際ありえそうだし!大地の先輩からの一勝はもちろん願っているけど、野橋が大地に負けるのは見たくないという複雑な気持ちではありますが、そんなの内容如何だもん。大地には応援に声を枯らすほどのファイトを期待します!
プロレス観戦記 | CM(3) | TB(-) 2013.10.13(Sun) 23:59

コメント

ボーリングのくだり、よぉーーくわかります!!
あれって、シュウが一旦ボーリング球を高く掲げて場内にアピールしてから「ボーリング!」コールを煽り始めるので、その前に始めちゃうのは粋じゃないですよね…(^_^;)

2013.10.17(Thu) 00:04 | URL | サスケ中毒 #-[ 編集]

あっ、すみません。コメントする場所間違えました(*_*)
滝沢村大会の記事に関してです。

2013.10.17(Thu) 00:09 | URL | サスケ中毒 #-[ 編集]

Re: タイトルなし

>>サスケ中毒様
そうなんですよ!煽られたら応えるくらいでちょうどいいんですよ!
自分を「わかってる」と思うんならそれこそセイホーでホーを心がけるべきなんですよ!
先走りコールは選手の前フリを潰してるも同然だと思うんですけどねえー。

2013.10.17(Thu) 22:09 | URL | nisui #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード