« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/09/15(日)みちのくプロレス「秋の3連戦」@仙台市ベストウェスタンホテル

台風接近で大雨の中行ってまいりました。こんな天気になるとは…。
この会場、立見は西側自由席の後ろのみで、南側にはちゃんと「立見の方は入れません」ってカラーコーンとポール立ててるのに(北側は壁に椅子ベッタリなので後ろは通れない&立てない)、なんでか南側で立って見てる人がいるんですよね。なんか…ずるくない?指定席の人が立ってるだけかもしれないけどさ。数人だからかえって目立つ。

この日も試合前に1号が2号を伴ってリング上から車のフロントガラス&カツオのケータイの弁償代の募金のお願い。「試合で返します」と誓う1号に、優しいお客さんたちが募金をしますが、「みなさん騙されないでください。誰が悪いのかよく考えてください」とパンチさん。ナイス。真面目な話、弁償代の募金って正直どうかと思う…。試合中の場外乱闘で備品壊したとかならまだしもプライベートのことまで甘えようなんて虫がよすぎやしないかい?OOGAMANIA特別編で見た時はかわいそうにと思ったけど、「またやってるの?!」と思ってしまいました。

続いて沼ちゃん登場するなり「ジ・ロ・ー・ラ・モ」イラッ。「今回のツアーではこれを言っていこうと思ってたんですけど、昨日の新潟大会ではすっかり忘れて普通に挨拶してしまいました」日程の告知をしてしゃぼん玉。

お時間になりまして選手入場。特別参戦の藤田ミノルはキャリーケース持参で登場。挨拶も藤田ミノルが務めます。「仙台は金網デスマッチ以来です。マッチョ☆パンプ、井上亘(って言ったけど治の間違いだよね?)、愚乱・浪花の分までがんばりたいと思います」終始ニコニコ(ニヤニヤ)してて久々の参戦が嬉しいのかなと思ったけど藤田ミノルは基本が半笑いだ。そういえば藤田ミノル嗄れ声なのに金本選手と違ってわりと聴きとれますな。不思議。

1.15分1本勝負
○大柳錦也(6:31腕固め)郡司歩×

郡司のドロップキックでの奇襲でスタート、すぐに三角飛びアームホイップ、場外プランチャと勢いよく派手にスタートしたのに、それとは対照的な大柳先輩の右腕一点集中攻撃に惨敗。丸め込みもうまくいかなかったなあ。
試合後、郡司に握手を求めた大柳先輩、郡司が握り返すと、自分の頬を張れと。郡司がそれに応えると大柳先輩も郡司の頬を張り返しました。いいシーンでした。

2.20分1本勝負
○ヤッペーマン3号(5:08体固め)カツオ×※ダイビングボディシザースドロップ

3号はお兄ちゃんズを引き連れてヤッペーマンズの歌じゃなくてヤッターマンの歌のキラキラMIX(これ前に2号が使ってなかったっけ?)で登場。先に入場していたカツオは当然抗議。「かわいい妹の守るのは兄として当然の役目だ」というお兄ちゃんズ。セコンドにつくことは認めたものの「介入は厳しく取り締まれ」とレフェリーに念を押します。エプロン上に立って見守るお兄ちゃんズに「降りろよ!」渋々降りて試合開始。
手四つの力比べで押し勝ったカツオ、ロープブレイクでさりげなくボディタッチ。当然お兄ちゃんズから怒号が飛びます。「なにか隠し持ってないかと思って」
身の危険顧みず果敢に挑む3号。しかしどんなに打ち込んでもカツオは嬉しそう。プランチャは空中キャッチされてしまいました。いくら相手が女子とはいえすごいぞカツオ。
3号のピンチを見かねたお兄ちゃんズはカツオをクーズラインで倒してヤッペーマンピラミッド。結局介入してるじゃん。再度のクローズラインはカツオがふたりまとめてラリアット!お兄ちゃんズを排除すると、3号をとっ捕まえ、スカート捲りあげておしりペンペン。
すっかりおののいてしまった3号に「おとなしくしてれば早く終わるんだよ」と迫るカツオ。私こんな最低なセリフ聞いたことない。
猛然と迫ってくるカツオをすんでのところで交わした3号、カツオはそのままコーナーを背に立っていたデュークレフェリーに激突!私のところからは鎖骨のあたりに顔がぶつかったとしか見えなかったんだけど、デュークレフェリーがさかんに口元を拭ってるあたりどうもキスしたことになってるらしい。やるならちゃんとやらないとシラけるなあ。現に男色ディーノという「やるならちゃんとやる」人がいるんですから!
最大のピンチを凌いだ3号はウラカンラナ(?)で見事3カウントを奪取。ゴングが鳴ったというのに3号の太ももをガッチリ抑えて離さないカツオ。かなりキワドイ体勢になってしまい3号もギャーギャー。お兄ちゃんズとデュークレフェリーが協力してせーのでカツオをひっぺがしました。
カツオ「ありがとうございました!」リング下から「もう一回」とニヤケ顔のアピールに3号は全力で首と手を横に振って拒否。
予想通りのセクハラ試合でしたが、今はなきコミックボンボンレベルのエロさ+下品さで小学生でも笑えるギリギリのところ?

3.30分1本勝負
○ラッセ、ヤッペーマン1号&2号(10:41片エビ固め)フジタ"Jr"ハヤト、ken45°、佐々木大地×※ジャガラギ

第2試合からヤッペーマンズが居残ってラッセ登場。ラッセの黒ベース×紫のコスチュームかっこいいなあ。剣舞帰国まであとひと月ちょっとなのにハイブリットボディになる様子が全く見られませんが。
1号とハヤトが先発。「試合で返す」と誓った1号はやる気満々。しかしハヤトの蹴りを一発食らっただけでコーナーに戻ろうとする1号をパートナーが励まし、気合入れて再びハヤトに対峙するもまたもや蹴り一発で…を繰り返す。なんとかドロップキックをヒットさせ一矢報いました。
続いてラッセと大地のロープワーク。ラッセやっぱり速いな!
試合は1号が捕まる展開に。再びハヤトへのドロップキックで窮地脱出。
今度は2号がハヤトにボコボコに蹴られピンチを迎えます。さらにkenには急所攻撃からのラリアットを食らい散々。
大地も得意のトラースキックで見せ場を作ります。
ここからラッセ大活躍、ハンドスプリングエルボーにスワントーンボムにと大技連発。ヤッペーマンズが同時トペコンでハヤトとkenと抑えたところで、ラッセが大地をジャガラギで仕留めました。
ハヤトは大地を一瞥してさっさとひとりで退場してしまったけれど、kenは大地の肩をポンポンと叩いて気遣う様子を見せました。
思い返してみると正規軍が押しまくってた試合でした。大地に任せ過ぎたか?
ところで私ハンドスプリングエルボーのことをトペレベルサだと思ってました…。ラッセはそんなすごい技しない。

休憩前にパンチさんがリングに登場。
「楽天絶好調ですね。我が埼玉西武ライオンズは下の方をうろうろしていますので、気にせずトップを突っ走ってください」
「藤田ミノル選手は東京愚連隊のパンフレットだけを持ってきています。藤田選手のお小遣いになるので買ってあげてください」
「徳島ラーメン人生で餃子の取り扱いがはじまりました。我々餃子を差し入れに頂くことがありますが、ニンニクが気になってなかなか食べられないんですよ。でもラーメン人生の餃子にはにんにくが入っていません!クーポン券付きのチラシを配布しますのでぜひ貰っていってください」以上、餃子の宣伝でした。

4.30分1本勝負
バラモンシュウ、バラモンケイ、○ベナーム・アリ(9:20ラクダ固め)ウルティモ・ドラゴン、藤田ミノル、気仙沼ジローラモ×

藤田ミノルがみちプロに登場するのは2010年のM-12以来ですかね?ひと足お先に一人で入場した藤田ミノル、校長&沼ちゃん組の入場の儀式に「なんなのあれ?」と、真似して印を結んでみたり。
続いて阿修羅の登場。狭い会場に椅子席ということでこっちに来ないのを祈るばかり。
試合開始早々場外乱闘に。かろうじて見えたのは、鉄柱を背にした校長によけられて鉄柱にラリアットをかますバラモンのどっちか。
ボーリング攻撃の餌食になった藤田ミノルに続いてまさか校長までボーリング攻撃の餌食に?!と思ったら、なぜかケイが校長の前に四つんばいになって、ケイの後ろにキャリーケースを置いて、ボーリングの球がキャリーケースにぶつかる→キャリーケースがケイにぶつかる→ケイが発射されて校長にぶつかるというピタゴラスイッチな攻撃に。攻撃には成功したとはいえ、ケイはしばらく尻を押さえてもがいてました。
お笑いパートはバラモンと校長に任せてアリと沼ちゃんはシリアスに戦います。気仙沼落としは抜けられたものの、ダイビングレッグドロップはヒット!アリよく受けた!
藤田ミノルはロープのカニ渡りで往年のファンを喜ばせます。藤田ミノルの「サヨナラ」ってのは旋回式(?)ツームストンのことなのね。
シュウと校長はポールの奪い合い。校長に避けよけられてトップロープを打ったポールは跳ね返ってシュウのハゲ頭にヒット!何度見ても面白い!
最後は沼ちゃん対アリに。シュウのアリへの声援(?)がめちゃくちゃうるさい。沼ちゃんが銀鱗を放ち二度目の気仙沼落としの体勢に入ったのを見計らってバラモンがパウダー攻撃!怯んだ沼ちゃんをアリがキャメルクラッチで捕えてギブアップを奪いました!いやいやかなりビックリ!アリが沼ちゃんからギブアップを奪うとは!東北タッグベルト奪取に向けて弾みがつきました!
退場時もひと悶着。バラモンのスーツケース持って退場しようとする校長、バラモンに咎められるとエントランスの階段から下にガコン!とスーツケースを投げつける。リングに戻った校長、それならこれも持って帰れとパウダーの入った容器をバラモンに差し出す。バラモン受け取ろうとすると容器をバラモンに投げつけたー。あのー蓋開いてますけど。バラモン粉まみれ。
藤田ミノルはなぜかボーリングの球を持ってウロウロ。
阿修羅がいなくなり、校長と沼ちゃん、藤田ミノルが再度リングに集結し、両手を掲げあいました。藤田ミノルはボーリングの球を持って退場していきました。藤田ミノルのキャラは好きだなあ。

5、時間無制限1本勝負
○卍丸、南野タケシ(17:35片エビ固め)拳王、野橋太郎×※卍落とし

東北Jrタイトルマッチの前哨戦。試合前から拳王は卍丸のことを意識しまくりだけど、卍丸は知らんぷり。
先発は拳王と卍丸。探りあいかと思いきやすぐにケンカキック合戦に。いいね!グラウドで体勢入れ替える動きなんか見るに卍丸は体が柔らかいんだろうなあ。すごくしなやか。
南野と野橋に代わるとゴツゴツした戦いに。南野が野橋の頭にグーパンチを入れれば、野橋は頭突きで応戦。
舎人一家に負けじと、野橋がサポートして拳王がフットスタンプ、今度は拳王がサポートしてダイビングヘッドバッドと、野橋と拳王もチームワークの良さを見せていきます。
拳王はクローズラインを蹴り割ってのキックのコンビネーションで舎人一家を追い詰めます。南野をアンクルホールドで捕え、南野がなかなかロープブレイクできないのでここは卍丸がカット。
野橋に的を絞った舎人一家、野橋をノド輪落としで叩きつけ、更に卍丸と二人ががりでダメ押しのノド輪落とし。野橋に卍丸の強烈なラリアットが炸裂、卍落としで仕留めました。
拳王と卍丸の前哨戦なんだけど、南野と野橋の戦いがアツかった!
試合後なにやら言葉を交わす拳王と卍丸。拳王は最後まで卍丸を意識しまくり。
阿修羅が会場から姿を消したところで卍丸がマイクを取ります。開口一番「こんばんは」こ、こんばんは。「明日、矢巾でやるんで応援したって」気の抜けたマイクにリング下で見守るハヤトの頬も緩んでました。そして南野から勝ち名乗りを受けて退場。あっさりしてんな~。

試合終了後、売店では舎人一家がサイン会に立ちました。藤田ミノルもブースを構えて本当に東京愚連隊のパンフレットだけ売ってました。沼ちゃんはラーメン人生のチラシを配布しつつお見送り。会場出たら雨あがってました。よかったー!

今回はとくに目玉と言えるカードも個人的にどうしても見たい!というカードもなかったのですが、あえて言えば翌日矢巾大会では第2試合に組まれている藤田ミノルの試合が見れないかもしれないので見ておきたいなというくらいで。っていうか藤田ミノルの特別参戦が目玉ですね。失礼しました。うん、じゃあ、まあいいや。(自己完結)
そういえばお客さんが大人しかったような気がしました。いつものにぎやかな集団が来てなかったのかな?
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.09.15(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード