« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/08/13(火)みちのくプロレス「夏休みシリーズ2013」@宮古市千徳地区体育館

いきなり余談ですが、開場待ちの列のところにみちのくプロレスのトラックが停めてあったんですけど、きたなくてビックリしました。フロントガラスに虫の死骸を無数にはりつけたままでよく運転できるなあ。

試合開始前のサイン会はヤッペーマンズとラッセ。サインを求めるお客さんが少なかったのか、自らパンフレットを売り歩くヤッペーマンズ。さらにヒマを持て余して三人揃って売り物の応援用マスクをかぶって(もちろんマスクの上から)ルチャドーラモノマネ大会。ソラールas1号親指を立てて「ヘーイ!ヘーイ!」楽しそうね。

お時間になりまして選手入場。挨拶はカツオ。テンション高めに当たり障りのないことを言って「それだけ?」「終わり?」とツッコまれる。サインボールの投げ入れもありましたが、えらい少なかったような?
対戦カード発表で佐々木大地の欠場がアナウンスされました。前日の八戸大会の結果「顔面パンチ」って…アンタ…。

1.15分1本勝負
○気仙沼ジローラモ(7:45サソリ固め)郡司歩×

今日の沼ちゃんは勢いがありましたねー!郡司はかなり厳しく攻められてました。ラクダ固めかけられてからの郡司のねばりは素晴らしかった!
余裕の勝利に見えたけど、リング降りるときの沼ちゃんはほんっとにしんどそうだった。沼ちゃん自身が言ってたことだけど、ひとまわりも下の人とやるのが辛くないわけないよね。
沼ちゃんのヒップアタックで笑いが起きると、今日は一見さんが多いぞ!と思いますね。いいことだ!

2.20分1本勝負
○南野タケシ(8:34片エビ固め)大柳錦也×※デスバレーボム

ありそうでなさそうなこのカード。そう考えるといかに大柳対kenはしょっちゅう組まれてるかってことですね。
張り手合戦の音を聞いて南野はやっぱパワーファイターなんだなと実感。
今まで思いもしなかったけど、このふたりファイトスタイル似てますね。技巧派でゴツゴツした感じが。そう、バチバチじゃなくてゴツゴツなんですよ。このふたりだと。
復帰後の南野は鹿浜ダイナマイトがフィニッシュとして定着しつつあるのは肩に担ぐのがしんどくなってきたから?と思ってたのですが、デスバレー出ましたね。復帰後どうなのかな?という思いも正直あったのですが、この試合を見ていよいよそういうのもなくなりました。
試合後に南野が客席のチビッコに握手を求めるという心温まる場面がありました。前に同じようなシーンで拳王はチビッコに逃げられてたっけなあ。(遠い目)

3.20分1本勝負
○ken45°、卍丸(10:07エビ固め)拳王、野橋太郎×※丸め込む

ミニツアーのお客さんの反応見てると、阿修羅は完全にヒールでバッドボーイはベビーなんだなと思わされますね。でも阿修羅のファイトがあんまりヒールっぽくないなあと思ったのは塁がいないせい?
卍丸は「そういえばアバラ折れてんだよね?」と思うくらいにはなってたかと。プロレスラーは無理しなきゃいけないからたへんだ。
拳王のコーナートップからのフットスタンプって違う技にできないもんかね?コーナートップに立たれると期待するじゃん。それがフットスタンプじゃあガッカリじゃん?そりゃ単にフットスタンプが嫌いなだけだろうと言われたらそうなんですけど。でも剣舞のフットスタンプは好きなのよね。拳王のフットスタンプが嫌いなんかなあ?自分でもよくわからん。
kenと野橋の攻防は本当におもしろい!飛びつきフランケン合戦は何度見ても驚く。
でも逆打ちクリアしちゃったのはいただけませーん。大一番でしか返してはいけない技ってのがあって、逆打ちもそのひとつだと思うのです!必殺技ってそういうもんじゃないの?
それと勝負どころでの外野の場外乱闘もリングに集中できなからイヤ。こればっかりは仕方ないんですけどね。
試合後は前哨戦らしく拳王と卍丸がお互い意識し合う様子が見られました。
リング降りる前にkenと卍丸が高木社長のfireみたいなポーズやってたけどあれなに?前もそんなのやってたよね?

休憩時間の前に沼ちゃん登場。夏服の沼ジローラモは現地の人っぽくて似合いすぎててイマイチカッコよろしくない。いつもどおりスポンサー様の紹介と試合日程の告知をして歌「しゃぼん玉」を披露。
続いてサスケが登場。「沼ちゃんの歌は手拍子が難しいですね。あれ?合ってるのかな?なんて、結局合わないまま歌が終ってしまったりね」「昨日は八戸でビアガーデンプロレスを開催しまして、私、八戸に友人がおりまして、彼がいつも「ほんだすけ!」と言っていたので、私も真似してほんだすけ!と言ってみたのですが、みなさんにポカーンとされたので、ほんだすけ!と言わないんですか?と訊いたら、そんなのいまどき誰も言わないと言われてしまいました。私も東京に行くとじぇじぇじぇ!と言われまくっていますが、盛岡の人は言いません!久慈の人も言わないそうですね。あの漁港の半径50mくらいでしか通じないそうです」「こいつは試合もしないで何を喋っているんだと思われているかもしれませんが、昨年の11月に全日本プロレスのタッグリーグに参戦した際にセカンドロープに変な体勢で当ってしまい肩甲骨が割れてしまいました。今現在も完治しておらず、試合を欠場することになりました。申し訳ございません。サスケのことが嫌いになっても(ry」挨拶を終えると、売店に直行してサイン会となりました。
多分最優先の仕事ではないでしょうが、こうしてミニツアーでも大会に顔を出して欠場の挨拶をするサスケはエライと思います。いるといないじゃ大違いですよホントに。

4.30分1本勝負
○フジタ"Jr"ハヤト(11:26K.I.D)カツオ×

大地欠場のあおりでとんでもないカードが実現してしまいました。
なにげにカツオの入場曲が変わってた。多分。曲はメタボリックブラザーズのテーマそのまんまで歌詞を変えてカツオのテーマになってた。もう戸澤陽選手が恥ずかしい思いをしなくて済むね!よかったね!
試合はカツオのツノをひっぱったりねじったりちょっとコミカルな面を見せつつもハヤトはいつもどおりで、カツオはこれでもかってくらい蹴られてました。サンドバッグがいいのか、ハヤトの打撃音はいつも以上に強烈。お客さんの声援がだんだんカツオに集中していくのを見て、カツオの受けっぷりの良さと一見さんのウケっぷりのよさを実感しました。
終盤のカツオの盛り返しでハヤトはヒップドロップよく受けたなあ。
カツオはハヤトにK.I.Dでしがみつかれてブレーンバスターに持ってったのはすごかった。こういうパワーファイトこそカツオの見せ場。結局は二度目のK.I.Dに沈んでしまったわけですが。
試合後、ハヤトはカツオに握手を求めました。ところがカツオはハヤトの手をひっぱたいて拒否。さっさとリングを降りてしまいました。ハヤトは四方に二拝一礼して退場。これ久々に見たような。
体格面でいえば対極にある二人なので、そういうのテーマに持ってきたら面白そうなのですが。無理なのはわかってます。思ってみただけです。

5.時間無制限1本勝負
○ベナーム・アリ、バラモンシュウ、バラモンケイ(11:42片エビ固め)ラッセ、ヤッペーマン1号&2号×※垂直落下式ブレンバスター

佐藤兄弟も含めてバラモン兄弟がミニツアーに参戦したのは記憶にございません。少なくとも私が見始めてからは今回が初めてのはず。アリがいるからでしょうねきっと。
バラモン入場時の被害が大きいとこれまた一見さんが多いぞ!と思いますね。いいことだ!
試合も終わりの方になってから気付いたのですが、アリのコスチュームが変わってました。例によってなんで脚隠すんだよおおおお!若いんだから脚出せよおおおお!と思ったけど、沼ジローラモとかぶるから変えて良かったと思います。アラジンみたいで似合ってる。
アリのリングコールで一緒になって祈りを捧げるバラモン兄弟に対抗して?ラッセのリングコールで一緒にラッセポーズを取るヤッペーマンズ。こんなところでも火花が散っています。
阿修羅の奇襲でスタート、ほとんどリングにいないまま試合は進み、場外乱闘の最中に「5分経過」のアナウンスを聞く破目に。
リングに戻り、バラモンによるおなじみのアイテム攻撃の他、今回は夏らしくスイカが登場。カットスイカなのでそれを凶器に攻撃しても伝わりませんが、スイートエンジェルキッスにすると途端に伝わりますね~。こういうの見るにバラモンのお手本のひとりは間違いなくGammaなんでしょうね。
バラモンは凶器攻撃のオンパレードで2号を追い詰め、うまくアリの垂直落下ブレーンバスターにつないで阿修羅の勝ち。
アリもタイトル決まって負けなくなっちゃったなつまらん。なのに野橋は普通に負ける不思議。
試合後はセコンドの正規軍を巻き込んで大荒れ。退場際、なぜか勝ったバラモンが「今日はこれくらいでかんべんしてやる。お、ぉおぼえてろよ!」の捨て台詞。これって負けたときに言うんじゃないの?勝ったときに言ったらただのやさしい人じゃん。
ほぼオールスタンディングでの観戦だったけどこの試合に限ってはまあ仕方ないか。

シメのマイクはラッセ。「正規軍のみんな、かけつけてくれてありがとう。来年もまた宮古に来たいと思います。そのときは俺たちが正規軍を引っ張る存在になりたいと思います」夏らしく「ラッセといえば絶好調!」でシメました。負けたじゃん!

クーラーなしでトイレは共同だなんていう小さな町の古ぼけた体育館に来ると、みちプロ見に来たー!ってしみじみと思いますね。これぞみちプロの醍醐味。しかしこの会場は毎度毎度暑くてボーッとしちゃうな。

ところで。ふく面ワールドリーグ戦のTシャツを着たギャルっぽいママがいて、ああいうタイプの人(しかもママ)がプロレスTシャツを着てるのなんてまず見ないのでなんとなく頭に残ってたんですけど、元KAIENTAI-DOJOのお船chanだったんですね。ふ…フツーに素顔でうろうろしてるもんなんですね。一般人なんだから当たり前か。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.08.13(Tue) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード