« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2013/06/22(土)みちのくプロレス「道場プロレス2013・6月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

ベナーム・アリが大釜に帰ってキターーー!の第一戦。アリ効果か野橋の重大発表効果かお客さんちょっと多目?正面側のゴザシートの敷き方がヘンなことになってました。

お時間になりましてなんだかとってもくらーい曲で沼ちゃん登場。「私の小中学の同級生畠山美由紀の曲です。梅雨に入ったので雨の歌なのですが、今からプロレス見るぞという気分に全く合いませんね」「ちなみに私は彼女が日本一うまい女性歌手だと思っています」ちなみに私は露崎春女が日本一うまい女性歌手だと思っています。
予定告知では「7月の矢巾大会と山形大会にWWEスーパースター、ショー・フナキ、船木勝一って今言わないか、FUNAKIが参戦します」反応の薄いお客さんに「今日はみなさんどうしたんですか?身内に不幸でもあったんですか?」いつもこんな感じですよ!
「6月の道場プロレスは今日と明日だけです。明日のイベントは佐々木大地のビンゴ大会…ってなんなんでしょうね?意味がわかりません」正規軍時代に道場プロレスでジャンケン大会の進行やったときはニコニコやってたけど、バッドボーイ所属となった大地がどんな感じで進行するのか気になります。
しゃぼんだまに続いてジャンケン大会。本日の賞品は大仁田厚のサイン色紙(よく出てくるね)、獣神サンダー・ライガーのサイン色紙、と、お菓子が3袋の計5名様に。ライガーさんの色紙はイチ抜けで貰われていったけど、大仁田の色紙が次の大人と次のチビッコにスルーされてまさかの残り物になるのかとヒヤヒヤしましたが、次のチビッコに無事貰われていきました。

1.10分1本勝負
○野橋太郎(6:42片エビ固め)佐々木大地×※ギロチンドロップ

このふたりならと熱戦を期待したんだけど大地元気がなかったぞ!チョップ合戦で野橋が声出しても大地の方が声全然出てなくて(出せなくて?)ノってくる前に野橋がさっさと終らせちゃったような感じ。
打撃ひとつとっても若い大地より野橋の方が勢いがあるし、投げ技だってスピード感がある。体の小さい野橋は勢いで投げきらなきゃならないということもあるだろうけど。
でも野橋にチャメルクラッチで捕まりそうになって捕まるものかと急いでロープエスケープしたのは大地の必死さが感じられてよかった。
終盤にはお客さんから「惜しい!」という声があがる場面もあったけど、その場飛びギロチンドロップという表現がピッタリくる技で野橋がフィニッシュ。
うーん。大地は波があるタイプなのかなあ?

マイトさんの肩を借りて退場する大地を見送り、野橋がマイクを持ちます。「今日は勝って気分がいいから重大発表をしよう。OOGAMANIA、滝沢村での開催は次が最後だ」エー?!「最後にふさわしい俺の対戦相手はこいつしかいない!」
流れてきたの大日本プロレスのテーマ曲!スクリーンに映し出される「さようなら滝沢村」「有刺鉄線ボードデスマッチ」もうここまできたらおわかりでしょう!伊東竜二だああああああ!大釜初登場!しかも伊東竜二自身の初凱旋!事前に発表されていたチケットがお高いのでどういうことかと思ったらこういうことでしたよ!いやもう試合形式が有刺鉄線ボードデスマッチで会場が大釜幼稚園体育館という組み合わせだけでも相当面白い。
この後メインが控えているというのに「大釜の英雄野橋太郎が居る限りOOGAMANIAは永遠に不滅だー!」でシメちゃったよ!
ところで対戦カード画像の野橋がイラストなのはなぜ?

2.15分1本勝負
○ベナーム・アリ、日向寺塁(10:11ラクダ固め)気仙・沼ジローラモ、郡司歩×

アリが帰ってきたけど塁も帰ってきたー!北海道ツアーお疲れ様!阿修羅に加入したアリですが、お客さんは歓迎ムード。
リングコールが終わるか終わらないかのうちに阿修羅が奇襲、いきなり乱闘?!とはならずにリングへ戻り、沼ちゃんと塁のショルダー合戦。
両軍タッチしてアリ対郡司でロープワーク。アリは背が高いから郡司がリープフロッグで飛び越えるとおおっ!てなりますね。
アリまともに戦ってるじゃんと思った側から国旗で郡司にチョーク。おお、悪いことしとる。
沼ジローラモのコスチュームはアリにソックリだなとは前々から思っていたことではありますが、実際並べてみると君らはタッグ屋かと思うくらいほとんど同じ。これで気仙沼落としの体勢とか、すごい絵面。そんな気仙沼落としはサーベルを持った塁が介入して未遂に。塁は逆に捕まってしまいダブルでブレーンバスターを食らう。
再びアリ対郡司に。リングサイドで塁と沼とゃんが追いかけっこしている間にアリが郡司を垂直落下式ブレーンバスターで落とす!沼ちゃん逃げ切りカットに成功。
しかし塁が場外乱闘で沼ちゃんを足止め、アリのキャメルクラッチに郡司タップ。
試合直後は荒れて郡司をリング下に蹴落とす阿修羅でしたが、塁もアリも嬉しそうにコーナーで「イチバーン!」と勝どきをあげて意気揚々と退場していきました。
沼ちゃんのシメのマイクの横で野橋がOOGAMANIA番外編のチケット即売会の準備を始めたもんだから一部お客さんそっちに流れちゃって、かくいう私も気が気でなくて、あんまりちゃんと聞いてなかったのですが「郡司には気持ちよく不滅だー!でシメれるようににがんばってほしい」と郡司を励まし、不滅だー!で大会をシメました。

チケット即売会では野橋自ら受付。購入者にはサイン入り生写真をプレゼント。こんなこと書くと阿修羅の司令塔でもあるモンスター野橋にとっては営業妨害もいいトコロですが…野橋はすごくしっかりしているように見えて案外ヌケてるところもあるんだなと、親しみを感じてしまいました。

しつこいですがアリが帰ってきましたよ!前回の来日時は毎週のように道場プロレスがあったような気がしますが、今回は7月も8月も月末に二連戦だけですね。その分特別興行だの通常興行だのミニツアーだのイベントプロレスだのがたくさんあるのでそっちの方でがんばってほしいです!

久々のOGAMANIA開催は嬉しいんだけど、滝沢村での開催が最後ってどういうこと?今後は盛岡とか雫石でやるってこと?OOGAMANIAなのに?それに伊東竜二の最初で最後の滝沢村凱旋って最初はわかるけどなんで最後なの?大日は滝沢村では絶対にやりません!というきまりごとでもあるの?とハテナだらけだったのですが、某選手のブログを読んで、なんだそういうことか!と、ナゾはすべて解けました。我ながら自分のピュアっぷりに呆れる。(行間読めないだけじゃん)
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.06.22(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード