« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

遠隔吸血

及川光博。

久方振りの1階席しかもななんと2列目の超至近距離ミッチー!
手を伸ばしても届きはしないが、汗の粒も見えるしマイクを通さない息遣いも聞こえるほどの近さに興奮度は桁違い。冷静に見れない。ミッチーしか見えない。サポートメンバーを見ている時間がもったいない。
ミッチー絶対私のこと見た!ミッチー私に笑いかけてくれた!の連続。
高濃度のベイベーに囲まれて私の黄色い声援もより黄色く。
2階席には2階席の魅力があるけど、この興奮はやっぱり前の方じゃないと味わえないなあ。
自慢だが私は1階1列目ど真ん中という最良の席を経験したことがある。その頃と比べると、当時はろくろで作ったような顔してたけど、今は手びねりで作ったような味が出てきましたね。これからもより深みを増していくことでしょう!

さて今回は新作に合わせたと思われるコンセプチュアルなステージに正直「うーん?」と思うところもありました。コンセプトに合わせてかロック調の曲とバラードが多く、「出会わなければよかった」というメッセージの曲に「あれこれさっきの曲とかぶってるじゃん?」と思うことも。後になってわかったことですが、コンセプチュアルな第1部と、レッツ自己解放!な第2部との2部構成だったのです。第2部はうってかわってのライブ定番曲中心の楽しいステージ。ここまではっきりとコンセプトを分けて2部構成にしたのは初めてじゃないかな?前にも「また後ほど」と引っ込んで休憩を挟んだことはあったけれど。
今回のような2部構成ならば現在進行形のミッチーとお馴染みのミッチーの両方を体感できる。これだけ活動歴が長くなると、お馴染みのミッチーばかりだとベイベーにとってはマンネリだと感じてしまう、かといって現在進行形のミッチーばかりだとベイベー未満のお客さんはおいてけぼり。みんなが楽しめて満足できるこの2部構成はよく考えられているなと思いました。
ミッチーが「なんでみんな始まったときより元気なの?!」というくらい、お客さんのボルテージも右肩上がりのワンマンショーでした。

ところでそのいち。
「もーおーはなさないっはなさないっ」って曲がオリジナルと思えなくて、でもブラックカードベイベーに訊いても「新作に入ってたからオリジナルのはず」と言うし、ああ、そうなの?でもモヤモヤ。
あとで今回のツアーのセットリスト見たら「プルシアンブルーの肖像」あああああそうだ!安全地帯だ!どうりで!私はたまたまレコード持ってたから知ってたけど、世代じゃないものブラックカードベイベーが知ってるわけないよ!

ところでそのに。
第1部の新キャラ「ウォルフガング・ミッチーマイヤー」って絶対漫画か映画の登場人物のパロディだと思ったんだけどそれが何か思い出せなくてモヤモヤ。
あとで調べてみたところ、「銀河英雄伝説」の登場人物でした。ウォルフガング・ミッターマイヤーって一文字変えただけなのね。
でもイマイチピンとこないから私が思ってたのは別のウォルフガングだと思う。「鋼の錬金術師」あたりかと思ってたんだけどなあ。しかし私のことだから総合格闘家のヴォルク・ハンと勘違いしてた可能性もなきにしもあらず。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2013.06.08(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード