« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2013/04/20(土)みちのくプロレス「道場プロレス2013・4月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

4月の道場プロレスは3月の3日間よりも少なく今日と明日の2日間のみ。ブルーシートの引き方変えた?正面側が広くなって上手と下手が狭くなったような。
今日の沼ちゃんの出囃子は入場曲でした。「急に寒くなりましたね」という冗談のような挨拶に最近の気候では頷くしかありません。春はどこ行った?!
沼ちゃんは今日も青森へ営業に行って青森のアスリートをゲストに迎えてお話を聞くというラジオ番組出演して「沼二郎さんもプロレスラーだから一応アスリートですよね?筋トレに役立つことを何か教えてください」沼「ヒンズースクワットがいいんじゃないですか?」「これUtreamで放送されてますのでやってみてください」という経緯でスーツ姿でヒンズースクワットをする沼ちゃんの姿が全世界に配信されたそうです。
告知を始めたところでリング下から練習生の及川君がそっとカンペを差し出す。「お前…もっと大きい声で喋れよ」とダメ出し食らう及川君。「フリーマーケットの後にマウンテンキングでボーリング大会をやるそうです。前回ブービー賞だった私は秋田のラジオ番組に出演するので参加しません。残念です。…別に残念とも思ってませんけどね」沼ちゃん…。
「この格好で歌うのは初めてですが、今日は俺の海を歌います」わー!やったー!いやいやスーツ姿の俺の海もなかなかいいじゃあないですか!久々に聴いたけど俺の海は本当に何度聴いても飽きない!海の魂よりも俺の海なのよ!こりゃARABAKIでも歌うかな?
今日のじゃんけん大会の賞品は、大仁田厚のサイン色紙(「ファイヤー」の押印入)、「私がデビューしたての頃はプロレスラーみんな穿いていた。今も穿いてるのはリッキー・フジさんくらいじゃないかなあ?」のバギーパンツ!前にもビンゴ大会の景品で出たけど、今回のは更にデザインが強烈でございました。あとはガムとお菓子の計4名様に。バギーパンツを選んだ少年はプロレスラーの必須アイテムをゲットしたことをきっかけに是非プロレスラーを志していただきたい!

1.10分1本勝負
○ジェイソン・ラルッソ(9:45片エビ固め)郡司歩×※ジェイスクラッシャー

極→投→打と基本に沿った展開で、長すぎる極は退屈になるし、投は勢いがないし、打はバチバチが感じられないし、この二人が試合するとこうなっちゃうんだあ…と悪い意味でハラハラしてしまいました。郡司からもなぜかいつもの気迫が感じられなかったし、ジェイソンって、この表現は不適切かもしれないけど、なんか、ヌルイ。もっと不適切な言い方すると、本気で当ててんの?と思ってしまった場面がチラホラ…。
でも終盤はいい意味ですごいドキドキしましたね!なんでドキドキしたかというと、残り30秒のコールを聞いて、郡司が引き分けに持ち込めるか?!と思ったから。ジェイソンが郡司を持ち上げようとしたのを郡司が堪えて、なんとか持ち上げて大技に持って行ったんだけど、「えっ、これで3カウント取ったらウソでしょ?」と思うような感じで、そこは郡司が返して、そうだよね!って変にほっとしてしまって、こりゃいよいよ本当に…と思ったところで、結局は結果の通り。これも説得力のあるフィニッシュだったら文句は無かったんですけどねえ。私は納得できませんでした。
なんだかこの試合を見てジェイソンは実力以上のことをやってしまっているように思ってしまいました。
しかしジェイソンの疲労困憊っぷりは本物でした。いつもなら過剰気味なアピールで退場していくのに、郡司を引き起こしてハグと握手を交わし、リングを降りてからも両手を郡司のいるリングに向けただけでアピール控えめに退場していきましたからね。
見る側の印象とは裏腹にやってる側は充実していたのかも。
試合内容を振り返っても、「ギリギリ負け」という結果を見ても、もしかしたら二人の差はそんなに無いのかもね?!

2.10分1本勝負
○ピート・ダン(7:24クロスフェースロック)佐々木大地×

大地の髪が更に明るくなった。ピートのピアスがオレンジになった。
第1試合とはうって変わって、大地の突撃から始まった、ひじょうに勢いのある試合展開でした。今日の大地にはいつもの郡司にも負けないくらいの気迫を感じましたよ!ホントに!ピートはねちねちとリストばかり攻めてる印象が強いので、こんな勢いのある試合もできるんだなと、新しい面を見た気がしました。超高速スープレックスは見た目にも派手で印象に残りました。
大地はカウンターで押さえ込んだりとか、上手さが光りました。こういう場面にプロレスラーとしてのキャリアの差を実感しますね。
せっかく場外降りたのになにもしないで戻っちゃったりとか、もっとなにかできるでしょう!と思った場面もあったけれど、勢いはほぼ最後まで止まりませんでした。
終わり方も、大地がピートにフェイスロックに捕えられるもここはお客さんの声援を受けてロープエスケープでしょう!と思ったところでタップしちゃって、無理に引っ張らなかった終わり方にまで思い切りの良さを感じましたね。
勝利したピートはいつものようにたいしたアピールもせず相手も称えずあっさりと引っ込み、リングを降りた大地はくやしそうに両手で思いっきりマットを叩き無言で退場。そうかこの二人が試合すると試合後はこうなるのか…。
リングサイドにはマイクを持った沼ちゃんが「ふたりとも帰っちゃったよ!せっかくピートが勝ったときのために締めの言葉考えてきたのに…」みちのく4FWフォーエバーだったっけ?「この挨拶は次、4FWの誰かが勝って試合後に帰らなかったら使いたいと思います」使える日が来るといいね!あっ、来ないといいな!郡司と大地にがんばってほしいもん!もんといえばなぜかマウンテンキングのブースでくまモンのラーメンが売っていました。話が逸れましたが、「今度剣舞がイギリス遠征してピートが保持する4FWジュニアヘビー級のベルトに挑戦します」と沼ちゃんから発表がありました。剣舞が奪取してみちのくに持ち帰ったらオーウェンかアリはたまた別の留学生と防衛戦が組まれてと妄想は膨らむ一方!シメは正調に「永遠に不滅だー!」でした。
本日のお振る舞いは郡司特製ビーフシチュー。郡司はどうも試合で手を傷めてしまったようで、震える手で盛り付けと配るのを1人でこなしていました。
沼ちゃんはマイク片手にカルビーフルーツグラノーラの試食品を手渡しでお見送り。類似品は数あれど、一番おいしいのはカルビーのだと思います!イヤホントに。

みちプロ勢と4FW勢とで、前回と相手を変えてのシングル2戦。また毛色の全然違う試合となりました。見えないものが見えて色々考えさせられましたね!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.04.20(Sat) 23:57

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード