« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

不思議なパラダイス

いつもの本屋で週プロが売り切れてて焦りました。これまでも何度かあったけどどれもみちプロ絡みだったなあ。トレーディングカード付きのときはなんの影響もないのに。みんなちゃんと中身見て買ってるのねん。Amazonでも売り切れててピーンチ!コンビニは立ち読みでボロボロになってるから買いたくないんだよなあと思いつつ一応チェックしたら比較的きれいな奇跡の一冊を発見して無事入手。

というわけでみちのくプロレス20周年特集です!

サスケのインタビューからは20年間の充実ぶりが伝わってきました。今すごく幸せそう。や、怪我で欠場中なのに幸せなわけないんだけどさ。でも自分がいなくてもちゃんとまわっているみちプロを見てそれはそれで幸せを感じてそう。
サスケの基本若手に任せてはいるもののファンには変わらず必要とされていてここ一番では打って出るという「メリハリ」のあるポジションは同年代のレスラーにとっての理想形のひとつではないでしょうか。ファンとしても、人生くらいになると物足りないけれど、サスケくらいならば、まあいいかな、と思える絶妙なバランスだと思います。
人生が一戦を退いてまでプロレスとは別のビジネスを手掛けている理由には目頭が熱くなりました。人生はプロレスラーであり、スポンサーでもあると。ファンにしたって憧れのプロレスラーにはいい肉食っていいスーツ着ていい車乗っていい女侍らせてほしいもの。みちのくプロレスの屋台骨は人生です。これからもよろしくお願いします!

2004年に人生の改革で新生みちのくプロレスになったのは実質クビ切りだったんですね…。納得できない選手を説得したとか…胸の痛い話です。
「今のみちプロはダメだ。昔はよかった」という往年のファンの意見を目にすると、じゃあ見なきゃいいじゃんいつまで粘着してんだよ…おっとっと手が勝手に、もとい、じゃあ2004年にみちプロ潰れてくれた方がよかった?きれいな思い出のまま終わってくれた方がよかった?といつも思います。だって改革しなきゃ潰れてたんだから。「うん、潰れてくれた方が良かった」って言われたらそうですかとしか言えないんですけど。それこそじゃあ見(ry
新生当時の観戦記なんか読むと、本当にひどかったみたいで、知名度も技術もない若手の荒い試合に田舎の体育館は冷える一方とか…。それに耐えて乗り越えて今があるんですよね。
ハヤトがサスケに勝利したという世代交代の瞬間だった2009年5月~7月から見始めた私は「いい時期」しか知りません。私がこう思っていることこそが改革が成功した証拠だと思ってます。

団体一丸となってハヤトをスターに育て上げたっていうのもすごいエピソードです。みんながみんな主役じゃダメだっていう。ハヤトから「守られてるオーラ」を感じるのはこういう背景があるからなのかと腑に落ちました。
それでもハヤトはハヤトなりに苦悩していたんですね。「3年後のエース」が「5年後のエース」になってしまったという結果だけでも苦悩が窺えます。
そんなハヤトの王者までの道のりを知らない私はフィルターがかかってないので「なんでこんな人がエースなの?」ってずーーーーーーっと思ってま…うーん、過去形で言い切れない。とにかくハヤトにはもっともっと説得力を身に付けてほしい。拳王という強力なライバルがいるんだから尚更。手放しでハヤトの勝利を喜びたい。あ、一句できた。

所属選手名鑑に南野と佐藤兄弟が載ってなくて華井とまぐ狼が載っているのは、掲載の判断基準が過去に一時期でも所属したことがあるかどうか?だとしたら「闘龍門から来た外敵のつもりでやってた」と言ってたkenが一時期でも所属していたなんて意外。まぐ狼はサスケの付け人やってたからわかるけど。
参戦選手は数知れずでも所属となると20年で見開き2ページに収まるくらいなんですね。これが多いのか少ないのかわかりませんが。

しっかしみちプロの安定感は普通じゃ考えられないですよ。2009年3月に義経がフェードアウトして以降は誰も離脱しないどころか増えてるという。
逆を言えば新生前のみちプロが分裂離脱を繰り返してたのも当然か。団体を作ったデルフィンとTAKAと半蔵、学校を作った東郷さん、WWEに行ったFUNAKI、WCWに行ったカズ、こんだけ我が強ければねえ?
永遠じゃないのはわかってるけど少しでも長くいまの顔ぶれを見ていたいです。

その他、小ネタ的に、

拳王のカルチャーショックっぷりには笑ってしまいました。みちプロ合宿所は「陸の孤島」ですか。拳王のルチャには期待しちゃうなあ。拳王ならやってくれるはず!

九龍の主なメンバーに途中で抜けたkenと途中から入った塁の名前があるのに9人揃う前から最後までいたラッセの名前が無いのはさすがラッセとしか。

20年の歴史の中でよりによって「ニュー」セーラーボーイズの写真をチョイスする松川記者には悪意を感じずにはいられません。人気者はツライね!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2013.04.04(Thu) 23:39

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード