« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2013/03/24(日)みちのくプロレス「道場プロレス2013・3月シリーズ・第2回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

今日の客入れBGMはずっとガールポップでした。
その流れで(?)沼ちゃん入場。「この曲知ってる人?」誰も手を挙げず。「神崎まきというシンガーソングライターの曲です。私に選曲させるとこうなってしまうんですよね。ちなみに3曲目流してください。これがヒット曲でソニーのウォークマンのCMに使われました」変わらず無反応のお客さん。「このまま流しておいてください」話の途中で「ここがCMで使われて部分です」本当に誰もわからいみたい…。「こないだ年祝いをやって私来月で41になるんですけど(拍手)ありがとうございます。そのパーティーでこのハーモニカ、ブルースハープっていうんですけど、これがホテルや車の中を探してもみつからなくて、結局八戸の楽器屋さんに全く同じものが売ってたので買いなおして、今同じものがふたつあります。これどうしよう…今度のフリーマーケットに出すことになると思います。もしフリーマーケットより先に欲しい人が居たら声かけてください。お金は少しください」「今日も心を込めて歌います」で、しゃぼん玉。靴とパンツの膝の膨らみを見るに今日は沼ちゃんの試合がありますね。沼ちゃんがひっこんだ後に間が開くのは第1試合に登場ということですね。

1.○佐々木大地、ピート・ダン(13:01片エビ固め)気仙・沼ジローラモ、郡司歩×※ツームストンパイルドライバー

ピートって入場時などはあまりアピールしないタイプみたいですね。
大地は郡司を意識しまくり。沼ちゃんなんか全然目に入っていない感じ。郡司も郡司で一触即発状態。
興奮気味の郡司を抑えて沼ちゃんが先発。大地ピート組はピートが先発です。
ピートはリスト攻めが得意のようで、沼ちゃんを攻め立てます。ピートはホント、トリッキーです。といっても大柳先輩のように「おおっ!」というような感じではなく、「おぉ?」という感じ。つーか猫騙し?リスト取られたときの抜け方にしても不審な動きに相手が怯んだ隙に抜けたりとか、頭上で手四つを誘っておきながら蹴りを入れたり、面白いけど、説得力はない。
続いて郡司と大地。これがもう、ほとんどケンカ。郡司の頭突きが無理矢理すぎて、しかもそれを何度も何度もやるもんですから大地がイラついてるのが伝わってきて、レフェリーのブラインドをついて沼ちゃんもリングに入って2対1になってダブルで頭突きされたりみだれ打ちされたりで大地のイライラも最高潮というかんじで、沼ちゃんがひっこんだらもう郡司のことボッコボコですよ。この流れがおかしくてニヤニヤが止まりませんでした。
あまりの大地のキレっぷりに、郡司が沼ちゃんとタッチして大地対沼ちゃんになったときもこの勢いで沼ちゃんから取っちゃうんじゃないかと思いましたよホントに。しかし沼ちゃんもやられっぱなしでたまるかとコールなしの沼ちゃんボンバーを大地にブチ当てます。
再び郡司がリングイン、沼ちゃんのアシストを受けてミサイルキックをヒット!奮闘を見せましたが、ピートのダイビングダブルニードロップを食らい、ツームストンで落とされて3カウント。
いやー面白かった。大地がサイコーだった。いつもこのくらいアツければいいんだどなあ大地は。郡司も「同期の先輩」という微妙な立場の大地に対する思いが変わってきたような気がします。だって無茶苦茶なんだもん。

2.○日向寺塁(8:27逆エビ固め)ジェイソン・ラルッソ×

ジェイソンはエントランスから姿を現してリングイン後に至るまでおもいっきりアピールするタイプですね。
相手は塁!オーウェンのラストの相手が塁だったから、こんなに早い段階でこのカードが登場するとは意外。
試合開始、めまぐるしいグラウンドを展開。ジェイソンが塁を上手く丸め込み早くもカウントが入りました。
しかしそれ以降は塁の一方的な展開。ジェイソンは何度もロープを求めてもがく破目に。ダウンチェックまでされてしまいました。
ここでせっかく塁が「応援してやれよ!」って言ったのに「5分経過」のアナウンスと丸被り。残念タイミング悪かった!
関節技や絞め技を中心にジェイソンを攻めていた塁も、後半になると、強烈なスピアーや長滞空ブレーンバスターなど、強力な技を次々に出してきました。最後は塁の逆エビがガチッと入ってジェイソン無念のギブアップ。
塁はジェイソンを労うことも勝どきをあげることもなく退場。おでこをやたらと気にしてたけど、やっぱり切ってるのかなあ?や、白いヘアバンドですよ。視界悪くなるしどうせ途中で取れるし似合わないしでケガくらいしか着用する理由が思い当たらないので。
ジェイソンはセコンドの補助を断って自力で退場していきました。

今日は沼ちゃんが試合を総括しました。
「4FWの二人とは5月まで一緒に練習して試合することになります」
ピートのトリッキーな動きに触れて「メキシカンストレッチなんて久々にかけられましたよ。メキシコ以来です。彼はまだ19歳なんですよね」
ジェイソンについては「彼は見たとおり、真面目で優しいから、それが試合に出ちゃってるのかな?もっと爆発力があればいいのにと思います」
「ピートはまだ19歳だし、ジェイソンもたしか22歳なのでまだまだこれから成長する選手です」
と、4FW勢に対する印象を述べました。昨日は大地が締めたから沼ちゃんの総括がなかったけど沼ちゃんの総括は毎回聞きたいなあ。
一旦不滅だー!で締めて、ビンゴ大会へ。
今日の賞品は、第5回ふく面ワールドリーグ戦全参戦選手の寄せ書きサイン色紙、第5回ふく面ワールドリーグ戦のTシャツ、大地が練習着として使用していたライオンマークのTシャツ(沼ちゃん「これを着て練習ってどうなのよ?!」)、小川直也・前田日明・蝶野正洋のフィギュア、OOGAMANIAの店頭掲示用ラミネート加工済みポスター、ロッテのガム、チョコレートが2袋の、計10名様に出血大サービス!
更に追加で仙台お土産・白松がもなかを1個ずつ計5名様にという、約4人に1人が何かしらの賞品をゲットする嬉しいビンゴ大会となりました。
ニ抜けしたお客さんが意外にもチョコレートを選んだので沼ちゃん「疲れてるの?」ちなみに最後まで残ったのはOOGAMANIAのポスターでした。…。
ビンゴ大会が終わったのに立ち上がらないお客さんに沼ちゃん「もうなにもありませんよ」別にそういうわけじゃないんですけどね。客席から笑いが起こり、なごやかに幕が閉じました。

今日は大地対郡司に尽きますね。大地はもう郡司なんて眼中にないのかと思ったらそうでもないんだなと。口ではああ言ってても。上ばっか見てたらそのうち足元すくわれるぞ。前は新人の郡司相手に無気力試合するよりも阿修羅対バッドボーイの6人タッグに放り込まれてボコボコにされてる方がいいなと思ったけど、こうなってくると郡司との試合の方が全っ然面白いわ。
4FW勢に関しては、別々に試合を組まれたことでそれぞれの特徴が少しずつ見えてきました。ピートは変人、ジェイソンは真面目。

来週末は日曜日のみ。昨日言っていた「新しい企画」も含めて楽しみです!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.03.24(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード