« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/03/17(日)みちのくプロレス「みちのくプロレス20周年記念イヤー第1弾」@仙台市ベストウェスタンホテル

仙台の新会場初めて来ました。仙台大観音の隣というものすごい立地。仙台市街地からは遠く離れているけれど、車の人には無料駐車場もあるこっちの方がいいかもね。
仙台の新会場での大会のお写真など見ますとどう見ても結婚披露宴会場かなんかなんですけど、本当に結婚披露宴会場かなんかでした。きらびやかな照明がまぶしい!
座席は、20人×4列×4方向が指定席、正面側だけその後ろに自由席が3列、更にその後ろが立ち見、という感じでした。単純計算すると500人で満員ですね。500人以上入れると立ち見の人が辛くなりそう。自由席は並んで入場しないと座れないかも。アクセル時代に600人コンスタントに入っていたことを考えるとやや手狭では?

売店は会場の外。
昨日チェックしそびれた日高郁人選手のブースをチェーック!吉田くんとのコラボストラップがあったのでうっかり買ってしまいました。日高選手はみちプログッズへのサインも快く引き受けておりました。
仙台市内のお菓子屋さん(?)の飲食販売もありました。そういえば会場に向かうときお菓子運んでた人に「こんにちはー」って挨拶されたけどここの人だったんですね。粒マスタードクッキーとかチーズトマトスコーンとか、しょっぱいお菓子(?)がおいしゅうございました。

昨日はなかったパンチさんの前説も今日はちゃんとありました。
「新日ではなくみちのくプロレスを選んでくださってありがとうございます!」「今日って新日なの?」という声が聞こえてきましたが。「新日も行く人?前売りは売り切れたらしいですからね」と業界の活性化を喜んでいました。
グッズ紹介では、徳島で販売された人生のマフラータオルやサイトでも告知されていた各種Tシャツなどが紹介されました。
更に20周年記念本の出版を予定しているそうで、宇田川さんが必死で編集中とのこと。「20年の歴史の集大成なので高くても買ってください。…実際は60ページくらいの予定です」
20周年アンケートについては「井上治とか引退した人の名前は書かないでくださいね」
例として「池田君とか」客「…?」「カレーマンとか」客「あー」「ハヤシライスマンって人もいたんですけどね」「あとマジックマンとか」見たい!
「私の結婚披露宴でマジックマンにマジックショーをお願いしたんですけど、披露宴の前に樽酒をがぶがぶ飲みやがってべろんべろんに酔っぱらってしまいして、マジックマンのマジックってたいしたことないんでよ。それなの全部失敗しましたからね!」

パンチさんの楽しいトークで会場が温まったところで沼ちゃん登場。昨日より胸元が閉じているような気が。
「旗揚げ戦翌日の17日は二戸大会でした。僕はTAKAとやってバトルロイヤルに出ました」沼ちゃんは記憶力がいいね。
それから、沼ちゃと同級生の畠山美由紀さんの新曲は故郷・気仙沼を想って作った曲のですので皆さん聴いてくださいという宣伝がありました。

しゃぼん玉に続いて選手入場。卍丸髪結ぶ位置がいつもより低い。
入場待ちの間、校長が沼ちゃんの帽子を取ってかぶる。似合う似合う。入場のためにロープを持ち上げている練習生の及川君にかぶせる。沼ちゃん及川君ひっぱたいで取り返す。及川君とばっちり。
選手が揃い、まずは東日本大震災の犠牲者に黙祷を捧げました。
今日もサスケの話は長かった!機能と同様20年を振り返って「プロレス会の100円ショップである私たちみちのくプロレスにとって…私今うまいこと言いましたね!降りてきました!私たちにとって盛岡と仙台の会場使用料はズバ抜けて高くて仙台での会場がなかなか見つからずに苦労しました。そんなときここの前身であるホテルニューワールドの担当の方が一緒にやりましょう!と言ってくださいまして、そのときの担当の方が北仙台にあるライブハウス・ペニーレーン(って札幌じゃないんだ?)の店長です。ペニーレーンでは齋藤惣一朗先生や井上昌己さんも出演していますので皆さんペニーレーンをよろしくお願いします!」隣で沼ちゃんが時間を気にしてソワソワしていましたが、止められる前に話が終わりました。
ボールの投げ入れを終えて選手退場。

1.15分1本勝負
○大柳錦也(6:45最強グランド卍固め)郡司歩×

この会場はすごいところから入場してくるのね。プロレスとのミスマッチにもほどがある。
昨日の対カツオよりはだいぶ様になってたけど、面白味は落ちたかな。
当たりが甘かったけどロープを回転軸に利用したキックとか、郡司は大地と比べると基本以外の技を出すペースが早いような気がします。それでちゃんと決まるのならばそれもアリだと思うけど、こうも失敗ばかりだともっと基本を大事にすべきだと思うのです。

2.20分1本勝負
ヤッペーマン1号&○2号(8:49回転エビ固め)新崎人生、カツオ×

軽量級対ヘビー級という面白いカード。
ゴング前からかなり険悪なムードのカツオと1号。人生の入場待ちの間、先に入場したカツオがコーナー付近から一歩でも動こうものなら「そっから出てくんな」カツオは「そんなルールあるのか?!」ってそんなこと訊かれても困るよねデュークレフェリー。
先発の1号とカツオはひとしきり手拍子を煽ってロックアップ。カツオはクリーンブレイクをアピール。でも「なにがクリーンだ!」とバラモン兄弟みたいなことを言う1号。試合中カツオがやたらと1号に騙されたみたいなことばかり言うので1号がどんどん悪い人に思えてきちゃったよ。こんなふたりのやりとりを見守る人生の表情の穏やかなこと。
それぞれタッチして2号対人生に。気合入れまくりの割にはなかなか組もうとしない2号。かかっていったところで地獄突き一発。2号がいくら軽量とはいえ成人男性を軽々と持ち上げる人生のパワーに驚愕しました。ヤッペーマンズふたりまとめての拝み渡りはやんややんやの大喝采。
見るからに不利な戦況もヤッペーマンズは自慢の連係プレーで盛り返していきます。
カツオをヤッペーマンピラミッドの体勢に捕えると「3号!」今日はいないよ!するとセコンド業務に就いていたマイトさんに「東北さん!」ええー?!戸惑いながらもリングインしたマイトさんはカツオの上に乗っかってとっほくポーズ!解放されたカツオは「なんだよコイツは?!」カツオの不遜な態度にヤッペーマンズはおおあわて。「おまえはみちのくに入ったばかりだから知らないだろうけど、東北さんは一番偉いんだぞ!」忘れてたけどそうなんだぞ!
続くエストレージャでもとっほくとっほく!カツオ「だからなんなんだよおめーは!」ヤッペーマンズ「敬語使え!」
数珠繋ぎブレーンバスターではカツオが「東北!来い!」しかしマイトさんはヤッペーマンズ側に付いて力を合わせてヘビー級の二人を投げ切りました!
マイトさんの協力を得て(?)試合の流れを掴んだヤッペーマンズ、しかしあわやカツオのヒップドロップの餌食にというところで運よく人生の脳天唐竹割がカツオに誤爆してすかさず丸め込んで3カウントをもぎ取りました!
勝ち名乗りを受けたヤッペーマンズはマイトさんをリングに呼び入れ、「ありがとうございました!」と一例。マイトさんも「今日は私のおかで勝てたね」とご満悦。「それじゃあいつものやりますか」で久々のとっほくとっほく!人生は誤爆したカツオの頭をナデナデ。
とっても楽しい試合でした!まさかマイトさんが絡んでくるとはね!

3.30分1本勝負
○バラモン・シュウ、バラモンケイ(10:02グランドコブラツイスト)ピート・ダン、ジェイソン・ラルッソ×

この会場逃げ場無くてひっさびさに水攻撃受けてしまった…まいった。
暴れまわったバラモン兄弟がようやくリングインした後、4FW勢が登場。さわやかにリングサイドのお客さんとハイタッチしてリングイン。
リングコールでシュウが小出しに水噴きしてて、傍から見れば笑えるけど身に染みて嫌だ。
ボディチェックではバラモンがジェイソンの股間のチェックを要請。「凶器チェックしろよ!」「なんか隠し持ってるだろ!」と絡む絡む。ケイ「ちくしょ~俺はコンプレックスなんだよ!」片方しかないしね。こんな絡まれ方したところでジェイソンは怒ることも恥らうこともせず、むしろ誇示する度量を見せてくれました。
ゴング前のやりとりから一転、ケイとジェイソンのまじめなグラウンドでスタート。
ケイはシュウとタッチ、ジェイソンは続投、しかしシュウが「(ジェイソン)こえーよ代われよ!」でしかたなくピートにタッチ。こちらはリストの取り合いでシュウがつぼ原人みたいなことになっていました。
場外ではシュウが客のジャンパーでピートにギロチン攻撃。「シャッターチャンスだー!」とサービス。
リングに戻るとピートにボーリング攻撃。でも「あいつ(ジェイソン)にやりたかったけどな!」とシュウ。
バラモンの洗礼を浴びてしまった4FW勢でしたが、終盤徐々に挽回を図り、連係プレーも光りました。
しかしここからが本領発揮とばかりに、標識をジェイソンの脳天に叩きつけるバラモン。このときのジェイソンのピヨリっぷりがナイスでお客さんの笑いを誘っていました。更に水噴きとパウダー攻撃のフルコースでバラモンのが勝ちを持って行ってしまいました。シュウの決め手珍しいね。
「ガイジンに勝ったぞー!」と勝どきをあげるバラモン。一角からはニッポンチャチャチャコールが発生。
4FW勢は散々な目にあったけど、バラモングッジョブ。新顔は早々にバラモンとやらせるべきですね。
しっかしとんでもねーキャラ付けされちまったなジェイソンは。

4.30分1本勝負
○日向寺塁、拳王、野橋太郎(12:23逆エビ固め)卍丸、ken45°、佐々木大地×

塁は久々(といっても二大会ぶり)に阿修羅として登場。
塁と卍丸の絡みに期待してしまいます。序盤、卍丸がリングに入ったときに控えにいた塁に挑発するそぶりを見せたんだけど、残念ながら対峙までは至らず。でもリング上が野橋対kenになったときにリング下で卍丸が塁を捕まえてボコッたり、卍丸は意識してるんだけど塁が乗っかってこないように見えるなあ。
野橋対kenの飛びつきフランケン&急所攻撃合戦は見どころのひとつですね!
例によって大地が捕まる展開だったんだけど、大地が再度リングインしてからは野橋が大地にまさかと思う場面が結構続いてヒヤヒヤものでした。上からの初勝利の相手が野橋だなんてカンベンしてよー!塁の師匠越えは感動的だったけど、大地はなんかいやだ…。
拳王が大地を抱え上げたので今日も拳王の羅喉が見れるかなと思ったらファルコンアローで塁につないで逆エビの体勢に、めちゃくちゃにブン回してタップを奪いました。エグイなあ。
大地には頑張ってほしいけどまさかと思わされるとやめてー!ってなるのは我ながらブレてると思う。大地には一刻も早く「何で勝てないのよ?!」と思わされるようになってもらわないとね!

休憩中、売店すっげー行列できてると思ったらサスケのサイン会でした。さすが!

5.「東北タッグ選手権」時間無制限1本勝負
○気仙・沼ジローラモ、ウルティモ・ドラゴン(11:35片エビ固め)ラッセ、剣舞×※気仙沼落とし
※王者チームは初防衛に成功

タッグ選手権でタイトルマッチ宣言っていっつもやるっけか?急きょ組まれたりすることもあるからあまり印象が無い。
そういえば昨日書き忘れてたけど沼ちゃんの入場コスチュームに校長ばりのキラッキラのマントとキラッキラの上着が加わりました。
リングコールでラッセがキレてたけどまた紙テープでも当たったの?それとも自分にだけ飛ばなくて八つ当たり?
ラッセは「正々堂々とやりましょう!」と握手を求めるも、校長に握手してもらえないかわいそうなラッセ。
んで正々堂々とか言っておきながら奇襲をしかけるラッセと剣舞。速攻で場外に落とすと剣舞トペコンラッセトペスイシーダの競演!
始まりは勢いよかったんだけどなあ。
沼二郎が頭突きとヒップアタックで猛反撃。ラッセは「沼二郎の尻壊す」と息巻くも蹴っ飛ばした足が痛い。剣舞も痛い。
校長に代わるとドラゴンスクリューだのなんだの散々にやられるラッセ。剣舞も校長の「ちょっと待った!」にうっかり停止。追い込まれるラッセと剣舞。
沼ちゃんに変わった時がチャンスとばかりにラッセはトップロープからアトミコ、剣舞はタランチュラ。
ラッセに羽交い絞めにされた沼二郎めがけで剣舞がミサイルキック!その勢いを利用してラッセがナイスジャーマン。しかし3カウント取れず。
沼ちゃん校長に促されてダブルでアサイDDTに挑む、ブレーンバスターで返されそうになるも校長のアシスト受けて成功。
勢いに乗って剣舞を気仙沼落としで沈め見事防衛。がっくし。
校長と沼ちゃんがベルト持っててもあんまり面白くないんだよなあ。タイトルマッチでもこういう試合になっちゃうし。タッグ戦線が盛り上がらないって嘆いたってこれじゃあ仕方ないような…。もう誰でもいいから校長からベルトひっぺがして!(沼ちゃんはべつにいいの…)
さて校長劇場は…と思ったらあれ退場しちゃったよ?!校長のマイクが無いなんて前代未聞じゃないでしょうか?!

6.「東北ジュニアヘビー級選手権」時間無制限1本勝負
○フジタ"Jr"ハヤト(17:35K.I.D)日高郁人×
※王者が3度目の防衛に成功

リングインしたハヤトは日高選手の元に直行して額くっつけて睨み合い。しょっぱなから火花飛ばしてます。
ビックリしたのか日高選手の人気!紙テープもハヤトより飛んでたし、ゴング直後の歓声も日高選手の方が圧倒的。みちプロに参戦してたから思い入れのある人も少なくないでしょうけど、それにしたってよ。日高選手のファンが多数駆けつけたのかなんなのか。対中嶋戦はこんなかんじじゃなかったと思うんだけどなあ。
スタンドの格闘技っぽい立ち上がり。日高選手を場外に落としたハヤトが、エプロン上でのランニングキックを日高選手がかわすと今度はハヤトが足元すくわれそうになるのをかわしてというめまぐるしい攻防。素晴らしい。
日高選手が強烈な一撃をハヤトの左膝に当てると一点集中攻撃。どんどん動きが鈍くなるハヤト。
ほぼ一方的な攻撃を耐え忍び、チャンスを掴んで反撃へ。日高選手も多彩な技で応戦。
日高選手がハヤトからダウンを奪うも、無理矢理起こしてカウントを止めってってまたこの展開…?案の定のK.I.Dはエスケープ。
何度もキックの相打ちの末ダブルダウン。ハヤトコール発生。同時に立ちあがり試合続行。
一瞬の隙をついてハヤトが二度目のK.I.D!日高選手、ハヤトをマットに押しつけてほどこうとするもハヤト離れない!ついにタップ!
防衛したああああああああああ!あーあ。日高郁人でもダメだったかー。今度こそ落とすと思ったんだけどなあ。
しかしハヤトが勝てば勝つほどハヤトの魅力がなくなっていくってどういうことよ…。なんかもうK.I.Dさえあれば誰にでも勝てるんじゃねーの?っつー…。
いや、あんなにボコボコにされてるのにどこにそんな力が残ってるんだって思わされるのはハヤトの魅力だとは思うんだけどね。とくに終盤のキックなんて魂削ってるとしか思えないし。
でもっ!これまでで一番面白い防衛戦ではありました。会場の熱もすごかったし!日高郁人選手の「名勝負製造機」は本当ですね。

さて勝利者マイクです。
「日高に一度勝ったくらいで終わりなんて思ってないから。またバチバチのやりすぎくらいがちょうどいい試合をしましょう!」
「みちのくプロレスが20周年、俺がみちのくに入ってから10年、俺たちが戦っている姿を見てみんなが元気になるなら俺は命をかけて戦う。俺やバッドボーイを嫌いって人もいると思うけれど、そういう奴らを絶対に後悔させてやる。だまって俺についてこい!そうすれば絶対に復興します」音楽で世界平和くらいスゲーこと言ってんなハヤトは。
ハヤトは四方に礼をして、バッドボーイとともに退場していきました。

二大タイトルマッチには頭を抱えてしまいましたが、トータルでは楽しい大会でした!
第2試合はみちプロお得意の楽しいプロレスここにあり!という感じで最高でした。第3試合もバラモンさすがとしか言いようがない。
やっぱ仙台盛り上がりますね。一部だけじゃなくてあっちからもこっちからもよく声が上がってます。そりゃ選手もハリキルよね。

ライバルを倒し、先輩からも勝利したハヤト。これまで勝ちが見えなかったけど、別の意味で負けが見えなくなってしまいました。なーんかもう次の相手なんて誰でもいいやあ。
東北Jrも東北タッグも私の中では停滞中です。
プロレス観戦記 | CM(4) | TB(-) 2013.03.17(Sun) 23:59

コメント

>リングコールでラッセがキレてたけどまた紙テープでも当たったの?

ご明察です。
沼先生コール時に投げ入れられた紙テープ当たる→紙テープ巻き取りに協力 という、
非常に紳士的な対応をなさっていました。が、プリプリしていたとは思います。

2013.03.20(Wed) 13:11 | URL | #-[ 編集]

Re: タイトルなし

つぶさに見ていらしたのですね!ご教示ありがとうございます。
紳士的…というよりも邪険にしているように見えました^^;
…ハッ!これがツンデレってやつですか?!
ラッセ「べ、べつに片付けてあげてるんじゃないんだからね!邪魔なだけだからね!」
しかしラッセはよくモノに当たりますね~。宝くじでも買ってみたら?ってくらい。

2013.03.20(Wed) 23:30 | URL | nisui #-[ 編集]

多分「ああんもう!!片付けやるわ!」プリプリクルクルカサカサ みたいな感じで一刻も早く
テープをやっつけたかったんだと思いますw

前々回の仙台だったか、「1号ー!」チャントの後「ラッセー!」になったとたん、
一瞬だけ照明が落ちるという神がかり的なこともありました。
この選手には何かある。

2013.03.21(Thu) 11:22 | URL | #-[ 編集]

Re: タイトルなし

ラッセの番になった途端に照明が落ちるなんてそんなドリフな。
またラッセ伝説がひとつ増えてしまいましたね~。
笑いの神様そろそろ彼を見放してやってください。

2013.03.21(Thu) 22:52 | URL | nisui #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード