« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2013/02/16(土)みちのくプロレス「道場プロレス2013・2月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

受付の宇田川さん、えらいはりきって「いらっしゃいませー!」って言ってたけど、どうしたの?
客入れBGMはガンズ。L.A.Gunsじゃないよ!Guns N' Rosesだよ!ランディの曲久々に聴いた。

本日の沼ちゃんの入場曲は仮面ライダークウガの曲。「今日はオダギリジョーさんのお誕生日です」オダジョーに関するウンチクを喋るも「反応ありませんね」ええ、ぶっちゃけ興味ないですから。しかし沼ちゃんとオダジョーが三歳しか違わないというのにはビックリです。「オダギリジョーさんお誕生日おめでとうございます。このメッセージは絶対に本人には届かないと思いますけど」
どうでもいいけど沼ちゃん下にコスチューム着用済みのようで、ニーパッドのふくらみが気になりました。結構無精ですね。
いつもの告知と…そういえば第2回の観戦記に書いた矢巾大会のセミのカードがひでえ記憶の捏造でございました。セミは卍丸大地組対拳王野橋組で、その他4FWの留学生も出ますというのがごっちゃになってました。いや、これ言い訳だけど、はじめは卍丸大地組対拳王野橋組で書いてたんですよ。セミにはバッドボーイ対阿修羅の6人タッグが相応しいだろうけど南野欠場ゆえこのカードしか組めないのだなと。で、あれ、4FWの話してたはず…と思い直して書き直してしまったのです。本当ですよ!
それから大会終了後マウンテンキングで沼ちゃんと大柳先輩を囲んでのプチ交流会が行われるとのこと。
「試合後は郡司特製ビーフシチューを振る舞います。宇田川さんがブログで郡司のシチューはおいしいって書いたからか、食べてみたいその日に行きたいってすごく言われるので今日はお客さんいっぱい入るかなと思ったんですけど…そうでもないですね」「今日は静かですね。歌います」でしゃぼんだまへ。手拍子がバラバラ~。「今日は皆さんも一緒に歌いましょう!」だったけど例によって誰も歌わず。「ゆらりゆらゆらとふわりふわふわだけでも歌ってくださいね。そういう(みんなで歌う)曲なんだけどなあ」とチョッピリ悲しそうな沼ちゃんでした。
本日のジャンケン大会は賞品ドッサリ!ふく面ワールドリーグ戦のTシャツが2種類と、ゲイラカイトが4個、お菓子が4個の計10名様に!「賞品が多いと時間がかかりますね」そうですね!

1.10分1本勝負
○日向寺塁(9:57逆エビ固め)カツオ×

耳慣れない入場曲に「誰?」の声も聞こえてきましたが、本日より参戦のカツオが登場。続いて流れたのは塁の曲!おお!シングルマッチか!これは楽しみなカードです!塁がリングインしてアピールのためにコーナーに昇ろうとしたら足を滑らせてよろけてしまいました。それをカツオがからかうと、塁はセーフのジェスチャー。マイトレフェリーはカツオの角もしっかりチェック。試合前から笑わせてくれます。
ゴングが鳴り、声援にいちいち応えるカツオ。「カツオー」というかわいらしい声援に「はいよー」と優しく応えると続けて塁が「うるせえー」ヒドイやつだな!
序盤の手の内探りあうようなじっくりとした展開にシリアスな試合も少し期待してみたのですが、意外と(?)コミカルな試合になりました。というか、塁がカツオの体重にあきらかに苦戦していて、単に持ち上がらないというだけでなく、引き起こすにしても手が外れてしまったり、持ち上げてコーナーに激突させるのも往復なんかできないし、でもそれをうまい具合に笑いに持っていってましたね。みちプロの中じゃパワーファイターの塁がなかなか持ち上がらないというだけでも盛り上がるし、そこで塁も「重い…!」とか言っちゃうから笑っちゃうし、んで持ち上げると更に盛り上がると。
カツオもただのデブじゃないってのがわかるから塁の苦戦も尚更という説得力があるんですよね。とにかく張り手の音も威力もすごいし、コーナー串刺し攻撃のために対角コーナーに走ってコーナーにぶつかったときのリングの揺れにはビビリましたよ。ホント、リンクが数cm動いたんじゃないかというくらい。
他にも塁はカツオの角を掴んでヘアホイップしたり、頭掴んでコーナーポストに叩きつけるのを何往復もした後に「ちょっとは痩せたんじゃねーか?」なんて言ったり、カツオのキャラクターを捉えて盛り上げてました。今日の塁は口が達者だ!
(たしか)初のシングルマッチということで結果は読めなかったし、残り時間も少なくなりこりゃ引き分けでお茶を濁すかなー?なんて思ったりもしましたが、カツオが塁をマットに叩き付けてコーナーポストに昇って客にアピールしている間に塁が対角コーナーまで移動してカツオコール先導して、カツオが果敢に飛ぶも届くわけなく自爆、そこをすかさず逆エビで仕留めるという茶番で勝負がつきました。ま、まあ、まともに勝負をつけなかったのは次回があるということでしょう。ひとりリングに取り残されたカツオは人差し指立ててましたし。
なーんかこの二人、良き(?)ライバルになりそうな予感がします。体重差はあるとしても同じような身長だし、シリアスもコミカルもできるし、コミカルやっても生真面目さが滲み出ているのも共通点か。この二人にしか出せない空気を感じました。塁坊、いい相手が見つかったんじゃないの~?

2.15分1本勝負
○気仙・沼ジローラモ、大柳錦也(14:34片エビ固め)佐々木大地、郡司歩×※ダイビングギロチン

大地の曲で郡司→大地の順に登場。沼ちゃん大柳組の入場を待つ間、大地と郡司は頭を寄せてヒソヒソ。ということで案の定Wのドロップキックで奇襲。
暫く郡司の孤軍奮闘となるわけですが、相手が相手なので対阿修羅のようにとっ捕まるという感じではなく、郡司は逃げずに戦っているんだな!という目で見ていたのですが、個々で相手していた沼ちゃんと大柳組が連係プレーを出し、沼ちゃんの頭突き二連発が出て、すごいバカにしたやり方でフォールしたあたりで、ああこりゃ捕まっちゃってるなと。
自力で自コーナーに戻り大地にタッチすると、大地は挽回すべく猛攻。郡司と組むと大地もフォローする側になるんですよねえ。しみじみ。大地の猛攻は文字通り、息もつかせぬがむしゃらな攻撃。ペース配分とか、後先考えてないだろうけど、この勢いはいいと思います!郡司との連携も1日目よりはスムーズだったと思います。ドロップキック→ノーザンライトの繋ぎが悪かったり、粗はまだまだあるけれど。
大地郡司組も沼ちゃん大柳組も連係プレーの連続で、終盤の展開にはこれぞまさしくタッグマッチ!という面白い展開でした。フィニッシュも連係プレーだったしね。この試合はタッグマッチの教育マッチだったのかもしれません。

3カウントを取られた郡司はリングで大の字、大地はリング下へ。沼ちゃんはマイクを持ちます。
「なんで負けたかわかるか?お前たち元気が無かったぞ!」といきなりのダメ出し。
「こっちは連係プレーがうまくいったのもあるけれど。戦ってみて俺はそう思いました。大地は反省しろ!」と手厳しい。
「今日は勝ったから色々言えるぞ!」とノリノリの沼ちゃん。
「お客さんが望んでいるのはお前たちの成長なんだ。お前たちが強くなってかっこよくなれば見にきてくれる人も増えるだろ」
「お前たちみたいな下の世代が上がって来れば俺やサスケ社長みたいに20年もやっている選手ももっと練習しようって気になるんだ」
ここのところセコンドとして励ましの言葉をかける沼ちゃんからのお説教でした。沼ちゃんのお説教はいいなあ。でも私は今日の大地と郡司よかったけどなあ。とくに大地はがむしゃらさが出ててよかったけどなあ。連係プレーもがんばってたし。
「郡司、お前ツライだろうけどビーフシチューのところに行け。立ってるだけでいいから、お前が作ったとわかるように」沼ちゃんに促されてリングを降りた郡司はそのままビーフシチューのところにいくかと思ったら退場してしまいました。
締めの段階に入ったので大地も退場、晴れ晴れとした表情の沼ちゃんが「不滅だー!」で締めました。
「郡司が帰っちゃったので、ビーフシチューはカツオにお願いします」本部席にいたカツオがビーフシチューのところへ、間もなく郡司もTシャツを着てビーフシチューのところへ行き、郡司がよそってカツオが手渡しすることに。カツオめっちゃ感じ好かったです。大地は見習うように。
郡司のビーフシチューは牛肉たっぷりでホントにおいしいんですよ。
出入口では今日も沼ちゃんがカルビーポテトチップスコンソメパンチの試食品を手渡しでお見送り。いつもごちそうさまです!

拳王と野橋がいなかったからか、ライトな雰囲気でした。ライトって、軽い薄いというより明るい感じ。
塁と拳王がヒールターンしてからは大釜でもすっかりヒールがいるのが当たり前になっていたのでこういうのも久々でしたね。いやっ、4FW勢参戦してたときはそうでもなかったかな?でもアリがヒール志向だったからなあ。
物足りないといえば物足りない気もするけど、こういうのが見れるのも道場プロレスならではってことで。結局いつもと同じような結論で締めたいと思います。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.02.16(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード