« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/02/11(月)みちのくプロレス「道場プロレス2013・2月シリーズ・第2回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

一日空けての第2回。
BGMから女性ボーカルの入場曲に切り替わってもなかなか出てこない沼ちゃん。なにかトラブルでもあったのかしら?ようやく出てきました。入場曲は沼ちゃんの同級生でもある畠山美由紀さんの「わが美しき故郷よ」とのこと、震災復興後に故郷を思って書いたというこの曲を一ヵ月後に震災から丸二年を迎える2.11に聴かせたかったのですね。
昨日と同じく今後の予定と売店と徳島ラーメン人生盛岡店の宣伝。カレンダーの見本もありますよと。3月まで受け付けてるそうです。
それから「もうすぐバレンタインですね。今日が一番近い大会ですが…期待してるの私だけ?他の選手は期待してないの?」と遠まわしな催促がありました。会場の反応の薄さを見るにあまり期待できなさそうですが。
「今日も心をこめて歌います」のしゃぼん玉は「みなさんもっと大きく手拍子をお願いします!」に戻っていました。
続いてオオガマックスとジャンケン大会。本日の目玉商品はCWAというイギリスの団体のTシャツ。イギリスではレスリングのことをキャッチと言うのだそうです。その他お菓子が2個の計3名様に。いつもなら真っ先に貰われていくTシャツが最後まで残っていました…。
「人気無いなあ~レアなのに…」と沼ちゃん。
ジャンケン大会終了後、練習生の及川君がメモを沼ちゃんに渡しました。「これ本決まり?発表していいの?3.16矢巾大会のメインとセミのカードが決定しました。メインはフジタ"Jr"ハヤト、ken45°対日高郁人、日向寺塁。セミは卍丸、佐々木大地対オーウェン・フェニックス、ピート・ダン」メインは翌日仙台大会の前哨戦ですね。セミは意外なカード。南野が欠場中だからバッドボーイ対阿修羅の6人タックが組めないのはわかるけど、よりによって4FW勢をセミに置くとは。せめて対拳王野橋組にならんかったか。オーウェンはともかくピート・ダンは第一戦でしょう?あんまり期待できない…。20周年記念大会のカードにしては現在進行形のカードが並びましたが、現在進行形でファンの私としましてもメモリアルな試合も見たいぞ。メインでかつてのみちのくザベストのような試合を組まれてもアレですが。他のカードに期待しましょう。拳王と野橋がどこに組まれるのかも気になるところ。

1.15分1本勝負
○拳王、日向寺塁(11:50片エビ固め)気仙・沼ジローラモ、郡司歩×※羅喉

レフェリーは大柳先輩。レフェリーシャツ姿久々に見たけどほんっとによく似合うね。
そういえば郡司が三方に「しゃす!」しなくなった。正面だけになった。阿修羅の入場を待つ間コーナーでなにやらヒソヒソ。阿修羅がリングインするなりWのドロップキックで奇襲!成功したものの、反撃を食らってしました。しかし勢いに乗って沼ちゃんが塁を責める責める。この勢いを郡司にもうまく繋ぎたいところですが、そう簡単にはいかず…。沼ちゃんも加勢して拳王に張り手の打ち合いを挑むも、拳王に打たれるたび郡司は苦悶の表情で腰を屈めてしまいます。今日も今日とて背中への強烈な蹴りを食らってしまいました。
いつもなら郡司が捕まってしまうのですが今日は沼ちゃんが捕まってしまいましたね。日向寺からの逆エビを食らいそうになったところを郡司がカットに入る場面もありました。このとき沼ちゃんへの声援のよりも「郡司!郡司!」って、行け!みたいな声援が多くてちょっと笑ってしまいました。郡司がら空きだったもんね。チャンスだったよね。
沼ちゃんは捕まった上にレッグドロップよけられるわ場外プランチャよけられるわ気仙沼落とし抜けられるわ散々。塁からはブレーンバスターまで食らってしまいました。
沼ちゃんは受けっぷりが光りましたが、郡司は珍しく攻撃の面で「も」光っていました!ドロップキックやミサイルキックの基本的な攻撃もしっかり当ててきました。終盤の攻防では、切り返して、えっ、まさかここからヘッドロック?と思ったらフェイスバスター?!郡司も予想外の動きができるようになったじゃない!沼ちゃんとの連係プレーも大地とよりもスムーズな感じ…。沼ちゃんがうまくリードしてるのかも知れないけど。
塁もあまり見ない(見たことないかも)顔面めがけての低空ドロップキックを放ったり、みんなできることがどんどん増えてるぞすごいなあと感心しました。しかしこの試合で塁よりも郡司よりも驚かされたのが拳王!拳王も打撃一辺倒だった凱旋直後に比べてプロレスラーらしい技がどんどんできるようになってきたなあと思ってたのもずいぶん前の話。さすがにここ一1年くらいはそういうのもなくなってました。あるとしてもフットスタンプのバリエーションだし…。
終盤、郡司対拳王。ドラスプをクリアされるとアンクルホールドへ移行。塁のガードを振り切って沼ちゃんがカット。続くファルコンアローでフィニッシュと思いきやまさかのクリア!すると拳王は郡司の腕を胸の前で交差させてラストライドのように持ち上げる!そしてファルコンアローのような体勢で郡司を回転させて叩きつけたー!すげええええええ!なんだこの技?!これがフィニッシュとなりました。まさかの新技に場内騒然。いつもなら落胆してしまうような結果ですが思わす拍手喝采ですよ。いやビックリ。新技に興奮しすぎて前後不覚。
もうね、正直、拳王には塁ほどの成長は期待してなかったんだ。でも拳王もまだまだじゃん!嬉しいー!
こんなって言うのも失礼な話だけど、道場プロレスで初披露しちゃって良かったの?本当に道場プロレスは「実験の場」なんだなあー。
驚きの連続でとにかく面白い試合でした!場外乱闘やラフファイトで面白がっているような人にこういう試合見てもらいたいホントに。
追記。試合結果出ました。拳王の新技は「羅喉」。技名で検索しても出てこないし、ムーブのキーワードで検索してもそれらしい情報は出てこないから(ライオネス飛鳥選手の「LSD」が近いかな?)、オリジナル技のようです。オリジナル技初披露に立ち会ったのは初めてかも。剣舞の厳鬼はオリジナルじゃないし。kenで何かありそうな気もするけど。
う、嬉しい。
多用するには派手な技だからここ一番の必殺技として定着すればいいな。

2.10分1本勝負
○野橋太郎(8:25ラクダ固め)佐々木大地×

「大釜の英雄・野橋太郎」ってリングコールされたんだけど、いつもだっけ?
前回、大地も先輩とそれなりに戦えるようになったんだなあと感心したはずなんだけど…。
野橋がグラウンドやら極め技やら基本ムーブだけでギッチリ攻め立てて打撃戦やロープワークに持っていかせない。初っ端からこんな展開で大地キツイね。ようやくその展開を脱したはいいけど、野橋の倒れ込みヘッドバッドよけるし、コーナー串刺しエルボーもよけるし、二度もよけるとなあ~。その後反撃に成功しても素直に手を叩けない。プロレスラーだろうが。野橋は大地の攻撃もきっちり受けるから対比で余計にね。
攻め手に転じた大地はノーザンライトに裏投げに、首4の字に固めてローリングクレイドルのように回す大技を連発。技をよけてしまうのも大技連発も余裕の無さゆえと見えてしまう。本当に対照的な二人です。
なんかもう、予備動作無しの頭突きとか、終盤の野橋はキレてるようにすら見えました。キャメルクラッチに捕えられた大地、粘りを見せてあとちょっとでロープに届くというところで野橋が絞り上げてタップ。裏の裏を書かれた感じで拍子抜け~。
試合後の野橋は両手を広げてやれやれみたいな素振りを見せました。なんだか期待はずれだったように見えましたね。「もうちょっと粘ると思った」とか「なんだこんなもんか」とか。勝ち名乗りを受けた野橋は大柳先輩を指差して何やら言っていました。「ちゃんと教育しとけ」とかそんなことかな?
大地って郡司に比べると全然器用なんだけど、うまくこなせる分、大技を出せば出すほど小手先に頼っているようにも見えてしまいます。これって損だよなあ。大地にも郡司みたいな気迫や表情があればいいんだけどそれがないんだもん。不器用でも気迫と表情を持ってる方が魅力的だもんなあ。大地の試合は悪くないんだけど、グッとこない。

本日も沼ちゃんがマイクを持ちましたが「大地に締めていただきましょう」おお、試練じゃん!「盛り上がるかどうかはお客さんの反応にかかってます」と助け舟を出す思いやりも忘れません。マイクを握った大地は「いい試合なんて関係ねえ!今年こそ絶対に勝つ!」と言い捨てるとマイクを投げ捨てて退場。お客さん苦笑い。沼ちゃん「大地…おまえまさしくバッドボーイだな」とナイスフォロー。「こんなんじゃしまらないので」と、「来週からはみちのくプロレスに入団したカツオも参戦します」と次回の告知をして、あらためて「不滅だー!」で締めなおしました。

本日のお振る舞いは甘酒。いつもならすぐ行列なのになかなか並ばないお客さん「みんな甘酒いらないの?」そんなことありませんよ!甘酒って夏バテに効くんですって!今冬だけど!
昨日書き忘れたけど、売店にはOOGAMANIAブースというか野橋ブースもありまして、OOGAMANIAグッズや他団体のDVDなどが並んでいました。そういえばみちプロブースでもDVDを1000円でディスカウントセールしてましたね。九龍解散阿修羅誕生がもう1000円になってましたよ。早いよ。
出入り口では沼ちゃんが昨日と同じくカルビーポテトチップスコンソメパンチの試食品を手渡しでお見送りに立ちました。

初日が一番良かったなんてことになったらどうしよう!というのは完全に杞憂でございました。
私としましては、道場プロレスにおける拳王の存在ははっきり言って二の次なんですよ。大地と郡司が主役なんですよ。道場プロレスは成長の場として見ててるところがあるので。塁なんかは、あーなんか色々やってみてるなあーとは思うんですけど、拳王はとくにそういうのが無いから、見どころが無いというか。あと、拳王が大地や郡司とやっても全然映えないのよね。差がありすぎるから当たり前なんだけど。かといって沼ちゃんや野橋みたいに相手を立てるような試合もできないし、大柳先輩や塁みたいに教科書みたいな教育試合もできないし。本当に見どころがない。いつも「拳王強えー当たり前だけど」みたいな感じ。
だから拳王にこんな興奮させられるとは思ってもなかったです。本当に。拳王だって色々考えてるんだなあー。拳王もまだまだ成長するのかと思うとワクワクが止まりません!

500円で2試合。ワンマッチのときもある。なかなか足が伸びないかもしれませんが、こういうのがあるからやめられないんですよ道場プロレスは!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.02.11(Mon) 23:48

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード