« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

二番手

(ギリギリ)今週の週プロに先日の仙台大会の日向寺塁対卍丸の試合レポートが載っていました。注目は卍丸の発言。

卍丸が語ること自体が珍しいんだけど、卍丸が塁に注目&評価していたとは露知らず。
卍丸の言うとおり阿修羅のトップは拳王だし、塁は拳王とハヤトの間に割って入れてない。
塁は拳王やハヤトよりもよっぽどプロレスラーだし、東北Jr獲ったことあるんだから実績でもひけを取っていないのに、それでも「二番手」なのはなんなんだろう?
まあ…華がないのは認めざるを得ない。あと、間が悪いとか、会場の空気が読めないとか…。このように問題点がぱっと思いつくということは、まだまだのびしろがあるということですね!
九龍にしろ阿修羅にしろ同門にエースがいるってのは不幸なことかも。塁はベビーターンして正規軍を引っ張る存在になるってのもアリかもね。塁はヒール合わないと思うんだよなあ。いっしょうけんめい悪いことしようとしているところは好感が持てるんだけど、ベビーの方が魅力を発揮できると思うんだよね!卍丸も言ってたけど、塁は余計なことしなくていいしする必要がない。ああやっぱりベビーターンしないかなあああああ。
阿修羅のツートップになるにしろベビーターンして正規軍を引っ張る存在になるにしろいずれは三つ巴になってほしいですね。って言い始めて何年経つんだよ…。

卍丸本人については、野心があることにちょっと驚いたしなにより嬉しかった。いつかは東北Jrに挑戦してほしいというのはずーーーっと思ってたことだけど、本人にその気がなさそうだと半分諦めてたので。
卍丸がこうして我を出したことによって、卍丸にとって南野とハヤトは足枷になってるんじゃないかと思い始めたり…。南野がいるからタッグに集中しなければならない、ハヤトは同門だからターゲットにはできない、なんて。
まあ、南野はタッグ宣言以降も東北Jrに挑戦してるから、お互いやりたけりゃどうぞって感じだろうけど、ハヤトはどうなんだろう?別に東北Jrは同門では行わないという決まりもなさそうだけど(正規軍時代の拳王対サスケがあるし)、基本同門対決は行わないから前哨戦組めないのがネックか。
じゃあ袂を分かつかとなると、南野にしろハヤトにしろこのふたりと卍丸が離れる絵がまったく浮かばない。とはいえkenはバラモン兄弟と離れたもんなあ。ありえないことはないんだろうな。

これは一度も思ったことがなくて今回初めて思ったことだけど…卍丸と塁が組むのってアリ?思ってみたけれど現実味がない。そもそもこのふたりにストーリーを感じてなかったんだから当然か。

こりゃいよいよ卍丸が行動を起こすんじゃないか、卍丸と塁とのストーリーが始まったんじゃないかと期待が膨らむ記事でした。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2013.02.05(Tue) 22:18

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード