« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

トゥーナイ↑トゥーナーイ↓

劇団四季「ウェストサイド物語」を見てきました。
人生初のミュージカル鑑賞です。小学校の鑑賞会でピーターパンを見た記憶があるけどあれがミュージカルだったかは謎なので人生初ということで。生でじゃなくて映像ですら見たことないんじゃないかなあ?映画を見たらたまたまミュージカル映画だったってくらいミュージカルとは縁がございません。
そしてウェストサイド物語も幼少の頃に見たことあるようなないような、内容なんてモチロン覚えてないのでこれ幸いと。

会場は1000人規模の常設会場。ロビーからしておハイソな感じ~。
ホールに入ってビックリ、ミュージカルの音楽って生演奏なんですね!!!ミュージカル見たことある人にしてみりゃ「何言ってんの?当たり前じゃん」という感じでしょうが。それも舞台の下にオーケストラピットがあって衝立で見えなくなってるの。なんか…すごい仕事だなあと思いました。
お客さんは女性が圧倒的に多いけど、男性もチラホラ。カップルだけじゃなくて一人で見に来てる若者もいて、こういうの一人で見に来る男の人ってどういう人なんだろう…?なんて思ってしまいました。
ポップスやロックのコンサートと違って着席で鑑賞するわけですが、前傾姿勢になると後ろの席のお客さんの鑑賞の邪魔になるから深く腰掛けてゆったりと鑑賞してくださいと再三注意がありまして、ナルホド、前方の客が前傾姿勢なられると邪魔!しかもそういうお客さんには係の者がちゃんと注意に来るんですよ。徹底してるなー。

さてミュージカルの方はといいますと、そもそもどんなお話か知らなかったので、最初のシーンはオヤジ狩りでも始まるのかと思いました。実際は、プエルトリコ系ギャング団のリーダーがアメリカ系ギャング団に絡まれるというシーンなんですけどね、彼が年相応に見えなくて…。ヒロインのお兄さんなの?お父さんじゃないの?と思っちゃったり。
しょっぱなから「ええっ?!」という感じでしたが、歌もダンスも素晴らしかったです!ダンスバトルっぽいシーンが多くて燃えました!トニーとマリーアが歌で想いを伝え合うバルコニーのシーンは鳥肌が立ちっぱなし(誤用)でした。
ミュージカルはちょっと…という人がよく言う「いきなり歌い出す」も別に気になりませんでしたね。セリフまわしも独特なんだろうなと思ってたけど気になったのはマリーアくらいだったし。
二階席からの鑑賞はさすがに舞台からは遠いけれど、フォーメーションも楽しめるという利点がありました。舞台の床が傷だらけなのもバッチリわかりました。過酷なんですね~。
なにげに感心したのが場面転換。暗転してゴロゴロゴロ…という音が聞こえてすぐにまた照明が点いたときには全然違う場面に変わってるんでもの。一体どういう仕組みなんだ??

少々ネタバレっぽくなりますが、ウエストサイド物語があんなに暗くて重いお話だとは知りませんでしたよ…。映画の有名なシーンだってダンスのシーンだし。ミュージカルって最後はみんなで歌って踊ってハッピーエンド!と勝手に思い込んでいたので、まさかあんな終わり方とは…。サタデーナイトフィーバーを見た時と同じような衝撃でした。
衝撃的な幕切れだったのに、カーテンコールっていうんですか?それがしつこくて、つい笑っちゃいました。周りのお客さんもクスクス笑ってたから笑っていい場面だったと思います。

いやはや興味本位で行ってみたのですが、思いのほか満足できました!上演時間三時間というのは私にとってはなかなかの苦行ではありましたが。
ほぼ毎日なんかしらやっているみたいですし、能みたいに予習も要らないので、ヒマなときにふらっと行ってみるのもいいなと思いました。
いつかはオペラ座の怪人が見たいなあ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.12.26(Wed) 23:14

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード