« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/11/25(日)みちのくプロレス「今年最後の道場プロレス・最終日」@滝沢村大釜幼稚園体育館

4FWからの留学生オーウェン・フェニックスがひとまずの日本ラストマッチを迎えることとなりました。それを見届けるべくたくさんのお客さんが集まりました。
プリプリの武道館から帰ってきたようで、受付は宇田川さんに戻っていました。

前略、沼ジローラモの挨拶。オーウェンの件と「今年の道場プロレスは今日が最後ですが、来月はOOGAMANIAがあります」と簡単に告知。
「初日に来たお客さんは知ってると思うけどジローラモあるあるを…」またその話か!なにやら有名な演歌(忘れた)の節で途中まで考えてきたとか、「パンツェッタ・ジローラモさんあるあるよりは劣る」だいぶ期待できません!「ジローラモあるあるはやく言いたい」とホントのホントに途中までで披露する意味無かったんじゃないかと。いつか完成版を披露するそうです。
「マウンテンキングはみかんと、柿もあるの?手袋も?お金も貸してくれるそうです。ポップコーンが半額です。今日終ったらゴミになるだけですので協力してください」「今日は歌の後にビンゴ大会をやります」おなじみしゃぼんだまを披露、「今日はみんなで歌いましょう!」歌い終わると「歌ってくれた人?」結構手が挙がってたけど「ホントかなあ?」ねえ?
続いてビンゴ大会。進行役のマイトさんの登場に合わせてみちのく一人旅が流れます。音響さんいい仕事してます。
本日の景品は、リングスタッフTシャツ、第4回ふく面ワールドリーグ戦Tシャツ、イラストカードとチロルチョコとフーセンガムをセットで、それから3種類のお菓子を各1名ずつ。という、数は多いがバラつきのある景品でございました。終盤になるとビンゴ続出で景品が追加されるのもいつものことですね。本日の追加景品は大柳先輩のおみやげかしら?青森のスパーリングリンゴジュースでした。
リング上からホワイトボードを降ろすときに真っ逆さまにしたせいでボードが外れるという惨事もありつつ、リング上を片付けて試合開始。

1.15分1本勝負
○大柳錦也、気仙・沼ジローラモ(11:50最強卍固め)佐々木大地、郡司歩×

後楽園大会の第1試合に登場する越境タッグがひと足お先に道場プロレスにお目見え。
郡司が先発、沼ジローラモと大柳と立て続けに手を合わせ、大柳との張り合いでだいぶ消耗するも、勢いで自コーナーに押し切り、大地とタッチ。
沼ジローラモは大地にヒップアタックと頭突きをお見舞い。沼ジローラモ大地へのあたりがキツイ!
若い二人は、大柳の強烈なエルボースマッシュや沼ジローラモのダイビングヒップアタックに苦しめられるも、トレイン攻撃に、ダブルでブレーンバスターとフェイスバスターと、好連携を見せます。
大地はノーザンライトスープレックスホールドに裏投げ、郡司はミサイルキックにブレーンバスターと、大技もバッチリ決めました。
更に郡司は不知火らしきものを敢行!!!おもいっきり崩れちゃって未遂に終ったけど!郡司にはまだ早いってことか?!その心意気やよしだけど基本を大事に!
連携でも個人でもかなりの奮闘を見せた若い二人でしたが、郡司が大柳先輩に捕えられ、沼ジローラモにガッチリガードされたためカットに入れず、無念のギブアップ。
タッグ解消して久しいですが、沼ジローラモ大柳組はまだまだ余裕ですね。しかしながら若い二人の好連携に期待が膨らみました。

2.オーウェン・フェニックス日本ラストマッチ 30分1本勝負
○日向寺塁(17:04体固め)オーウェン・フェニックス※ムーンサルトプレス

オーウェン・フェニックスのラストマッチの対戦相手は日向寺塁!リング下では本日の出場選手全員が見守ります。
まずはオーウェンから入場、天を指差し、リングサイドのお客さんとタッチしてからリングイン。
続いて塁が入場。先日の矢巾での対大地戦、一昨日の対郡司戦と、厳しくも良い先輩といった風の塁、今日も手ぶらだし、そんな試合になるかと思いきや、リングインするなりオーウェンを奇襲!オーウェンも応戦しようとするも敵わず、いきなりボコボコにされてしまいました。立ち上がれないオーウェンを尻目に塁はコーナーパッドを外してしまいました。
レフェリーが見ている前で堂々と股間にレッグドロップ、咎められても「腹だ腹」とふてぶてしい塁。
オーウェンをリング下に落とすとボードをオーウェンの背中に叩きつけ、リングに戻るとオーウェンを金具剥き出しのコーナーに激突させます。今日の塁はヒールモードだ!
オーウェンも対抗すべく得意の蹴りを放つも悉くよけられてしまいます。
キャメルクラッチに捕えられたオーウェンは必死のエスケープ。
ようやくミサイルキックがヒット、巻き返しを図ろうとするも、ロープワークでカウンターのラリアットを食らってしまい、ダイビングエルボーまで投下されてしまいます。ついに逆エビに捕えられ、マットを叩きそうになるオーウェンでしたが、お客さんのオーウェンコールに後押しされてエスケープ成功!
塁をリング下に落としたオーウェンはノータッチトペを敢行!
リングに戻り、塁を押さえ込むも2カウントでひっくり返され逆にカウント取られるがクリア。更にマヒストラルを仕掛けるもきれいに決まらず当然返されてしまいます。
オーウェンはあきらめずにブレーンバスターを成功させると、コーナーパッドを外されたコーナーに立ちダイビングエルボーを投下!これをよけられてしまい万事休す!立ち上がったオーウェンを待っていたのは塁の強烈なスピアー!塁はリングを背にコーナーに立つとムーンサルト!3カウントとなりました。
試合終了、塁はマットに倒れたままのオーウェンに顔を近付けてなにやら話しかけている様子。塁が右手を差し出すとオーウェンは上半身を起こして握り返しました。両者深々と頭を下げ、立ち上がると抱擁を交わしました。場内拍手喝采!塁はオーウェンの手を掲げて称えると、リングを後にしました。いやー塁がこういうことするなんてねー。ちょっと…だいぶビックリよ。いや、表向きはどうであれ、3ヶ月間を共にした仲だもんね。
試合後のやりとりも含めて素晴らしいラストマッチでした!ボコボコにされても必死に食らいついたオーウェンに拍手!勝利しつつもこの試合の主役であるオーウェンをじゅうぶんに光らせた塁にも拍手!
マイクを持ったオーウェンは英語で話し始めると「みなさんどうもありがとうございました」と日本語で挨拶。また英語に戻って、よくわからないけど一部のお客さんの「おおー!」という反応から「またここに戻ってきます」みたいなことを言ったのだと思います。
「ワンツースリーみちのくー」のレクチャーに続いて「いーちにーさーんみちのくー!」で大会を締めました。さすがに不滅だー!は長すぎて無理っすか。
オーウェンをリングに残したまま、引き続き、オーウェン・フェニックスのお別れセレモニーが執り行われました。
まずはファン代表から花束贈呈と記念撮影。続いて沼ジローラモがマイクを持ちます。「オーウェンは帰国しますが、来年はみちのくプロレスがイギリスに行きます。4FW勢との対抗戦も考えています」それはすごく楽しみです!「セレモニーといっても花束贈呈くらいなんですけど、記念撮影をしたいと思います。オーウェンと仲の良かった大地、隣に。マイトさんも」と選手をリングに集めて塁以外の選手が集合して、お客さんをカメラマンに記念撮影。四方向にちゃんと向いてくれました。「この後売店でオーウェンのサイン会を行います」これにてひとまず終了。オーウェンは一旦引っ込んでから売店へ向かいました。途中でファンに写真をねだられてたけど、「売店で」と断っててえらいなと思いました。ちゃんと売店で待ってる人がいるのもそうだし、応えてたらキリがないものね。
さて私は今日も今日とてOGAMANIAブースでDVDをチェック。昨日あったセクシービデオ?がなくなってました。
「サンプル途中でなくなるかもしれません!」といっていたカルビーポテトチップスOTONA RICHIチキンコンソメ味は無事に頂戴できました!これが楽しみで楽しみで…。

昨年に引き続き開催された道場プロレス、昨年は夏冬の2シリーズ開催も、今年は春、5月6月、夏、初冬と4シリーズで開催。
二、三人休んでもじゅうぶん回るほどに選手も充実していました。
こんなにたくさん開催したのは、カツオはともかく、4FWからの留学生に試合をたくさん経験させる意味もあったと思います
デビュー1年目の郡司にとっても毎週末試合ができる環境に恵まれたのは幸運なことでしょう。
来年も再来年も続けて道場プロレスが名実ともに「日常の風景」になることを願います。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.11.25(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード