« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コラコラ問答

映画「アウトレイジ ビヨンド」を見ました。

こんなよくわからんタイトルですが完全に続編です。前作前編で今作後編といっても差し支えないでしょう。
前作はあれはあれで完結していたけれど、今作は前作見てないとわかんないかも?って前作もいきなり物語の途中から始まったような感じではありますが。ともかく前作を見てるか見てないかでは楽しめる度合が全然違うかと。
それプラスでアウトレイジはスプラッタ映画だということをわかって見ればこんな楽しめる映画はありません。

以下、ネタバレ感想。続きからどうぞ。




















まず石原にビックリ。前作ではスマートでちゃっかり地位も手に入れちゃったインテリヤクザなんてかなりおいしい役どころだったのに、今作では終始わめき散らして焦りまくってる小物感たっぷりの超ヘタレキャラになっちゃってましたからね。死に様もこれ以上ないってくらい悲惨。前作で彼にときめいちゃった人も少なくなかったでしょうに、ご愁傷様~。

木村のバッティングセンターが嫌すぎる。木村の舎弟二人組にいじめられる工場のお兄ちゃん三人組がカワイソすぎる。
木村の舎弟二人組はバカすぎて、バカが祟って特攻しちゃって返り討ちに遭っちゃってホントにバカなんだけど、自分の組を構えても二人の写真をそっと飾っている木村親分の想いにホロリ。

アウトレイジの出演を熱望しているという噂のあった西田局長がホントに出演してて笑った。
局長含めて初老~老齢男性陣の顔に刻まれた深いシワが大画面に映し出されるんだからド迫力。

この台詞もないチョイ役なんか見たことある人だなーって思ったら高橋克典だった。チョイ役すぎ!

スプラッタ度は前作の方が高かったかなあ?でも不意打ち銃撃がすごくて、ちょっと車の横を通ったり人とすれ違うだけでビクビクですよ。こういうところはお化け屋敷っつーかアメリカンホラー的よね。

片岡は散々ひっかきまわしといて自分は昇進ですかほんと食えねえヤツだな「殺し屋1」のジジイみたいって思ってたら最後の最後で大友に撃たれてスッキリ爽快!大友だって片岡の思惑に気付いてねえわけねえだろってことですね。

真のラスボスともいえる片岡退場で次作はもうないかな?「13日の金曜日」みたいにシリーズ化して欲しい。この設定とこのやり方でいろんな話がもっと見たい。
映画 | CM(0) | TB(-) 2012.11.05(Mon) 21:54

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード