« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

帰化

ついにゆかり王国に入国しゆかり姫に謁見してまいりました。ってこのテンションじゃ書けないからヤメヤメ。
あらためて、ゆかりんこと田村ゆかりのコンサートに行ってまいりました。
ゆかりんのコンサートでは有志がコール本を配布(!)しているということで是非とも頂戴したかったのですが諸事情により開場後に到着したため叶わず。
会場前にはゆかりんの顔がどどどんと描かれたツアートラックが!開場後だというのに会場前は人だかり。やはり男性客が大多数。女性客もチラホラいて、「ゆかりんの女性客は全員甘ロリ」と思い込んでビビッてたけど全然フツーじゃないですか!一方でゆかりんが演じていると思われるアニメキャラクターのコスプレをしている人も。チラと顔見たら男でした。ドヒー。
入場後ペンライトを購入すべくグッズ販売に並びました。長蛇の列ですよ。今のご時世立派な袋まで付けてくれるなんてびっくりしてしまいました。
チケットが売り切れていないということでどうなることかと思っていましたが、客席はしっかり埋まってました。

さてコンサートはといいますと…

のっけからお客さんの熱気と一体感がすごくて呆気にとられてしまいました。覚悟はできていたけれど、実際そこに立ってみると…。
でも私の席が端っこの方だったことと、両隣のお客さんが落ち着いていたことと更に前方の席が空席だったこととで、それほどストレスもなく楽しめました。ラッキーな席でした。

ゆかりんは歌もダンスもひとことで言えば「完璧」。決して高度なことをやっているわけではないんだけど、できる範囲のことを100%でやっているという意味で完璧。とくに歌に関しては「ライブとCDが全く同じ」と言われるゆかりん、そのとおりでした。堂々たるステージでした!
「星空のスピカ」や「Endless Story」などのカッコイイ曲もライブだといわゆる「跳び曲」になってまた違う味わい。ガラリと雰囲気を変えてしっとりと聴かせてくれたアコースティックコーナーもすばらしかったです!
セットリストは、これが定番なのかなと思っているような曲ばかりではなく、新しい曲もたくさんやってくれました。微笑みのプルマージュのは全部やったと思うし、発売されたばかりのベスト盤に入っている新曲も。新曲のラップパートをすでにマスターしているのには王国民の底力を感じましたね!
前のベスト盤に付いていたライブDVDで見たのではカラオケでしたが、ちゃんとバンドによる生演奏でした。ギター・ベース・ドラム・キーボード、更に女性ダンサーが4人と猫が2匹。大所帯ですね。女性ダンサーのみなさんはとてもお美しく、おじさま揃いのバンドメンバーとうまく中和されておりました。まあ、ほとんどゆかりんしか見てなかったんですけど。

衣装もホントにかわいくて、キラッキラな輪っかのミニドレスなんて元少女ならだれでも憧れちゃいますね。
衣装替えの多いゆかりん、その間は楽しい映像が流れて飽きさせません。ご当地ネタやらピンチヒッターのメンバーも登場する映像はまさか全公演別の映像が用意されてるの?!昔の歌番組風の映像が良かったです。曲も古臭くてグッド。

そしてトークが面白い!いくら面白いったってそれはファンが言っていることで本人のことをあまり知らないと楽しめないだろうと思っていたけど全然そんなことなかったです。某コンサートでは面白いと思えなかった客いじりすらも面白かった。
はじめてのお客さんが多いのを受けて「なんか自分たちでルール決めて勝手にガチガチに縛られてるけど自由に楽しんでね」と言ったのは、まさしく初めてのお客さんの私は救われましたよ。ペンライトの振り方にすらルールがあるんじゃないかと思ってましたから、その後、だいぶリラックスして楽しむことができました。それと初めてのお客さんへの注意事項的に「お水おいしい?って言うとネットで叩かれるよ。言っても無視するからね!」って言ってるのに「お水おいしい?」でしっかり無視する流れ、常連には相当ウザイだろうけど、私は面白かったです。
ご当地トークももりだくさん。「金萬は普通においしい(=すごくおいしいわけではない)」「秋田空港になまはげがいたんだけどいつもいるの?」「ゆかりって秋田来るの初めて?…そんなこと言われても知らんがなだよね、プライベートでは来たことないけど仕事で来たことないかな?ゆかりより詳しいゆかり博士っているでしょ?」「ドンパン節ってなに?知ってる人歌って!」でホントに歌う地元民のお客さん。その話の流れで「音頭なんてオバQ音頭しか知らない。みんな知ってるよね?知らないの?知ってる人歌って!」キュキュキュのキュと歌うお客さんの少ないこと少ないこと!ドンパン節より少ないぞ!

アンケート系も面白かったです。所有率ほぼ100%のペンライトで結果もわかりやすい。
まず秋田県民の少なさにびっくり。ゆかりんも思わず「えっ、これだけ?!」1割くらいしかいなかったかと…。ということはほとんどが遠征組なんだなあ。それはそれですげえな。隣県のお客さんも居たとは思いますが。
交通手段では新幹線や飛行機で来る人、大阪から車で来る人がいる一方で「チャリで来たって人?」に大爆笑。(わからない人は「チャリで来た」で検索)
初めてのお客さんも1割くらいかなあ?「何で来たの?移動手段じゃなくて」とやや自虐的なゆかりん。
「猫(の着ぐるみ)も古くなった。ゆかりも古くなった。おまえらも古くなった」の流れからの年齢調査では、ゆかりんが大多数と予想したであろう30代が意外と少なく、20代が大多数。10代、40代もチラホラ、50代のお客さんもいました!でもヒトケタ代はいませんでした。
似たような服を買ってしまうというガールズトークっぽい流れでは「女の子ってどれくらいいるの?」これまた1割くらいかなあ?「点在してるけど、女の子のお客さんも増えてきたので女性専用シート作ろうかって話も出てるんだ?欲しい?」欲しいー!「でも前の方は無理だと思うよ」やだー!「女性専用シートは欲しいけど後ろは嫌だと至極まっとうなご意見でした」

こんな感じでニコニコと笑顔全開で歌い踊る姿はとっても明るく、トークは面白い、ホント、色々な意味でオフィシャルフォトは詐欺だろうと(笑)。

お客さんの話に戻って、「よく訓練された」などと評される王国民、本当に統一感がすごい。コールがピッタリ揃ってるのは序の口、一部で有名な「You&Me」のラップの大合唱、そしてアンコールに口上と先導する掛け声があったのにはビックリしました。「ソーレ!」アンコール!「ソーレ!」アンコール!みたいな感じで。私もたまにンサートには行きますが、こんなの初めてですよ。終演後にはこれまた口上付きで一本締め?(だと思ってて打ったけど全然合わなかった)もありました。つくづく王国民の一体感はものすごいですね。

最後の丁寧なお手振りも非常に王国っぽかったです。

行く前はコールひとつ間違えたら後ろ指さされるんじゃないかとか、実際会場前に群がる王国民を見て尻込みしそうになりましたが、べっつにテキトーにペンライト振っててもゆかりんに見とれて地蔵になってても全然平気な感じでした。
ゆかりんのコンサート行ってみたいけどなんかすごそうでチョットこわい…と思っている人はぜひ勇気を出して行ってみよう!やってみよう!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2012.10.23(Tue) 22:37

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード