« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/10/21(日)みちのくプロレス「第46回秋田大学祭「懸け橋」」@秋田大学特設リング

べ、別に行くつもりなかったんだけどたまたまこっちに用事があったから寄っただけなんだからねっ!(必死で2時間早く家を出ておきながら)
というわけで行ってまいりました秋田大学の大学祭。WAVEのときは体育館でしたが、今回は野外プロレスでした。晴れてよかった!
リング周りに集まったお客さんは50人+αで通りすがりのチラ見くらいかな?公式の「観衆:500人」はなにごとだ…。大学祭自体が終わりかけだったしリング全然見えない位置にいる人かき集めてもそんなにいなかったと思うぞ?
リングアナがやたらいい声してたけど学生かな?

1.20分1本勝負
○オーウェン・フェニックス、佐々木大地(10:26片エビ固め)カツオ、郡司歩×※ダイビングエルボー

入場から学生特有のなんか知らんけどとりあえず盛り上がっておけノリ全開。郡司はいつも以上に気合が入っているように見えます。
大地とオーウェンははからずも同じ青のタイツでタッグ感が増してました。
オーウェン含めてリングコールには出身校の紹介が付いていました。
先発は大地と郡司。カツオが拍手を煽って拍手の中で探り合うという不思議な雰囲気でスタート。バックやリストの取り合いとオーソドックスな展開ながら歓声もよく上がります。
カツオとオーウェンに代わって「You go!」「ミーゴー?」と英語交じりでショルダー合戦、オーウェンをかにばさみで引っ掛ける悪いカツオ。更にカツオとオーウェンはリングインでのすかし合い、リングサイドでおいかけっこと、張り合ってました。
この試合では郡司にもドロップキックを三連続で当てるという印象的な見せ場が!考えてみりゃ比較的キャリアの近い若手ばかり(カツオもみちプロじゃ新人みたいなもんだ)のタッグマッチですものね、チャンスは多かろう!でも誰だっけ?オーウェンだっけか?がボディスラムやっちゃって、それにすごい歓声があがって、郡司の見せ場を取るなー!と思ってしまいました。
大地もいつもは一発出すのがせいいっぱいのノーザンライトを二度も出し、コーナートップでカツオともつれ合うと、なだれるように丸め込み!こんなの初めて見た!スゲエ!
オーウェンは場外へプランチャ!マット無いコンクリの上にのによくやるわ!
再度カツオとオーウェン、ヒップドロップで押しつぶし、コーナーに激突させてボディアックでプレス!オーウェンがペラペラになる~!
カツオの活躍で優勢に進めていたカツオ郡司組でしたが、オーウェンがコーナートップから郡司めがけてダイビングエルボーを投下!これが決め手となり、大地オーウェン組が勝利しました。
笑顔でオーウェンと握手を交わす大地。バッドボーイ加入後はタッグ試合ですらなかなか勝ち星に恵まれない大地にとって貴重な勝利だったので嬉しかったでしょうね。
フレッシュな顔ぶれでみんないきいきと闘っていました!

2.時間無制限1本勝負
○拳王、日向寺塁(17:00片エビ固め)気仙沼二郎、大柳錦也×※右ハイキック

大柳沼ジローラモ組は別々に出てきたのに拳王塁組は一緒に出てきました。
大柳先輩って駒澤大学出身なんだ。
拳王対沼ジローラモでスタート。探り合いで手を合わせる前に拳王がローキックしたら笑いが起こりました。イベントでプロレス見るとこんな風に思わぬ反応が見れることが少なくないです。
それぞれタッチして塁対大柳に。こんなシチュエーションですから、塁がハリキルかと思ったらそうでもなく、じっくりとした攻防を継続。
塁が拳王にタッチして拳王対大柳に。大柳のエルボーと拳王のキックの打ち合いに合わせてお客さんからも声があがります。大柳のロメロスペシャルは崩れてしまい未遂に。
塁対大柳で一巡終了。塁がコーナー二段目からムーンサルトを出すとめっちゃ沸くお客さん。やっぱ飛び技はわかりやすくていいね。
塁と沼二郎がやり合っている間、場外ではカラーコーンを手に拳王が客を煽って凶器攻撃。拳王の凶器攻撃は加減を知らないのでこわいです。
拳王のラフファイトもありつつ、暫し沼ジローラモが捕まってしまいます。控えの塁は「応援してやらねーとこんなジジイすぐに死んじまうぞ!」と煽り、拳王が急所攻撃すると「使い物になんねえなあ!」「もう使わねえだろうけどな!」男子学生オオウケ。
沼ジローラモとタッチしてリングインした大柳は珍しく雄叫びをあげてエルボーを連打。コーナー磔卍固めに歓声が上がります。
大柳先輩のドラゴンリングインからの卍固めって、よく見るとコーナーから飛んで相手の背中に両拳落としてるのね。ドラゴンリングインだなって言ってどうもすみませんでした。
拳王塁組はタッグらしくクローズラインで攻撃、沼ジローラモ大柳組も同じくクローズラインをするも、拳王に蹴り割られてハイキック連打。
沼ジローラモがヒップ攻撃で調子よく攻め立てる場面もあったものの、気仙沼落としを二度試みるも成功せず、レッグドロップもかわされてしまいました。
塁は客にオイ!オイ!とコールを煽って大柳に長滞空ブレーンバスター。
拳王、コーナー二段目からのフットスタンプはかわされるが、コーナートップからのフットスタンプをヒット。って拳王いつからコーナートップからやるようになったんだよ?!やめろよ!
場外の沼ジローラモめがけて塁がノータッチトペ!客席からはひときわ大きな歓声が!
その間に拳王が大柳の側頭部に蹴り一発、3カウントとなりました。うーんやっぱり蹴りはフィニッシュとしては地味だな。
拳王塁組は盛大に勝どきをあげて退場。入場口と違う方向に消えたけどどこ行ったんだろ?
試合には負けたけど沼ジローラモがマイクを握ってご挨拶。「プロレス面白かったですか?最近は道の駅セリオンでやっています。一生懸命闘っていますのでぜひ見に来てください。それではいつものやつで締めたいと思います。(中略)不滅だー!」おお、何人かちゃんと合わせて拳挙げたぞ。まわりのお客さんもそれに合わせてパラパラと拳を上げました。

大学祭のイベントプロレスということで、コミカルさを強調したわかりやすい感じでやるのかな?と思ったけど、いずれも「いつも通り」の試合でした。いつもと違う雰囲気と学生のノリの良さに多少はアテられているようには見えましたが。いやしかし…もうちょっとお客さん多ければよかったね。タダでも興味ない人は通りすがりでも見ないんだなということを目の当たりにしてしまいました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.10.21(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード