« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

加害者・矢野通

先日のタモリ倶楽部に新日本プロレスの棚橋選手と田口選手が登場。昭和プロレス技企画もこのコンビでしたがタモリ倶楽部担当なんですかね?タモリ倶楽部担当といえば担当アナウンサーが偏食甚だしく戊辰戦争が読めないアナ(名前忘れた)の後釜に飯塚選手にYシャツをビリビリに破られることでおなじみの野上アナが就任したようで。歓迎企画といったところでしょうか。
今回は「急所攻撃をくらい続ける僕のタマは大丈夫なんでしょうか?」という棚橋選手のお悩みを泌尿器科のスーパードクターが解決!といった男性必見の企画。タマについてものすごく勉強になりました。(イヤな勉強だな)女体の神秘ならぬ男体の神秘。
タマはよっぽどの衝撃を与えなければ破裂することはないそうで、いち観客としては安心して見れる一方、棚橋選手も心配していたけれど、ヒールのみなさんにこの事実が知れ渡るとベビーのみなさんが大変な目に遭うことが予想されるので、ヒールのみなさんの耳に入らないことを祈るばかりです。

…まあつまらないことを書くと、実際は内腿を蹴ったり、臀部を殴ったりと、ギリギリ狙いを外しているように見えますが…。それに選手によってはファウルカップもつけてますしね。
とはいえガチで入っちゃうことも少なくなく、試合後にずっと腰トントン叩いてたり気にして触ってたり立ってられなくてコーナーに腰掛けてたりすると、うわーガチで入っちゃったんだなあーってかわいそうになります。それでも試合を続けなきゃならないプロレスラーって大変!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.09.23(Sun) 01:06

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード