« 2018 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

試練

みちのくプロレスのDVD「陸奥伝説!ハヤト対拳王頂上対決」を見ましたよっと。
後楽園大会の前に二大タイトルマッチにつがなる新木場大会二試合のダイジェストを収録。
ラッセ「剣舞おまえも何か言ってやれ!」剣舞「そうだそうだ!」に大笑い。
ハヤトが拳王の髪を切ったシーンもバッチリ収録。結構バッサリいっちゃったねー。やるじゃんハヤト。拳王が方言出たの初めて聞いた。「これやったらあかんだろうが」って。南野は基本だけど、野橋もたまーに出るよね。ムフ。

そして後楽園大会に続くわけですが!
いやーメインがなかなか見れなくて…。気持ち的に。もう見なくていいかと思ったけど結局見ました。2回見ました。
会場で見てるし結果も知ってるからさすがに冷静には見れたけど、やっっっぱり何で拳王が負けたのかわかんなかったです。ハイキック相打ちで拳王が倒れて数発蹴られて投げっぱなしスープレックスくらってヘルムでピン。という流れなんだけど、ハイキック狙う立ち姿はまだまだ堂々としてたし、ラッシュかけられたにしても何で返せなかったんだ?
でも最後の最後までハヤトはボロボロで拳王はピンピンしてたと思ってたんだけど、そうでもなかったなと。それなりにハヤトは動けていたし拳王の動きも鈍くなってた。あくまで「思っていたよりは」だけど。
当時の観戦記で「ハヤトがコツコツダメージを与え続けた」というのを見て、うーんそうなの?って思ってたけど、まあ、そうとも見れますね。
あーでもやっぱり納得いかねーなー。
ハヤトは「やりすぎな試合」って言ってたけど、「やりすぎな試合」ってこの程度じゃないと思う。冷静になって余計に「こんなもんだっだっけ?」と思ってしまいました。
あとハヤトのマイク「俺がこのベルトを持って他団体に乗り込んでやる」って言ってたと思い込んでたけど、ちょっと違いましたね。
正しくは「俺がこのベルトを持ってゼロワン?新日本?ダイヤモンドリング?どこでもかかって来いよ!」でした。日本語ってムズカシイ…。

他にも東北タッグ選手権に3号の初登場に校長と気仙沼二郎の名前コントラマッチと、ターニングポイントとなった試合ばかりで今現在のみちのくを知るにはうってつけ。こうして振り返ると6月の後楽園大会は重要な大会だったんですねえ。

ハヤト対拳王のタイトルマッチ2回目見た後になーんか煮えきらなくて、ラッセのマイクに癒されようと思って九龍1DAYトーナメントの決勝戦ラッセ対卍丸だけ見たんですけどー。ラッセわずか一勝で優勝という衝撃的な結果にすっかり忘れてましたが、すんごくいい試合でした。
卍丸はプロレス技がキレイ。パワーボムで叩きつけてから側転で丸め込む動きのしなやかさにはため息が出る。ケンカ殺法とのギャップで余計に映えるね。
ラッセのマバタキって会場で見るとそれこそ速すぎて何が起きているのかよくわからないんだけど、接写映像で見ると驚愕するね!三連発の三発目が絶品。まさにマバタキ!そして締めたいのに締めさせてもらえないラッセのマイクは何度見ても笑える。
卍丸とラッセの魅力再発見。たまにはちゃんとビデオ見返すのもいいな。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.09.19(Wed) 23:52

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード