« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/08/13(月)みちのくプロレス「みちのくプロレス夏休みツアー2012」@花巻市定住交流センターなはんプラザ

久々に来ましたなはんプラザ。空調完備で冷房がガンガンに効いてて指先が凍えそうなほど寒い。

本日はマイトさんのチビッコプロレス教室がありました。近くにいた男子高校生集団が「やりたい!」とハリキッテいましたが「高校生にはレベルが低いからやめとこうか」とやんわり断られていました。この男子高校生集団がいちいち面白くて「プロレス教室に参加すると最終的にはスターダストプレスができるようになる」ムリムリ。
この日のプロレス教室では最後にフォールしてみようというのがありまして、チビッコにフォールさせてカウント2で返す大人気ないマイトさん。パンチさん「プロレスラーの性としてつい返してしまいます」とフォロー。参加者には記念品が進呈されました。
この会場はリングに当たるようなスポットライトがあり、時間になるとまわりの照明が落ちて、みちプロらしからぬ雰囲気で試合が始まりました。

1.15分1本勝負
○ラッセ(10:07ジャーマンスープレックスホールド)郡司歩×

郡司の大技での見せ場といったらドロップキックとミサイルキックとボディスラムくらいしかないのにミサイルキックすかしたラッセはひどいとおもいます!
ラッセのトペレベルサに大歓声の男子高校生集団。
郡司にヘッドロックをかけられるラッセ「もっと締めろ。動けるぞオイ」もっと打って来い!はよく見るけど、締められながら「もっと締めろ」は新しいですね!
そんな余裕のラッセ、ナイスジャーマンで難なく郡司を仕留めました。
大地がニュートラルコーナーで試合をじっと見ているなーと思ったけど単にセコンド業務のためにいただけかな?バッドボーイに入ってからセコンド業務やらなくなったのかと思ったけど、全然フツーにやってますね。

2.3WAYマッチ20分1本勝負
○大柳錦也(12:31回転十字固め)気仙・沼ジローラモ×
※もう一人はカツオ

一時期全然見なくなったのに続きますね3WAYマッチ。
大野勇樹がカツオになってる。カツオの方が呼びやすくていいね。さときゅんがいるから「ゆうき」と呼ぶには抵抗があるので。カツオを道場プロレス以外で見るのは初めて。親しみやすいキャラクターに男子高校生集団にまで「カワイイ」言われてました。
ゴングが鳴って沼ジローラモコールを煽るとなぜかカツオコールが発生。思い思いにコールしててんでまとまらないお客さん。
ようやく三人で力比べ。次は順繰りにチョップ合戦、お約束でカツオが集中攻撃されて「順番だろうが!」
カツオの攻撃って、コーナー串刺しの真正面からのボディアタックは受ける側が座った体勢だと股間が顔に直撃するし(大柳直撃してたし)、あとヒップドロップとか、微妙に男色殺法っぽくてイヤだなあ。
沼ジローラモと大柳は協力してカツオを狙い、Wでブレーンバスターを仕掛けようとするも、一向に持ち上がらない。すると大柳は沼ジローラモの横に移動してカツオと協力して沼ジローラモをブレーンバスターで投げてしまいました。なんとしたたかな大柳。これが仲間割れのきっかけとなったか、大柳が沼ジローラモを丸め込んで決着しました。

3.30分1本勝負
○剣舞、ザグレートサスケ(15:51片エビ固め)卍丸、佐々木大地×※ダイビングフットスタンプ

つくづく卍丸の男子人気は異常である。
卍丸と剣舞の殴り合いがガチの喧嘩みたいに殺伐としていてすごく興奮しました!剣舞の負けん気はいいねえ!
若手のタッグマッチに混ざると省エネファイトのサスケがどういうわけか剣舞よりもよく出ていました。大地相手に左膝を集中攻撃する容赦なく大人げもないサスケ。
あまりのやられっぷりに卍丸に代わっても声援を送ってしまいましたよ!卍丸が何度も何度もカットに入るくらい大地は危なかったなあ。
剣舞はサスケに比べて出番が少なかったけれど、スイングDDTにダイビングフットスタンプに019と出すもん出してしっかりアピール。
反撃から窮地を脱して自コーナーに戻れるチャンスに自コーナーに戻らずに追撃した大地の心意気やよし!
前々から剣舞の砲丸落としたようなダイビングフットスタンプはエグイキツイと思っていたけど、ついにこれで3カウント取りましたね。
ボッコボコにされた大地よかったよ!
この試合での郡司のセコンドの働きには感心しました。サスケが逆トペ飛ぼうとしたんだけど飛ぶ方向にいたお客さんが立たなくて、そしたら郡司が「広くあけてください!」ってすっ飛んできて、お客さんを避難させながらちょうどサスケが落ちてきそうな位置にあった荷物もサッと掴んでよけて、あんな状況でよく気が回るなと。選手が場外に出ることの多いみちプロで選手にもお客さんにもケガがないのはセコンドのおかげです!

休憩時間とメインの間に沼ジローラモが登場。「試合ばっかりやってたから気付かなかったけど、今ってお盆なんですね。どうりでお寺に人が多いわけだ」
告知としゃぼん玉の後に、もうひとり歌のゲスト・太田代将孝さんが登場。沼「同い年だけどアニキです」えっ、太田代さんって四十路なの?みえなーいわかーい。太田代さんがノングインして沼ジローラモの横に立つと、沼「アニキー!」太「待たせたな」沼「ここでしかわからない」
「ボク花巻出身で、墓参りのついでに売店手伝いに来たら今日歌ってと言われました」「花巻の人?」の質問にチラホラ手があがります。「双葉町にある太田代商店、あれボクの実家です」地元ネタのトークの後、これまた「ガンライザーで微妙な知名度を獲得した」という地元ネタのオオガマックスのテーマが披露されました。このとき使われた音源はなんとケータイ。すごいですね文明の利器ですね。

4.時間無制限1本勝負
○拳王、野橋太郎、日向寺塁(15:50ドラゴンスープレックスホールド)フジタ"Jr"ハヤト、ken45°、ベナーム・アリ×

塁はパイプ椅子二脚を手に登場。リングに投げ込んで遠投しすぎて対角コーナーに激突。
アリはバッドボーイとのタッグで登場。イランで大地震があったけど、アリの親族はご無事だろうか?こうして試合しているということは無事ということでしょう。
男子高校生集団、野橋を見て「小さい飯塚」「喋る飯塚」
塁はkenの髪を掴みレフェリーに咎められると「髪立ててんのが悪ィんだろが!」たしかにあれは掴みたくなるなあ。
場外乱闘ではアリを捕まえた野橋がお客さんの靴を掲げると「ジャパニーズスメルー!」とアピールしてアリの鼻に押し当て、アリ悶絶。「もっとくさい靴は無いか!」しかし立候補者現れず。靴を凶器に使われた男子高校生は大喜びでした。よかったね!
リングに戻って試合も終盤、拳王がレフェリーを失神させたのに、自分がフォールしたときも失神したままでカウント取ってもらえないでやんのやーいやーい。
結局一斗缶攻撃からのドラスプでピン。ブーイングが飛びました。

リングを降りて退場する阿修羅、声援を送ってくれたと思われるチビッコのそばまで行く拳王、チビッコが差し出した手に拳王も手を伸ばしたので、うわ拳王が握手に応えるなんてめずらしーと思ったら、チビッコが拳王の手に触ろうと更に手を伸ばしたタイミングで手ェひっこめやがった。拳王は大悪党だな!

試合後のマイクはハヤト。「だまってハヤトについてこい。ついてきてよかったと思わせるから」とアピールして大会を締めました。

郡司と大地の応援で久々に喉が枯れました。
お客さん少なかったけど声援もよく飛んでみんな楽しんでるなーというのが感じられてすごく雰囲気の良い大会でした。
矢巾に近いのに、ミニツアーというのを抜きにしても、こんなにも会場の雰囲気が違うものなんですね。お隣の北上ともまた違った感じだし。
…って先日の北上大会の観戦記見返したら
>お客さんも少ないなりに声援がよくあがっていて会場の雰囲気もよかったです。
っておんなじこと書いてますが。
みちプロがミニツアーで細かく回る気持ちがわかったような気がしました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.08.13(Mon) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード