« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

連鎖

今年軒並みデビュー10周年を迎える闘龍門9期生の中でもひときわ異色の記念興行を行うken45°。プロレスとパンクロックの融合という、まさしく「狂乱のパンクロック野郎」の呼び名にふさわしい、kenにしかできないイベントです。
プロレスはみちのくプロレスの面々を揃え、バンドの方ではTHE STAR CLUBを迎えるという本気っぷり。これには驚きました。
初めてプロレスを見るお客さんもいるでしょう、パンクバンドのライブを見るお客さんも当然いるでしょう。どんな会場の空気になるんだろ~~~?ワクワクドキドキですな。

ところで、私は自分でもパンクは好きだと思っていたのですが、数年前にふと、好きなパンクバンドがいないことに気付いてガクゼンとしました。や、ホントに。そりゃピストルズもクラッシュもラフィンノーズもアナーキーももちろん知ってますよ。知ってるけど好きかと言われたら、いいとは思うけど、とくに好んで聞いてないなと。スタークラブも同じく。THE MAD CAPSULE MARKET'Sの初期なんかまるっきりパンクでめちゃくちゃ聴いてたけど、それはMADだから後追いで聴いてただけだし。

仙台の重鎮だとか最重要だとか言われるバンドでいえば、サイコビリーのGREAT INVADERS、SKAのTIJUANA BROOKS、ハードコアのBreak Of Chain、どれも「普通に」知ってるのに、STINK GASPERSを知らないってことがパンクを好んで聞いていない証拠だろうな。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.06.15(Fri) 23:08

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード