« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/05/27(日)みちのくプロレス「春の道場プロレス5月シリーズ・第5回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

今日は早めに行くぞ!と思ったのに結局いつもと同じような時間に…。それなのにまだシートが埋まってないなと思ったら、昨日よりもシートを横に広げてありました。シートを広げたからか、今日は六魂祭のパレードとかぶっていたからか、昨日よりも客席に余裕がありました。

本日はドラクエのテーマ曲で登場の沼ちゃん。「今日はドラクエが発売された日です。エニックスといえばポートピア殺人事件。みんなやりましたよね?知らない?ハマッたの俺だけ?」やったことないけど知ってますよ。犯人はウラノ。あれ?ちがったっけ?
「週プロモバイルにも載っていますが、修学旅行プロレスをやりました。プロレス教室をやって試合を見てもらうという感じで。一昨年は男鹿まで行きました。始めた当初はよく取材も受けました。職業訓練の一環としてやっていますので、ウチでもやりたいという人がいましたらご連絡を」
あとはいつもどおりの告知、そしてしゃぼん玉へ。最後のファルセットじゃなくなってたところがファルセットに戻ってました。
本日のじゃんけん大会の賞品は紙のプロレスTシャツ。デザインが新日のパクリで、沼ちゃんひとり大ウケ。反応の無さに「もしかして紙プロ知らない?俺大好きだったんだけど、知ってる人?」チラホラ手が挙がりましたが…ていうか、去年くらいまで発刊されてたじゃあないですか。今は名前変わっちゃってKAMINOGEになったんだっけ?お客さんプロレス雑誌はあまり読まれないのかしら?
そんな紙プロTシャツ、まだ多数勝ち残りがいる状態でのじゃんけんで勝ち残りジャストひとりの奇跡が起こりました。

1.10分1本勝負
気仙沼二郎(10:00時間切れ引き分け)大柳錦也

渋い攻防が予想されるカード。
ごく序盤は予想通りのグラウンドやリストの取り合いなど静かな展開。しかしアームホイップ合戦となり、早くも予想はハズレてしまいました。
大柳の右膝を徹底的に攻める沼ちゃん、大柳が場外に落ちると、迷いに迷って(?)プランチャ。
沼ちゃんどうやらヒールモードにスイッチが入ってしまったよう。鉄柱やロープを使った反則攻撃も。
大柳に声援が集中し出すと、沼ちゃんどんどん悪い表情になってく…。
グラウンドで足4の字で苦しめ、右膝にレッグドロップ二連発。キツイ!
大柳が反撃に転じると、沼ちゃんをコーナーに押さえつけてエルボースマッシュを連打。こええええ。反則技のお返しだとばかりに得意のロープを使っての卍固め。
10分1本勝負ということで残り時間も少なくなってくると、お互いフィニッシュをしかけはじめる。沼ちゃんの気仙沼落とし、大柳のゴッチ式はそれぞれ未遂に。沼ちゃん丸め込むが返され、大柳が卍固め!堪える沼ちゃん!結局時間切れのゴングが。
両者レフェリーに手を掲げられてノーサイド。握手して再戦を誓い、土下座。
いやはやこんなに面白い試合になるとは正直思ってませんでした。ヒールモードの沼ちゃんにはニヤニヤしてしまいます。沼ちゃんいいなあヒールターンしないかなあ。反撃に出たあたりの大柳もこわくてよかった!一度ハヤトや拳王とのシングルが見てみたいものです。

2.15分1本勝負
○拳王、日向寺塁(13:03体固め)フジタ"Jr"ハヤト、郡司歩×※バズソーキック

郡司に続いて登場はハヤト。本日は途中からレゲエに変わるバージョンです。そして阿修羅からは拳王と塁が登場。タッグマッチとあって昨日以上にハヤトと拳王の絡みが期待できます!
リングコール後、少々の間を置いて阿修羅が奇襲、即場外へ。
すでに場外でダメージを負った郡司、当然のようにリングでは捕まってしまいます。塁と大地がロープ際で口論している間に拳王が郡司にコスチュームでチョーク。阿修羅の容赦ない攻撃にハヤト出る幕無し。
郡司、グラウンドで絞り上げられ、ロープ間際なのになかなかロープを掴めない。リング下では沼ちゃんが怒鳴るように「動けーーーー!」と檄を飛ばします。お客さんからの声援も大きくなりようやくエスケープ。
立ち上がれない郡司に塁は「ダウンしてるじゃねーかダウンカウント取れ!」ダウンカウントされたらなにがなんでも立ち上がるしかありません。10カウント子ギリギリで立ち上がった郡司、あまりのやられように本当にハヤト出ないまま終わってしまうんじゃないかとすら思いました。それでもボコボコにやられてもフラフラになってもドロップキック出しちゃう郡司はすごい!
またもやすぐに塁に逆エビに捕えられてしまう郡司。例によってちゃんと声援飛んでいるのに「応援されてねえじゃねえか」って言ったタイミングでハヤトがカットに入ったのには笑った。
塁に代わって拳王がリングに。拳王は塁に輪をかけて容赦がないので流れが止まってしまう。ただでさえエグイダイビングフットスタンプも郡司相手だと残酷すぎるし、コーナーに振ってのジャンピングダブルニーなんか勢い付きすぎで鉄柱越えちゃったぞ。
再度塁がリングへ、エルボーを打ち込む郡司、塁も手を出さずに受ける。徐々に効いてきたか、塁の体制が崩れ始める。そしてついに塁が倒れた!会場大喝采!沼ちゃんの「すぐにカバー!」という声に押されてカバーに入るもやはりカウント1もなくクリア。いやしかし本日のハイライトでしょう!
ようやく拳王と絡んだハヤト、見せ場はリングに落ちた拳王にエプロンでのランニングPK!東北Jrタイトルマッチではハヤトと拳王の攻防が最初から最後まで誰にも邪魔されず見れるなんて楽しみでしょうがない。
リング上は郡司と拳王に。さっさと終わらせてやるとばかりに、打撃を浴びせて郡司ダウン。立ち上がろうとしたところに側頭部に蹴りがヒット。リング下では塁がハヤトをしっかりとガード。カットに入れず3カウントとなりました。
試合巧者が誰もいないこの試合、どうなることかと思いましたが、それなりにどうにかなったかなと。でも一方的すぎる展開に途中で「野橋を連れて来い!野橋どうにかしてやれ!」と思ってしまいました。ほんとに郡司のがんばりはすごいよ。あそこまでボコボコにしちゃうのも郡司を信頼してるからこそなんだろうな。

いつもならさっさと退場する阿修羅ですが、郡司の介抱にあたる練習生の及川君を排除する拳王。及川君かわいそう!郡司もゴロゴロとリング下へ…。塁はツラソーな顔してひとり退場。
珍しく拳王がマイクを持ちました。東北Jr防衛戦に触れて「俺が防衛してこの滝沢村のド田舎にベルト持って帰ってきてやる」そんなド田舎に住み着いて日本拳法教室開いちゃうような拳王、嫌いじゃないです。
「六魂祭にも行かずに道場プロレスに来たプロレスバカども。頭がよくなりたければ新聞を読め。そしてニュースを見ろ。ニュースを見るならIBCニュースエコーを見ろ」ん?「なぜなら俺が出るからだ」エッ。「明日6時15分からのIBCニュースエコーだ。絶対に見ろ」さっきまでの緊張感はどこへやら一気に会場の空気が緩んでしまいました。リング下で郡司の介抱にあたっている面々もポカーン。
拳王と入れ替わりでリングに入ったハヤトも唖然とした表情で拳王の退場を見送ります。そしてひとこと「拳王…お前ほんっとに面白いな」お客さん大爆笑。大柳先輩もTシャツの襟首を伸ばして口元を隠しています!
「頭がいいだかなんだか知らないけど、お祭よりも道場プロレスを選んでくれたお客さんをバカ呼ばわりするなんて。お客さんのおかげで俺たちがプロレスできてるんだろうが」ハヤトはイイコだなー。
「あとなんだっけ?ああ、滝沢村をド田舎だとか、俺は…ここが好きだぜ」
「俺がベルト獲って、ゼロワンの日高郁人、俺のデビュー戦の相手でもある中嶋勝彦、そして新日本プロレスとかに参戦している金本浩二と防衛戦をやってやるよ!」おお!奪取後の具体的な展望が出てきましたね!ハヤトにはこんなにたくさんの世代を超えたライバルがいるんですね。幸せなことだ!
「今日はありがとうございました!」と手を叩いて三方に例。今日もハヤトのマイクは素晴らしかったです!そして拳王のマイクには大笑いでした。
ハヤトに続いて郡司も自力で本部席前まで歩いていき、客席に向かって深々と頭を下げました。
試合は壮絶でしたが、試合後のマイクのせいでなんともハッピーエンドなムードに。お振る舞いのみそちゃんこもおいしくいただけました。
会場の出入り口には郡司がお見送りに立っていました。なんかもう…君、無理しなくていいよ!ゆっくり休んでよ!

後楽園前の道場プロレスは本日がラスト。拳王対ハヤトの東北Jr戦だけでなく、大地対郡司の大地復帰戦にも勢い付いたと思います!
それにしてもハヤトは人気者ですね。昨日今日と数字にハッキリ出てるもんなあ。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.05.27(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード