« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/05/20(日)みちのくプロレス「春の道場プロレス5月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

昨日まで「いつになったら暖かくなるんだろう」と言っていたのが嘘のような快晴!ちょっと暑いくらい。
日曜日なのに今日も客入りが淋しいなあ。
昨日は気付かなかったのですが、正面の座席がちょっと広くなってました。2列が3列にといった感じで。来週の集客を見込んでのことでしょうか?でも大抵最前列か寄りかかれて中腰になっても迷惑にならない壁際が先に埋まるから、後から来た人がその間に入るのって結構勇気(悠己だの勇樹だのなかなか変換できない!)がいると思うんだよね。脚投げ出して座る人もいるし。

さてお時間になりまして沼ちゃん登場。今日は黄色いTシャツにジーンズ姿です。もうすっかりこっちが「いつもの格好」になりましたね。だがしかし入場曲は冠二郎の「炎」。沼ちゃんゴキゲンなのにお客さんの反応イマイチ。「みんな冠二郎知らないの?」知ってますよ!アイアイアイアイライク演歌♪でしょ?!なんでサビの前にフェードアウトするのよ!「演歌はいいですよ。気仙沼二郎も冠二郎もよろしくお願いします」暗にキャラチェンジしないぞアピールを感じました。
告知は昨日と同じく後楽園大会やふく面ワールドリーグなど。「3号はかわいいですよ」沼ちゃんは3号を見たことがあるんですね?!おそるおそる「後楽園来る人?」挙手した人がいたようで「来る?!よかった、いた。これでいなかったら淋しい」とひと安心。
高いお菓子シリーズの宣伝もしたけど、なぜ高いかを説明しないのはなぜだ。
それとなくダラッとした空気を感じたのでしょう「暑いですか?」暑いです!「しゃぼんだまはさわやかに歌います!」さわやかにしゃぼん玉。道場プロレスでも「手拍子をお願いします」になりました。
本日のジャンケン大会の賞品はコミックタッチのイラストがかわいいみちのくレンジャーのTシャツでした。

1.30分1本勝負
○日向寺塁、拳王、野橋太郎(21:10片エビ固め)気仙沼二郎、大柳錦也、郡司歩×※ダイビングエルボー

「本日のメインエベント」ということで今日はワンマッチ興行です!
まずはハレルヤで大柳先輩と郡司が登場。続いて沼ちゃん。えっ、まさかのハンディキャップマッチ?そんなことはなく、赤コーナーには阿修羅が勢ぞろい。塁は竹刀の二刀流。拳王の髪型は落ち着いたのか変じゃなくなってた。
珍しく阿修羅の奇襲なし。郡司は先輩方を抑えて先発を買って出ます!対するは拳王!
ゴングが鳴るとすぐに青コーナーから「先に行け先に!」の声が飛び、郡司も勢いよく飛び出します。しかしすぐに後ろを取られてしまいました。順繰りに出てくる阿修羅にチョップで挑むも全くお話にならず、誰とやっても連打して反撃一発で倒されてしまいます。
それから赤コーナーに連れて行かれて集中攻撃を受ける羽目に。とくに塁が厳しく、コーナーに押し付けてこれでもかとチョップを連打。郡司の腰が落ちそうになると頭を掴んで無理矢理立たせて更に連打。
コーナーから解放された郡司は野橋と対峙。いつもなら寛大さを感じる野橋もなんだか怒っているみたい。郡司が手を出す隙を与えません。フォールの体勢に入ったところで沼ちゃんがカットに入り、一旦郡司は自コーナーへ。
リング内は沼ちゃんと塁のショルダー合戦に。塁が打ち勝ついつものパターン。しかしリング下に落ちた塁めがけて沼ちゃんが場外プランチャ。このとき、郡司も大柳もすぐにリングに入らなくてちょっとモタついてしまった。結局再び郡司が入ることに。
郡司が必死で打ち込むチョップは全然効かず、塁は涼しい顔。「弱えーぞ!」と檄を飛ばします。
そして拳王、郡司を仰向けに倒すと胸にその場跳びフットスタンプ、上体上げたところを後頭部めがけてダブルニー、上半身起こしてキャメルクラッチかと思ったら野橋と塁が郡司の顔面めがけてダブルで低空ドロップキック!郡司ボロボロじゃあないですか…。
それでもカウンターでのドロップキックを成功させて大柳にタッチ。
大柳がエルボーを放つと拳王はハイキックで応戦。これもある意味バチバチですね、ゴツゴツした見ごたえのある攻防が繰り広げられました!更に大柳は拳王相手にロメロスペシャルを敢行!この二人の絡みは物珍しさもあって面白かったです!
拳王を捕まえた沼ちゃんは「郡司!」と郡司を呼びます。しかし郡司が入ってこない。ようやく入ってきた郡司はダメージがほとんど抜けてない。それでもなんとかコーナーに上り、沼ちゃんと大柳が二人がかりで捕えた拳王めがけてミサイルキック!続けてトレイン攻撃に参加するも、足元がおぼつかない!
郡司はまたもやローンバトルに。野橋の強烈な頭突きにのたうちまわり、塁にブレーンバスターでマットに叩きつけられてしまう。塁がコーナーへ昇ると、充分すぎるほどのアピールの後、ダイビングエルボーを投下。ラムジャムばりのロングアピールに自爆フラグかと思ったけど動けない郡司にしっかりヒット。3カウントとなりました。いや、3カウントの取れる技だとは常々思ってたけど、いくらなんでもアピール長すぎるよ!なんで塁は…ンモー!

ううーん。なんだか中途半端。郡司に任せっきりかと思えば、えっ、そこで?自分で返させないで?と思うようなタイミングでカットに入っちゃうし。
前半郡司出ずっぱりで一度タッチしたら終盤になるまで全く出てこないという展開はそこで試合がバックリ分かれてしまっているみたいでどうもなあ。
そしてこういう試合の拳王は本当に存在感がない。こういう試合ってのは、拳王が主役じゃない試合。つまり、プロレスのよくある表現で言えば、拳王は相手を光らせることが出来ないってことなんだろうな。この試合にしたって印象に残ってるのは郡司との絡みじゃなくて大柳先輩との絡みだし。
そういえば大地がメインレベルの試合でレフェリーをするのを見るのはこれが初めてなような?なんといいますか、もうちょっと阿修羅の悪行から目をそらしてあげて!正規軍の抗議に気を引かれてあげて!と思いました。

阿修羅が引き上げた後、起きあがれない郡司を囲んで無言の沼ちゃんと大柳。沼ちゃんようやくマイクを持つもう言葉が出てきません。
「前はうまくいったのに今日はだめだった。郡司ごめん」「うまいこと言えればいいんだけど…次はうまいこと言えるよう考えてきます」「道場プロレスは始まったばかりだから、まだまだ続くから、郡司がんばろう」
非常に落ち込んだ空気ではありますが「不滅だー!」で一旦締めました。いつもならマイクを持って場内をまわる沼ちゃんも「今日のお振る舞いは豚汁です」とお知らせだけして、お振る舞いの横で、リング上で郡司と大柳と三人で車座になってしばらく話しこんでました。話も終ったようで、沼ちゃんと大柳がリングを降りると郡司はまた倒れこんでしまい、だいぶ経ってからようやく起き上がって自力で退場していきました。

帰り際、久々に売店も覗いてみましたよ。
イラストフォトカードかわいいけどバラモン兄弟ぜんぜん似てなーい。
沼ちゃんの告知にはなかったけれど、各大会のポスターが300円で売っていました。久しぶりにグッドデザイン!と思った後楽園ホール大会のものもありました。

来週はフジタ"Jr"ハヤトが登場!他、ハヤト軍(仮)からの参戦も期待できます!じゃないとハヤトが孤軍奮闘する破目に!

ちなみに来週は両日とも盛岡市内で開催される大規模イベント東北六魂祭とかぶってるので客足に影響が出ないか心配です。とくに日曜日はパレードの時間とかぶってるからせめて日曜日の開始時間を土曜日と同じ19時にずらせばと思うのですが…。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.05.20(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード