« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/05/05(土)みちのくプロレス「みちのくプロレスゴールデンウイークツアー2012」@八戸市八食センター厨ホール

前回の本興行では身動きとれないくらいにパンパンに入ってたけど、ミニツアーということで、ほどよい感じの入りでした。
ところで、みちのくプロレスの場合、基本的に開場時間は試合開始の45分前ですが、八食は一般客への配慮か、わりとアバウトに早目に開場してくれます。開場前に着いたのにもう開場してたことが何度もあります。よい席(に座りたい人)は(いつもより)お早めに!

試合開始前にすっかりおなじみ地元格闘技クラブのエキシビジョンマッチがありました。人覚えの悪い私でもいいかげん司会進行の九龍ファンのメガネの人覚えました。
本日は子どもの日スペシャルということで、チビッコワンデイトーナメントが開催されました。選手宣誓にチャンピオンベルト(プロレスショップで三千円くらいで購入)まで用意して本格的!女の子も二人いてうち一人が決勝まで進んだものの惜しくも敗退。優勝した男の子が勝利者インタビューを受けている後ろでシクシク泣いてて、それをもう一人の女の子が慰めてて、ほのぼのとした気持ちで試合を見てたけど、本人たちの本気さがうかがえた場面でした。なんかもう、青春っていいよね!
勝利者インタビュー「最後に一言」優勝者「稲妻」

続いてパンチさん登場。「(さっきの)稲妻って…絶対仕込まれたでしょう!そういえば以前、震災関係のニュースのラーメン屋再建ドキュメントで、繁盛していた頃の映像にフツーに一般客として木村健悟選手が映っていたことがあります」
「今日はいっぱい座れるように椅子を用意したのに…」とちょっとさびしそう。
「今回のゴールデンウィークツアーは9連戦。若手の中にはこれが最長という人もいるかもしれません。私や宇田川さんは30年もやっているのでそうではありませんが」
「今回のツアー中、宿泊したのは1回だけ。高速道路が発達したのいいけれど、毎回盛岡に帰らされます。今度の八戸連戦では泊まりたいけど、客入りによっては帰らされるかもしれないのでみなさんチケット買ってください」

1.15分1本勝負
○野橋太郎(5:40ラクダ固め)郡司歩×

野橋は入場セットなしで登場。野橋の入場を待つ郡司の目つきがこわい!
両手を出して探り合う両者、野橋が郡司をヘッドロックに捕え、抜けてもまたすぐにヘッドロックに捕え、しつこいくらいに絞り上げる。
ブレーンバスターこそ成功したものの、ミサイルキックを出すような場面には辿り着けず、ラクダ固めにタップ。
野橋は厳しすぎず、よい先輩モードでした。郡司は鼻血が出やすいのかな。

2.20分1本勝負
○大柳錦也(8:31最強卍固め)剣舞×※右ハイキック

剣舞の新しい入場曲って大日本プロレスの伊東竜二選手の曲みたい。全然違うんだけどジャンルが一緒というか。まだ頭に残らないので調べようがない。
試合開始、エルボーでの打ち合い、剣舞も果敢に打ち込むも大柳の強烈なエルボースマッシュがヒット!大柳は剣舞をロメロスペシャルに捕えます。
剣舞、反撃を狙ってコーナーから飛ぶも、飛んできたところを素早く脇固めに捕える大柳。信じられない動き。
コーナーで卍固めをかけると剣舞はタランチュラをかける。
大柳を場外に落としてトペコン!狭い会場でも場外に飛びます!
リングに戻ると剣舞、大柳の頭をつかんで不知火(?)、ラ・マヒストラルで勝負を決めにかかるが大柳クリア!剣舞に延髄蹴りをブチ当てると、卍固め!剣舞あえなくタップ。
大柳だけでなく負けた剣舞もどこか満足げ。お互いに人差し指を立てあい、再戦を誓いました。って早速翌日の矢巾でも同カードが組まれてるんですが。最後は手を掲げあって健闘を称えあいました。
負けた剣舞が満足そうなのも珍しい。悔しそうにマット叩いてる姿しか思い浮かばない。本当に満足な試合だったのでしょう。

3.30分1本勝負
○ヤッペーマン1号&2号(16:54片エビ固め)気仙沼二郎、ザグレートサスケ×※イケメン忍法火の鳥

ヤッペーマンズから入場。2号はまたもや見えない客席にアピール。この会場は、横幅がリング入れて片側に椅子3列並べて、もう片側は消防法の関係で人ひとり通れる程度の通路にしてめいっぱいというくらい狭いので、青コーナーに立ってアピールすると目の前は壁なんです。
続いてサスケと沼ちゃんが登場。サスケが筋肉をアピールすると客席から「キレてるキレてる!」「キレてるよー!」の声が。サスケもポージング大サービスで一時ボディビル大会の会場と化していました。
先発は1号とサスケ。1号コールにサスケがすねて帰ろうとするのであわててサスケコールを送ると今度は1号が…。おあそびはこのくらいにして、ロックアップ。サスケはクリーンブレイク、1号もクリーンブレイクと見せかけてチョップ!悪い奴め!
2号と沼ちゃんに変わると2号は掟破りの(?)シャイニングウィザード!掟破りといえばサスケもサスケロメロスペシャルを出しましたね。別に大柳相手じゃないからいいか。
1号は沼ちゃんの脳天にジャンピングエルボー打ち込むと自分に大ダメージ。沼ちゃんへっちゃら。ならばと頭突きに挑むも玉砕。助太刀に出た2号も餌食に。
ヤッペーマンズへの声援に沼ちゃん客席をじろりと睨み「うるせえ!」と一喝。レッグドロップ連発まじでこわい。すっかりヒールモードの沼ちゃんにはブーイングまで発生してしまいました。
沼ちゃんのヒールっぷりもあってお客さんを味方につけたヤッペーマンズ、それなのに1号「死ねー!」て。これにはお客さんも苦笑いですよ。
赤コーナーに上った沼ちゃん、リング中央の1号めがけてダイビングヒップアタック!今度は沼ちゃんめがけてニュートラルコーナーから2号が飛んだタイミングに合わせて赤コーナーからサスケがセグウェイ?!さすがに頭部には当たらなかったけど、なんなんだこれは…。久々にサスケの奇行を見た。
1号、サスケをコーナーに上げてブレーンバスター持ち上げられず2号加勢、Wでブレーンバスター…と思ったらヤッペーマンズ回ったー!なんだありゃあああああ????!!!!イ…イケメン忍法火の鳥??(ガッチャマンとごっちゃになっとる)横手で言っていた「すげえの」とはこれのことだったのかー!そういえば前回八戸でも1号がカンクーントルネードを初公開したなあ。縁があるね。
前日の横手大会に引き続きヤッペーマンズがサスケから取りました!嬉しいけど、サスケの連敗もちょっぴり悲しいぜ!
ヤッペーマンズは「サイン会やるぞー!」と、売店へ直行しました。

休憩明けて沼ちゃん登場。沼ちゃんパペットで腹話術に挑戦してみたり…。
インフォメーションが終わるとお客さんから「沼ちゃんパンチどうするの?」という質問が。「やめるわけないでしょやめたらあのパペットがなんのパペットかわからなくなるでしょあの人だっていろいろプロデュース失敗してるんだからね!すみません取り乱しました」取り乱し紛れに本音が漏れてます。
気を取り直して歌。しゃぼん玉。実は私は「しゃぼんだま」なのか「しゃぼん玉」なのかはっきりしていないがとくにはっきりさせるつもりもない。

4.時間無制限1本勝負
○日向寺塁、拳王、野橋太郎(12:39逆エビ固め)フジタ"Jr"ハヤト、卍丸、ken45°×

塁は竹刀持参で登場。
阿修羅奇襲から場外乱闘でスタート。会場の狭さなんておかまいなしに大暴れ。竹刀で卍丸を叩きまくる塁。
ようやくリングへ、卍丸が捕まってずーっと赤コーナーでリンチ。
卍丸が脱出してハヤトがリングへ。阿修羅からも拳王が登場、しかしハヤト、拳王との蹴り合いに付き合わない。
kenと野橋に代わり、kenが野橋に急所蹴りからラリアット。再び場外へ。
リングに戻り、拳王のアシストを受けて野橋がドロップキックを放つと会場からブーイングが。
拳王、ハヤトとkenのクーローズライン蹴り割りハイキック連打。
今度は野橋が捕まる。kenはケブラドーラコンヒーロ、卍丸はツームストン、コーナー振って卍丸が「行け」って感じでハヤトの背中押してPK!しかしフォールまでは奪えず、塁がリングへ、卍丸を抱え上げてラストライド?!が、抜けられてしまい、切り替えて逆エビ固め!卍丸タップ。
勝利した塁、「塁ー!」という声援にツバ吐き。
なにが切っ掛けか、卍丸が大荒れ!野橋や塁につっかかって二人も応戦、ハヤトとkenも加勢、どうにか収まり、阿修羅退場。
ハヤトがマイクを持ちます。「あのクソチャンピオンからベルト取り返してやる!」と宣言。「今度八戸に来るときは絶対チャンピオンになってるから、その姿を見たい奴はまた見に来い!今日はありがとうございました!」ハヤトー!四方に手を合わせてハヤト軍(仮)も退場。

いやーやっぱり八戸は盛り上がりますね!狭い会場のせいだけとは思えなんだよなあ。やけに盛り上がってた一角があったし。
(私にとって)初日の秋田ではどうなることかと思ったけど、横手も八戸もよかったのでやっぱり秋田は一体なんだったんだー?!もう天気のせいにしよう!そうしよう!

後日談。ラッセがミニツアーに参戦していなかったことを矢巾大会も終わって数日後に気付きました…。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.05.05(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード