« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/05/04(金)みちのくプロレス「みちのくプロレスゴールデンウイークツアー2012」@横手市横手体育館

今日も雨!初めて行く会場は久しぶりです。昨年の東北大会はいつもの会場ばかりだったなあ。NOAHでは由利本荘に行ったけど。
開場待ちをしていますと、ウォーミングアップを終えたと思われる選手たちがお客さんの列を横切っていきます。拳王が「えっ、どこから通ろう…」という感じで一瞬怯んだのを見逃しませんでしたよ!蹴り殺すTシャツ着てるの久々に見た。拳王もハヤトもフツーに着てるけど、あれってザ・グレート・サスケの20周年記念Tシャツなんだよね。
郡司の身内と思われる方々も列に並ばれていました。

この会場は壁に座れるスペースが埋め込んであって(わかります?)、リングからもそう遠くないので人気席となっておりました。

試合開始を待っていると、マイトさんが客席を「チビッコプロレス教室があるから参加してねー」と言って回っていました。時間が近づくと今度は大地がひとりひとりに声をかけていました。10人くらい集まったかな、マイト先生と大地先生によるチビッコプロレス教室が開催されました。ひょうきんな子がいていいムードメーカーになっていましたね。参加者にはマイトさんのイラストフォトカードがプレゼントされました。

お次は沼ちゃんが登場。今日も沼ちゃんパペットを持参。
本日は秋田朝日放送のカメラに加えてローカルラジオ局・横手かまくらFMの取材も入っているとのこと。あっちとこっちに固定カメラが設置されていました。
簡単なインフォメーションと、新曲しゃぼん玉を披露。前日もだったけど、手持ちマイクで歌うので拍手の先導ができず、サビに入ってからも手拍子が表打ちのままだから違和感。ていうか、リング下で手拍子してる大地や練習生の及川君に裏打ち教えて先導させればいいのに。

(きっと)というわけで選手入場。なんかリング上が妙にスカスカだぞ?!と思ったら、大地欠場に加えて大柳先輩が出場しないのね。
挨拶はサスケ。「横手に来るのは10年振り。10年前とは選手もすっかり入れ替わり、若い選手が増えました。今年デビューした郡司歩もその一人です」と、郡司にマイクを渡して、郡司からも挨拶がありました。ところでサスケの「10年振り」の言い方はいったい誰のマネなんだ。
サインボール投げもありました。久方振りにサインボールをゲットしましたよ。私は元気が無いのでいつも飛んでこないのですが、顔にぶつかったボールが手元に落ちたので。でも誰のサインかわかりません。

1.15分1本勝負
○ken45°(9:54ドラゴンスリーパー)郡司歩×

郡司の地元凱旋試合です!立派なテレビカメラを持ったカメラマンもリングサイドにスタンバイ。
大きな歓声で迎えられる郡司、気合十分だ!相手を務めるのはken。STINK GASPERSでの入場は仙台限定じゃなくなったのね。前日の秋田では気付かなかったけど、kenのコスチュームのパンツが変わりました。サイドに金色のプリントが入ってピタッとして丈が短くなってた。
郡司のリングコールで白と黄色の紙テープが飛びました。それをひょいひょいとよけるken。
おそらく身内の方でしょう、「あゆむー」という声援が新鮮。
腕の取り合い、グラウンド、水平合戦とオーソドックスな試合運び。
そんな中でもkenはドスの効いた声を出して会場を盛り上げます。郡司もだけどkenも超ハリキってる郡司以上にハリキってる。
声援は郡司へのものがほとんどだったけど、kenが攻撃してもフォールを返しても拍手が起こるあたり、お客さんは純粋にプロレスを楽しんでいるようで、いいなあと思いました。
ドラゴンスリーパーで沈められた郡司ですが、最後はkenが差し出した手を握りました。

2.20分1本勝負
○フジタ"Jr"ハヤト、卍丸(12:21片エビ固め)ヤッペーマン1号&二号×※右ハイキック

この面子だとハヤトひとり露出度が高い。
先発はハヤトと2号。大地は1号に指示されて元気よく手拍子で2号コールを先導するもハヤトにキレられてビビリまくり。
フットワークを使った格闘技っぽい立ち上がり。卍丸とは手四つで力比べに挑むもすぐに押し負ける2号。1号は「声援がたりないぞ!」とお客さんをあおります。
すごかったのが、卍丸が1号のミサイルキックをドロップキックで迎撃したこと。度胸あるなー。
ハヤトと卍丸はクローズライン、ヤッペーマンズはWプランチャと連携を見せていきます。
2号は卍丸にブレーンバスターかけようとするも持ち上げられず、1号が加勢して二人で投げ切る。
ハヤトは1号を捕まえるとしつこくフェイスロック。抜けると1号は延髄蹴りで反撃。
照準を2号に絞ると、コーナーに振ってハヤトがPK、クリアされると卍丸がツームストン、これもクリアされるとハヤトが投げっぱなしスープレックス、あきらめない2号!しかし上体起こしたところで側頭部にハヤトの蹴りが直撃!3カウントとなりました。
このカードでヤッペーマンズが長く捕まったり防戦一方にならなっかったのはちょっと意外。さすが元タッグ王者。
やっぱりヤッペーマンズは盛り上げ上手だね!

3.時間無制限1本勝負
○ザグレートサスケ、気仙沼二郎、剣舞(14:34エビ固め)拳王、日向寺塁、野橋太郎×※サンダーファイアーパワーボム

まずは沼ちゃんが入場して「俺の海」をフルコーラスで熱唱。久々に聴いたけど、やっぱりいいなあ!何度聴いても飽きません!続いて剣舞とサスケ、そして阿修羅が入場。今日のサスケのマスクは後ろのヒモが黄色と黒でサスケ・ザ・グレートっぽい。
例によって阿修羅の奇襲で試合開始。
どさくさに紛れて入場用ガウンでサスケにチョークをしかける拳王。拳王とサスケの絡みを見るのは2010年のタイトルマッチ以来のような気がする。サスケはチョークのダメージのせいか、パンチを出しても空振りばかり。やっと当てても拳王効いてる様子なし。
サスケにかわって剣舞登場も長く捕まってしまいます。反則三昧の阿修羅に客席から「レフェリーしっかり見ろ!」の声が。そうだそうだ!拳王からはジャンピングダブルニー更にその場飛びのフットスタンプまで。しかしロープに走ったところを追いかけてボディアタック!脱出に成功しました。
サスケがリングへ、「飛んじゃってもいいかな?!」とコーナーに上りラムジャムコールを煽っているところで塁が阻止、しかし阻止するためにコーナーに上ってきた塁を捕まえると雪崩式ブレーンバスター!
剣舞と野橋にかわり、剣舞が野橋にスイングDDT!阿修羅を場外に落とすと、沼ちゃん拳王に逆トペ、サスケも塁に逆トペ!そして剣舞はトペコン!
そのまま場外乱闘へ、塁は客席のブルーシートをひっぺがすと剣舞と沼ちゃんを簀巻きにして(お客さんから「つぼ原人かよ」の声が)紅白ポールでメッタ打ち殴打!
リングに戻り、拳王クローズライン蹴り割ってハイキック連打(技名付けてください)。
沼ちゃんは野橋にヒップアタックに銀燐。しかし拳王に捕まってしまい、拳王が沼ちゃんの頭を押さえると野橋が低空ドロップキックでブチ抜き、更に拳王がファルコンアローで叩きつける。カットに入った剣舞は一斗缶の餌食に!しかしダメ押しかけようとした塁の一斗缶攻撃が野橋に誤爆!サスケのサンダーファイヤーパワーボムで逆転勝利!阿修羅は荒れることもなくあっさりと退場。ハッピーエンド!
締めのマイクはサスケ「10年ぶりの横手大会、みちのくプロレスは若返っています、生まれ変わっています。でも私も沼ちゃんもまだまだ中年の意地を見せていきます!みなさんが(略)不滅だー!」デーデデデデデッデッデー。リングを降りたサスケは客席をまわってお客さんと握手。体育館の外では沼ちゃんもパペット片手に握手でお見送りに立ちました。

いやー前日の秋田とはうってかわって、大満足でした!
やっぱり滅多に行かない土地での大会はいつも行っている土地の大会とは雰囲気が違いますね。座ってるだけでホンワカパッパな空気に溶けてしまいそう。
郡司の地元凱旋だったり取材があったり10年振りだったりで団体側も気合が入っていたことと思います。
大満足の一方で前日の秋田に対する不満も膨らんだり…。ま、まあ、今回のツアーの中でも横手は特別な大会だったということで。ねっ。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.05.04(Fri) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード