« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/04/21(土)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第8回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

春の道場プロレス四月編の三連戦二日目。
今日はマイト先生と大地先生によるチビッコプロレスが開催されました。参加者にはイラストフォトカードをプレゼント。

お時間になりまして、ラジオでよく聴く男性ボーカルの桜の歌にのって沼ちゃん登場。リングインした沼ちゃん、小難しそうな顔で暫し無言。なんだ?と思ったらおもむろに「これ誰の曲?」お客さんに尋ねるも回答は得られず。謎のまま告知へ。
「新発売のフォトイラストカードは全員あります」「剣舞が無い」の声が飛ぶと「余計なこと言わないでください」
「蔵出しTシャツは他団体のTシャツもあります」
「かっこいいカラダは一冊しかないの?」宇田川さん「いっぱいあります。たった今1冊売れました」「あの本はすごく参考になります。といっても私はプロレスラーだから参考になるけど、皆さんに参考になるかわかりませんが」
ちゃんこのところにいる大地を見て「今日のちゃんこは大地が作ったの?」「違います」「誰が作ったの?」「郡司です」文字に起こすと全然面白くないな。面白かったんだけど。
「チケットは各種取り扱っていますが、ARABAKIのチケットは各自手配してください」
「今日は反応が無いなあ」いつも無いと思いますが。「いいや、歌おう」で、しゃぼんだま。頭からずーっと手拍子しててサビで裏打ちにならなかったんだけど、なんで?気になってしょうがなかった。
今日はビンゴ大会がないのでジャンケン大会がありました。賞品はアレクサンダー大塚選手のTシャツと、昨日に引き続きカルビー提供のお菓子パックにOOGAMANIAのパンフレットを付けて。
ジャンケン大会を終えて沼ちゃん退場、試合開始。

1.10分1本勝負
○日向寺塁(8:34逆エビ固め)大野勇樹×

本日の大野選手はシングルで登場。入場曲はワイルドシング。大似田と同じか。昨日の今日でだいぶ見慣れました。お客さんからも「ゆうきー!」という声援が飛んでいました。ゆうきというと佐藤きゅんなんだけどなあ。大野選手は花道とコーナーでたっぷりアピール。続いて塁の入場曲が流れると客席からおおっ!という声が。試合前から大野選手らいちゃもんをつける塁。レフェリーはマイトさん。
オーソドックスに試合開始。探り合う二人、すると塁が大野選手の角を掴んだ!塁は「凶器だろ!レフェリーちゃんとチェックしろよ!」と抗議。大野選手は「髪の毛だ!」と反論。挙句「お前(塁)の髪型だって変だぞ!」一気にコミカルな空気に。
ショルダー合戦は塁だって得意な方なのに大野選手相手に意外と苦戦。ぶつかられても「なんじゃそりゃー!」と余裕の大野選手。塁は大野選手をロープに走らせて返ってきたところに蹴りを入れて流れを止める。
大野選手、塁をコーナーに激突させると、塁の腰が落ちたところに真正面から突進、塁の顔面に股間が直撃!コーナーに昇ると仰向けに倒れた塁の腹部めがけてフットスタンプ。塁にまたがっての尻餅も強烈だし、大野選手やるなあ。
しかし塁も負けていられない。コーナーに追い詰めてチョップ連打、ブレーンバスター、更に信じられない高さからダイビングエルボードロップをブチ当てる。
試合も終盤、大野選手、塁に丸め込みをかけるもクリアされる。今度は塁がひっくり返して丸め込む。大野選手もこれを返すと、塁は大野選手の脚を持ち上げて逆エビの体勢に!ガッチリ決まってタップを奪いました。外部選手ということで気を使ったのか、決まったとわかるとすぐに解きましたな。
レフェリーに要求して勝ち名乗りを受けた塁は、リングを降りた大野選手をリング上に呼び戻して握手を求める。戸惑いつつも大野選手が応えると、笑顔でガッチリと握手、更に手を高く掲げてノーサイド!と思いきや、やっぱり蹴ったー!「こんな変な頭の奴と握手するわけねーだろバカ!」と言い捨てて退場していきました。

やっぱりシングルマッチは選手をじっくり見れていいですね!初対決の二人でしたが、なかなかに手が合っていたと思います。

2.15分1本勝負
○気仙沼二郎、大柳錦也(12:28片エビ固め)卍丸、郡司歩×※ギロチンドロップ

まずは郡司、今日も元気です!パートナーは卍丸!対するは沼ちゃんと大柳先輩のタッグ屋です。
卍丸を制して先発を志願する郡司。やる気満々!
そんな郡司のやる気を買ってか、今日の沼ちゃんと大柳先輩はこわかった!郡司相手にこんなこわい沼ちゃんも大柳も初めて見たよ。
郡司を自コーナーに寄せ付けず、卍丸も手の出しようが無いのか、そもそも出す気がなかったのか。二度ほど、ピンチの場面でカットに入ったけれども、本当にカットに入っただけですぐにコーナーに戻ってしまう。
あまりのやられっぷりにまさか卍丸出番無しで試合終了?と思ったほど。実際、沼ちゃんも「よし終わりだ」と終らせにかかったし。
それでも長い間の孤軍奮闘の末、沼ちゃんにミサイルキックを発射してようやく卍丸にタッチ。よくやった!
ひとりスタミナがありあまってる卍丸はフラストレーションを爆発させるかのように、二人相手にケンカキックだのとび蹴りだの蹴って蹴って蹴りまくる。
大柳先輩と対峙した卍丸、エルボー合戦に挑み、大柳先輩得意の延髄蹴りを見事にかわして反撃の蹴りが決まると場内からは驚嘆の声が!大柳は卍丸をコーナーでの卍固めに捕え、卍丸は大柳をコーナーに振って弾丸タックルをブチ当て、一進一退の攻防に。大柳はゴッチ式を決められず、卍丸は自コーナーに戻り郡司にタッチ。
そしてやっぱり捕まってしまう郡司。コーナー際で乱れ打ちされ、沼ちゃんからは強烈に頭突きを食らう。ああまた郡司が流血してるー。
リング下に郡司が落ちると、沼ちゃんはプランチャで追撃、同じく大柳もリング下の卍丸めがけてプランチャ。郡司は床に大の字。
なんとかリングインした郡司、しかし大柳に卍固めに捕えられてしまう!沼ちゃんのガードを突破した卍丸がカットに成功。郡司よく堪えた!
しかし試練は次から次へと、今度は大柳の脇固めに捕えられてしまう。これも必死のエスケープに成功!郡司はしぶとい!
郡司が折れないと見ると、沼ちゃんはコーナーからギロチンドロップに続けてランニングレッグドロップでフォール、それでも郡司は返す!そして沼ちゃんの銀鱗がズバリと当たってついに3カウント。

仰向けのまま起き上がれない郡司。卍丸は一人で退場。郡司を両脇から囲む沼ちゃんと大柳。沼ちゃん、郡司の腕を取ってなにやら話しかけると腕を振り払った?!リングを降りる沼ちゃん、あれ?怒ってる?大柳も沼ちゃんに続いてリングを降りる。
その間に郡司はなんとか自力で立ち上がって一礼するとまた崩れ落ちてしまった。
沼ちゃんはあのまま退場かと思いきや、本部席にマイクを取りに行っただけでした。大柳先輩絶対混乱してた!
すれ違いで大地の肩を借りて退場する郡司、すると沼ちゃんが突然「大地、郡司のこと羨ましいだろう?!」沼ちゃんニヤニヤ。大地、鳩が豆鉄砲食らったような顔していきなり止まる。郡司、いきなり止まられてまたもや崩れ落ちる。「いいよいいよ、肩貸してやってよ、退場していいよ。退場しながら聞いて」「郡司スゲエよ。大地もうかうかしてられないぞ」大地、気になってしょうがないのでしょう、郡司を送り届ける間も何度も振り返ってました。
戻ってきた大地に「じゃあ大地が不滅だーで締めて」大地の表情が硬いのを察してか「それかちゃんことどっちがいい?」「こっち(ちゃんこ)がいいです」やっと大地の頬が緩みました。というわけで沼ちゃんが「不滅だー!」でシメました。

お見送りに立とうとする沼ちゃんに宇田川さんがなにやら話しかけると「えっ、今日のちゃんこはカレーちゃんこなの?!ホワイトカレーがあるのに?!郡司はなぜかぶせてきた?!」そこで大柳先輩が「カレーちゃんこをおかずにホワイトカレーを」沼ちゃん「丸く治めたねー」と感心しきり。
カレーちゃんこをいただいていますと沼ちゃんから「大野選手がいますのでみなさんサインもらってください」連れられて来たのか、たまたま来たところを見つかったのか、ともかく大野選手はお客さんに取り囲まれてファンサービスに勤しんでおりました。
お見送りに立った沼ちゃん「さっきの桜の曲わかる人いない?」どうしても気になる様子。ようやくお客さんから「レミオロメン」という回答が出ました。「ああ!聴いたことあると思ったら!」沼ちゃんスッキリ。私もスッキリ。
本日もカルビーポテトチップスのり塩パンチはなくなったのでカルビー四季のいちおし素材桜えびの試食品を頂戴しました。ありがとうございます。

いやー今日は第一試合もメインもよかったですねー。
直前に週間プロレスでアブトーラ小林選手のレスラーズヒューマンストーリーを読んだんですけど、そこに書いてあった新人時代の小林選手の姿に郡司の姿が重なりました。「今はみんない試合やろうと思ってシーソーゲームばかりだけど、俺はいつも完封負けばかりだった」てのが。
あと1日あるのに、こんな試合見せられちゃって、逆に明日が心配です!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.21(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード