« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/04/20(金)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第7回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

前回からだいぶ間が開いた春の道場プロレスの三連戦初日。
金曜日はやっぱりお客さん少な目でのんびりまったり。今日はチビッコプロレス教室もありませんでした。
売店では練習生の及川君が一生懸命声を上げて物販の宣伝をしていました。
OOGAMANIAのスクリーンが出っぱなしで、試合開始前にはOOGAMANIA番外編の映像が流れました。わざわざライガー選手からいただいたコメント映像を1回しか使わないなんてもったいないよね!

お時間になって福山雅治の「桜坂」で春の道場プロレス実行委員会副委員長の大柳先輩が登場。そうなんです、この日沼ちゃんは政宗選手自主興行で666の忍選手との試合があるので道場プロレスは欠席なんですね。
日程告知に売店紹介にとやっていることは沼ちゃんと変わらないのに、キッチリピッチリとした佇まいに人柄がうかがえます。
売店の新商品はイラストフォトカード。大釜限定のものもあるとか。サスケが表紙を飾ったボディビル雑誌「かっこいいカラダ」も売ってましたよ。大柳先輩いわく「すごいです」瀧澤専務は「ヌードもあるよ」とアピール。「ヌードだけどマスクはかぶったまま」だそうで。
「本日より、フリーの大野勇樹選手が参戦します。僕もよく知らないので、どんな選手か楽しみです」私も楽しみです。
大柳先輩の「本日は1試合。ですが!」という思わせぶりな口調になにか特別なことがあるのかな?!と思ってお客さんも「が?!」と聞き返したのに「1試合ですが、精一杯戦います」なんだよ!
「それでは三日間よろしくお願いします」と律儀に挨拶して一旦退場。

1.30分一本勝負
○日向寺塁、拳王、野橋太郎(18:20逆エビ固め)卍丸、大野勇樹、郡司歩×

トップバッターは郡司。今日も気合じゅうぶん!レフェリーは大柳先輩。大柳先輩はレフェリーシャツがホントによく似合うなあ。続いて初登場!大野選手。予備知識はあったけど、実際に見るとすんごいインパクト。あの体型にあのコスチュームは…。本人ニコニコだけどお客さん若干ヒキ気味?!引き続き登場したタッグパートナーの卍丸も訝しげ。しかしなんだこの正規軍にハヤト軍(仮)に特別参戦選手の抱き合わせタッグは。
対するは阿修羅の三人、塁なんかもう、リング下から大野選手を指して「なんなんだよコイツは?!」
ふと思ったんだけど、野橋がリングインしてからコーナーに昇って拳挙げて雄叫びを上げるようになったのは阿修羅になってからだっけ?
珍しく奇襲無しでスタート。
先発は卍丸と日向寺。バックを取り合ってぐるぐる回る二人。塁が卍丸のリストを取ることに成功。
郡司と拳王に変わると、身を乗り出して強い口調で郡司に檄を飛ばし始める野橋。野橋は郡司のセコンドにしか思えん。郡司は力比べで拳王に挑むも、二回ともロープに追いやられてしまう。
注目の大野選手が登場。野橋とショルダー合戦。脂肪が壁になってるのか、全然効いたふうのない大野選手。逆に跳ね返されてしまう野橋。野橋は大野選手を走らせるとカニばさみで倒して罵倒。
ひととおり顔見せが終わり、再度郡司がリングインすると案の定捕まってしまう。大野選手はコーナーで郡司をいたぶる阿修羅に向かって「なんであいつら反則ばっかりしてるんだよ!」それはヒールだからです。
仁王立ちの拳王に何度もエルボーを打ち込み、ビンタ連打で倒され、屈辱的な片足踏み付けフォールもなんとか返して、コーナー二段目から低めのミサイルキックを当てて自陣に戻った郡司、かわりに卍丸がリングへ。拳王とエルボー合戦を展開。拳王はエルボーの音も重いなあ。
押され気味の抱き合わせタッグの流れを変えたのは大野選手。
野橋をコーナーに振って前から後ろからのジャンピングボディアタック(顔にどの部分が当るかわかりますね?!)、コーナーのロープを掴むと倒れた野橋にボディプレス。
更に拳王を仰向けに倒してまたぐとまさかの男色殺法?!拳王に?!さすがにそれはなくて、それでも拳王の腹部にどすーんと尻もち。キツイ!コミカルながらも強烈な攻撃にお客さん大盛り上がり、阿修羅は苦戦。
その間に回復した郡司も積極的に試合に参加、うまい具合に野橋をコーナーに追い詰めたのに、みすみすコーナーから離れたところに移動してしまった!郡司ー!卍丸と大野選手のアシスト受けてミサイルキックを放つも、結局は野橋に捕まってしまう。顔を真っ赤にして郡司の頭をギリギリと締める野橋。そして終らせにかかったか、郡司の脇を固めた!ロープを探してもが郡司、拳王はエスケープさせまいとレフェリーの目を盗んでサードロープの前に両足を入れる。死に物狂いで振り回した脚がロープにひっかかってエスケープ成功。
いつの間にか郡司流血!
フラフラの郡司、そんな郡司が立ち上がるのを待って塁は強烈なスピアを発射!前にこれで3カウントを取られた郡司、終わりかと思ったら返した!しかし続く高角度の逆エビにあえなくタップ。塁はいつもゴングが鳴っても手を離さないけど今日はいつも以上にしつこかった。
卍丸はさっさと退場、阿修羅はレフェリーからの勝ち名乗りを拒否して退場、お客さんからの拍手もまばら、大野選手も郡司の様子を見て先に退場、リングに残ったのは郡司と大柳先輩。励まされてなんとか立ち上がった郡司。大柳先輩は「少しずつだけど成長してる」とエールを送りました。
「郡司がこんな状態なので…」と、大柳先輩仕切りでビンゴ大会が始まりました。進行上仕方ないけどこの切り替えの早さといったら!
さて本日の賞品は…
・みちのくプロレス缶バッチ第三弾コンプリートセット
・大和魂Tシャツ(これ説明が無かったんだけど何?エンセン井上?)
・サイン入り決起軍(?)Tシャツ
・OOGAMANIA7のDVD(なんで7?)
・カルビー提供お菓子パックにOOGAMANIAパンフレットを付けて×3セット
更に一気に5人がビンゴになったしまったため、急所お菓子パックを2セット追加、計8名の手に貰われていきました。
ビンゴ大会が終ると、大柳先輩はカルビーポテトチップスのり塩Wパンチ味の試食品を手渡してお見送りに立ちました。

前後するけど試合について。ときどきこういう試合あるけど、卍丸と拳王が全然アピールできてなかった。
卍丸郡司大野組は…抱き合わせの急造タッグだからしかたないけど、やっぱりタッグとして全然機能してなかった。
前回の6人タッグワンマッチがとても良かったから期待してたんだけど…それでも大野選手が活躍を見せ始めたあたりから後半一気にスパートかけて盛り上がったから良かったかな。
大野選手の初戦は6人タッグよりもシングルマッチが良かったなあ。やっぱ出番が少なくなる6人タッグではイマイチどんな選手かわかりにくいし、消化不良気味。
引き続き大野選手も参戦する明日明後日に期待。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.20(Fri) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード