« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/04/15(日)みちのくプロレス「大釜活性化イベントOOGAMANIA19」@滝沢村大釜幼稚園体育館

昨日までの寒さが嘘のようなお天気でちょっと暑いくらい。この天気じゃあきっとkenの参戦は無いなと思ったり。
試合終了後の野橋からの重大発表とは?!

開場待ちをしていると立派なテレビカメラが。お客さんにインタビューを取ったり、開場時にもカメラを回したりと、何かの取材のようです。

あいかわらず出足の遅いお客さんも試合開始間際には満員に。
珍しく数分遅れで試合開始。夜桜お七で沼ちゃん登場。「この曲出るタイミングがわからない」たしかに変なタイミングで入場してきました。「この曲を作詞した人は俺の海を作詞した人です」に客席から驚きの声があがると「これしょっちゅう言ってるのに全然浸透しない」
「今日はカメラが入っていますが、秋田朝日放送が秋田県羽後町出身の郡司に密着取材をしています。5月の横手大会にもカメラが入ります。放送日等詳細がわかったらホームページにも情報を載せます」前述の立派なテレビカメラはそういうことでした。
「秋田出身のプロレスラーって少ないんですよね。ディック東郷さん、それと昔、悪冠一色(あーがんいーそー)にいた菅原拓也。彼をプロレス業界に紹介したのは私です」ヒールのがっちゃんも沼二郎大先生には頭が上がらないんですよね。
「毎週水曜日いわてウェブテレビで番組をやってるんですけど、見てる人…(全く挙がらない手)そんなもんですか、見てください」
日程告知で「後楽園大会のカードが一部決定しました」そういえば昨日は新木場大会だった。珍しく結果をチェックしてこなかったのです。
「売店…カレーは売り切れ?!パン屋ひろよしさんは…もうそれだけ?!パンが到着した途端うちのスタッフが真っ先に買いに走りましたからね。先に客に買わせろって」
ひととおり告知も終わり「発売はまだ決まっていません。せめて手拍子を。一緒に口ずさんでくれると嬉しいです」と控えめなアピールで新曲「しゃぼん玉」

沼ちゃん一旦退場、あらためて選手入場。本日は若くなくて大きい方のオオガマックスが登場!
挨拶は欠場中の大地から。あらためて欠場の経緯の説明と、そして復帰戦決定の報告が!「復帰は6月の後楽園大会ですので、ここにいる皆さんに戦う姿をお見せできるのは6月23日のOOGAMANIAになります」と、はからずも?次回OOGAMANIAの報告まで!おめでとう!欠場四ヶ月…長かったね!
恒例のサインボール投げ、久々に当りボール申告者が続出しました。

1.○卍丸(9:12エビ固め)郡司歩×※パイルドライバー

OOGAMANIAでは郡司デビュー後初試合ですね。対するは春の道場プロレスですっかりお馴染みの卍丸!大歓声で迎えられました。
まずはロックアップして力比べ。郡司は初っ端から大きな声を出していきます。
卍丸は郡司を持ち上げると無理矢理グラウンドに。郡司が押さえ込もうとしても卍丸はするりと抜けてしまう。
スタンドでは何度もエルボー打たせる卍丸。そしてビンタ一発で張り倒される郡司。
卍丸は郡司をヘッドロックでギリギリ絞り上げる。郡司は脇腹に肘を打ち込んでなんとか脱出し、卍丸をロープに振ってドロップキックをヒット!続けざまにミサイルキック!更に卍丸を持ち上げようと腰に手をかけるも、逆に持ち上げられてしまいそのままブレーバスター。
卍丸は郡司を逆エビに捕えどっしりと腰を落とす。郡司ロープを求めて必死にもがく。あとちょっとと言うところで中央に戻されてしまう。卍丸も必死。諦めない郡司は粘りに粘ってロープエスケープに成功!本当によく粘った!
フラフラの郡司を捕えると卍丸はパイルドライバーの体勢に。郡司、ここでもかけられまいともがく。しかし結局落とされてしまい、返せずに3カウント。
卍丸はすぐにリングを降りて退場。悔しそうに叫ぶ郡司。一礼すると、フラフラの足取りで退場していきました。
いやよく粘ったし声も出てたよ!がんばれ郡司!

2.○野橋太郎、拳王、日向寺塁(16:38※逆打ち)気仙沼二郎、剣舞、オオガマックス×

6人タッグのアナウンスに期待のどよめき、そして剣舞登場に大歓声!剣舞も嬉しそう。続いて沼ちゃん、そしてオオガマックスが登場。
阿修羅は拳王のテーマで三人揃って登場。竹刀持参の塁はこわい!リングインしてコーナーに立って雄叫びをあげる野橋。ハリキッテルなあ!
拳王のコールで阿修羅が奇襲。初っ端からの場外乱闘には発展せず。
拳王と対峙したオオガマックス。「みんなのパワーを分けてくれ!オオガー…マックス!」お客さんも一緒に腕を交差させてマックス!パワーをもらったオオガマックスは交差した腕を拳王の胸板にぶち当てる。ビクともしない拳王。「まだまだ、みんなのパワーを分けてくれ!」再度パワーをもらって攻撃。依然としてビクともしない拳王。もはや呆れ顔。三回目ともなると「あの…みんなのパワーを…」と気弱に。結局、拳王からハイキックをお見舞いされてダウン。
思い返すと、以前はオオガマックスをなんと呼べばいいかわからないからか声援が集まらなかったけれど、今では「マックス」が定着したのかフツーに声援があがるようになりましたね。
沼ちゃんと日向寺に代わるとショルダー&チョップ合戦。打つのをやめてひたすら塁に打たせる沼ちゃん。最後はショルダーで倒されて
しまったけれど、受けきった沼ちゃんはカッコイイ!
試合は場外へ。
拳王はプラチェーンでオオガマックスにチョークしたりとヒールモード全開で大暴れ。バラモンよろしくカラーコーンでのア○ル攻撃まで飛び出す。拳王がやると手加減ナシでシャレになんなくて笑えないからやめてあげてー。剣舞かわいそう。
ここのところ大釜での暴れっぷりがハンパない塁はブルーシートひっぺがすとお客さんの荷物ごと正規軍を一網打尽。す巻きにされた剣舞に腰掛けて休憩する拳王。頃合を見てマイトさんが片付けると「なに片付けてんだよ!」とまたひっぺがす。せっかく片付けたのに!
やっと選手がリングに戻り、お客さんも各々元の場所へ。不思議なもんで、ブルーシート含めてそれなりに元どおりになるのです。
リングでは沼ちゃんが阿修羅にいたぶられている。多勢に無勢の攻撃にお客さん大ブーイング。
沼ちゃんは沼ちゃんボンバーを炸裂させると、自力でコーナーに戻りオオガマックスにタッチ。
エルボースマッシュの連打に「あれ、どこかで見たことあるぞ?」卍固めに「そのまんまじゃん!」の声が。
剣舞とオオガマックスの619の共演はオオガマックスが失敗してしまう。でもオオガマックスならば「らしい」のよね。冴えないヒーロー。
流れを戻せるかと思ったものの、剣舞が拳王に捕まってしまい、拳王のアシストを受けて野橋の低空ドロップキックが剣舞の顔面にヒット!拳王のダブルフットスタンプはオオガマックスが阻止。ざまあみろ!
阿修羅をリング下に落とすと、沼ちゃん逆トペ、剣舞トペコン、オオガマックスプランチャで正規軍が一斉に舞う!
塁、どさくさにまぎれてお客さんの缶ジュースを勝手に開けて飲んで水分補給。
こんなごちゃごちゃの中で野橋がオオガマックスに逆打ち!あれっ、終っちゃった。
オオガマックスの介抱にリングインした及川君が拳王に投げ落とされたあ~。更に拳王はオオガマックスのマスクに手をかける暴挙に!なんとか未然に防いだものの、ろくな手当ても受けれないままセコンドの肩を借りて退場。

さて阿修羅だけになったリング。もちろんマイクを握るのは野橋。
「俺にはやっておかなければならないことがある」と、VTRで発表されたのは…
野橋太郎デビュー10周年記念大会をOOGAMANIA番外編として開催!
みちのくプロレスからも多数参戦!
そして野橋の相手はななんと新日本プロレスより獣神サンダーライガー!うおおおおおおお!名前が出る前のテーマ曲のイントロの時点で大歓声があがりました!まさかサスケの宇宙大戦争のパートナーみたいなことに…という不安はライガー選手のコメントで消えました。「10周年おめでとうございます!それはそれとして、勝負は勝負」「あんなカンカンなんか使わせないでやる!」
まさか無料大会?!入場できなかったらどうしよう!と思ったら、全席指定有料大会の発表に客席からはちょっとガッカリな空気を感じましたが、私は逆にホッとしました。有料にはホッとしたけど全席指定はちょっとガッカリ。いつもの会場の雰囲気で見たかったな。
さてVTRも終わり会場は興奮の渦に。野橋は「一斗缶をカンカンだなんていい間違えてやがる」とどうでもいい揚げ足取り。そんな野橋の横で拳王は無表情で仁王立ち、塁にいたっては寝っころがってテレビを見るお父さん状態。
「大釜の英雄この野橋太郎がいるかぎり、みちのくプロレスそしてOOGAMANIAは永遠に不滅だー!」客席からは、大・野橋コールが発生。野橋はシラケムードの拳王と日向寺をなんとか説得してあらためて三人で勝ち名乗り。コーナーでのアピールにもしぶしぶ付き合う二人。役目を終えると拳王はひとりさっさと壁際から退場。日向寺は花道をベリベリとひっぺがしながら退場。野橋の通る花道がなくなったー。まったく阿修羅のみなさんは仲が悪いですね!

OOGAMANIA番外編のチケットは本日より発売ということで、野橋も売店に立ってファンサービス?特別参戦の剣舞とオオガマックスも売店に立ちました。会場入り口では、各選手が、カルビーポテトチップスのり塩パンチの試食品を配りながらお見送り。
そういえば記念撮影が無かったね?!初めてじゃない?

いやーーー。やっぱり野橋は大釜の英雄だわ。自分で言うなって感じだけど。あの大・野橋コールの会場の一体感は最高だった。
重大発表が良い発表でよかった!そしてまさかの獣神サンダーライガー。ライガー選手はフットワークが軽いですね。
ちなみに私が予想していた重大発表は「OOGAMANIAのプロデューサーを降りる」でした。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.15(Sun) 23:57

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード