« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/03/22(木)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

六連戦三日目。二日目のカードを見て歯軋り。ギギギ。
会場に入ったらチビッコプロレス教室が始まるところでした。マイトさんと大地が先生で、結構な人数のチビッコが参加していました。

時間になって沼ちゃんが「春一番」に乗って登場。
今日の沼ちゃん普通のジーンズ履いてる。Tシャツも黄色いけどデザインが違う。
リングインするなり携帯カメラで客席をパシャ。「来週のウェブTVで流します」
春の道場プロレスの入場曲は「春」シリーズで行くそうです。1日目は「春の小川」じゃなくて「春よ来い」でした。「元気ですかー!」と猪木じゃなくて春一番のモノマネをやるが全くウケず…。
「このTシャツは津波の被害にあった高田松原のTシャツです。NEVER GIVE UPって私にピッタリですね」
なんだか打っても響かないお客さん。
「しゃぼん玉」を披露した後、リングを降りながら「反応無いと思うけど、このジーンズは愚乱・浪花のです」さすがに反応がありました。

今回は対戦カードの発表って無いんですね。

※結果詳細は公式発表待ち

1.10分1本勝負
○卍丸()大柳錦也×※卍落とし

舎人一家のテーマで卍丸が登場!前半戦はずっと参戦するのかな?対するは大柳先輩。レフェリーはマイトさんです。
リングコールに手を挙げる卍丸を見て、こんなことあったかしら?と。
ふたりとも声を出すタイプじゃないから、ものすごく静かな立ち上がり。グランドでバックを取り合い、卍丸が大柳のフロントネックに捕らえる。
スタンドになると大柳はエルボースマッシュ、卍丸は前蹴りの応酬の末、大柳が卍丸に延髄蹴り。このときの大柳のエルボースマッシュがいつもよりも勢い付いて見えました。
卍丸を卍固めに捕らえた大柳、卍丸は大柳の脇腹に肘を何度も打ち付けて脱出。
卍丸の反撃、大柳をコーナーへ振って追随して体当たりするもよけられてコーナーに激突。そこから大柳がコーナー卍固め。反則4カウントで解除。
リング中央、卍丸大柳に垂直落下式ブレーンバスター、更に大柳の両腕を背後に取って思いっきり極める。大柳ピンチ!なんとか脱出、
今度は大柳が二度目の卍固め、しかし抜けられてしまう。「決めるぞー!」と予告してゴッチ式試みるも失敗、逆に卍丸が大柳に卍落とし!大柳返せず、3カウント。
試合後のふたりの様子に注目。言葉や目線を交わすことはなく卍丸からリングを降りました。ハヤト軍(仮)は正規軍とはまた別なんだなと。ただ、さっさと…という感じではなかったです。
いやはや素晴らしい試合でした。まず卍丸のシングルマッチを見ること自体が少ないんだけど、九龍1DAYトーナメントとか、プロレスというよりもガチのケンカっぽい戦い方をするイメージが強いから、こういう戦い方もできるんだなと。テクニシャンを相手にしてテクニカルな引き出しをこころおきなく開けたような。そればっかりじゃなく当りの強い打撃戦もあって存分に堪能しました。kenが「大柳と戦うのは楽しい」と毎度毎度ブログに書く気持ちが卍丸にもわかったんじゃなかろか?

2.15分1本勝負
○野橋太郎、拳王(変形ラクダ固め)気仙沼二郎、郡司歩×

俺の海で郡司と沼ちゃんが登場。続いて失恋モッシュで野橋と拳王が登場。
リングインする拳王野橋組を睨みつける郡司の目が鋭い!
先発は郡司、そして拳王が出ると客席からは「おおー!」の声が。
ガッチリとロックアップ。控えの野橋は拳王に「油断するな」とアドバイス。いとも簡単にロープに押しやられてしまう郡司。拳王は溜めに溜めてクリーンブレイク。
リストの取り合いは取り合いというよりも、そのまま千切れてしまうんじゃないかと思うくらい一方的に腕を捻られる郡司。拳王はそのまま自コーナーへ戻り郡司の手首を野橋に渡してからタッチ。野橋は引き続きこれでもかというほど郡司の腕をぐるんぐるんと回しまくる。
なんとか沼ちゃんにタッチ。郡司もセコンドで声を出していきます!沼ちゃんボンバー炸裂!沼ちゃんと野橋でショルダー合戦。「お前が走れこのボケカス!"#$%&'()=~|」
再び郡司がリングに入ると、野橋と郡司でチョップ合戦。全く効かないぞと、かなり激しい口調で激を飛ばしながら自分の胸を打たせる野橋。郡司のチョップもこれまでの全く音も聞こえないような弱弱しいものとちがって、野橋からの反撃を散々受けてからも、しっかりとした音を響かせていました。郡司をロープに押し付けて、拳王も外側から郡司を押さえ付けるヒールらしい一面も。色白な郡司の胸は真っ赤っ赤。そして色黒な野橋の胸も真っ赤っ赤!
野橋とタッチして拳王がリングに。郡司は拳王へのドロップキックが成功、お返しにジャンピングダブルニーを食らってしまう。
沼ちゃんと郡司で拳王にクローズライン、連携を見せる。
沼ちゃん拳王にギロチンドロップ、銀鱗、コーナーに持ち上げて気仙落としは失敗。沼ちゃんと拳王って身長差はそんなにないけど、体格差がすごいのね…。
拳王、沼ちゃんをアンクルホールドで捕らえる。郡司、カットに入るも一回蹴ったくらいでは拳王動じず、しかしあきらめずに何度も蹴りようやく外させる。
拳王、沼ちゃんを場外に落として客席後方に追いやる。その間に野橋は郡司に超強烈な低空ドロップキックをお見舞い。そしてキャメルクラッチに捕らえる。拳王は沼ちゃんをガッチリガード。郡司、エスケープしようにも顔が正面を向いていない!野橋めっちゃ捻ってる!沼ちゃんリングサイドまで戻るが間に合わず、郡司タップ。
起き上がれない郡司にかけよる沼ちゃん。
拳王と野橋は勝ち名乗り受け、二三言葉を交わすと勝どきあげず、それぞれリングを降りて退場。退場する二人には拍手が送られました。
マイクを持った沼ちゃん、いきなり郡司に「ごめん」と。
「郡司、ちょっとずつだけど昨日より確実に成長してると思う」大柳も頷き、お客さんからも賛同の拍手が。
「今日は俺も悪かったサポートしきれなかったホントにごめん」言葉どころか感情すらもまとまらない様子の沼ちゃん。ビンゴ大会は大柳に任せて、ビンゴ大会が始まっている後ろで郡司になにやら話しかける沼ちゃん、泣いてました。そして郡司に肩を貸して退場。
沼ちゃんの涙がわかる試合でした。すごく胸の苦しくなる試合でした。もう野橋の愛が大きすぎて!そしてなによりも郡司のがんばり。前に道場プロレスで見た野橋対大地のシングルマッチを思い出しました。別にそういうのを期待してるわけじゃないんですけど、野橋対郡司のシングルマッチを見るのが楽しみになりました。
お客さんの郡司への声援、そして試合後の野橋と拳王への拍手、お客さんの反応は素直ですね。

さて時間軸をちょっと戻して、ビンゴ大会。ビンゴ大会のある日はジャンケン大会はありません。前はジャンケン大会もあったような?
本日の商品は、バッヂコンプリートセット(!)、道場プロレス参戦選手サイン入りエコバッグ、ケッパレTシャツの豪華三点。書いた順に貰われていきました。(私が欲しいと思った順に書きました)

本日も野橋ブースチェック。たしか1日目は無かったような、九龍に赤×の一斗缶が売ってました。お値段は壷とか水みたいな…。野橋パックもまだありましたよ。
入り口では大柳先輩がカルビー「期間限定・四季のいちおし素材・桜えび」の試食品を手渡してお見送りに立ちました。

いやー今日は来てよかった!本当に良かった!いや、来なきゃ良かったなんて思ったことないけど。それにしたってどちらも素晴らしい試合で大!満!足!でした!
ちょっと気になることがあったけど大満足のまま終わらせたいから書かないでおこう!

そーいえば塁はセコンドにも来てませんでした。珍しい。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.22(Thu) 23:43

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード