« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/03/20(火)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

またまたやってまいりました春の道場プロレス!本日から日曜日まで6連戦という滅茶苦茶な日程!
本日は初日&祝日ということもあってまずまずの入り。
売店ではポスターで大フューチャーされているというのに全日程欠場の大地が「通常500円のエコバッグを本日300えn200円で販売いたします!」と何度も300円を200円と間違えながら宣伝していました。
野橋ブースを覗いてみますと、九龍バージョンの入場用オーバーマスクと阿修羅バージョンの使用済一斗缶、注目は野橋スペシャルパック!内容はこんな感じ。
・九龍バージョン使用済一斗缶
・野橋Tシャツ(新品)
・みちプロTシャツ二種
・トートバッグ
中身は見てのお楽しみ。
これで4000円ですから、かなりおトクじゃあないですか?!
そしてもひとつビックリ情報。ひっそりと売店後方の壁にチラシが貼ってあっただけでリング上での告知はなかったのですが、ななんと拳王が日本拳法教室を開くとのこと。拳王直々に指導するようです。

試合開始時刻、沼ちゃん登場「この曲(なんだったっけ?春の小川だったっけ?)出にくい」と。
本日も変なジーンズに黄色いTシャツをズボンイン。いちいち書くのめんどくさいから今後はしゃぼん玉バージョンと書こう。
「春の道場プロレス実行委員長の大柳錦也選手から挨拶を」ということで大柳選手が登場。入園式を控えて飾り付けられた体育館、リング後方に貼ってある「にゅうえんおめでとうごいます」の横断幕を前にしたおカタい挨拶は園長先生のお話のようでした。
「今日は練習生の及川ユウタくんが作ったコーンポタージュの振る舞いがあります」お客さんからの感謝の拍手にちょっとだけはにかむ及川くん。
今後の道場プロレスのイベント(ビンゴ・ビンゴ・おでん・甘酒だったかな)などを告知して、歌へ。
「先日の矢巾八戸はマイクスタンドがなくてサビで手拍子ができなかった」と。途中、歌詞が飛んでしまった沼ちゃん。「この曲歌いやすいのに初めて間違えた」
お次はジャンケン大会。OOGAMAX登場「ジャンケン大会は毎日やります」本日の商品は、西田ヒデキの「幻」Tシャツ。「これ言っていいよね?レスリングドリーマーズのはやて選手です」その後よく聞こえなかったんだけど「二代目こまちの…」とかなんとか言ったんだけど、沼ちゃんが思うようなお客さんの反応がなかったので「この話やめます」と。もうひとつ「北海道限定鮭味プリッツ」。誰かのお土産ですか。

対戦カード発表無かったような?

1.10分1本勝負
○野橋太郎(9:42変形ラクダ固め)気仙沼二郎×

野橋はフルコスチュームで登場。八戸の野橋の入場曲は阿修羅の曲じゃないって思ってたけど今日は阿修羅の曲だったから阿修羅の曲だったみたい。セコンドには竹刀持参の塁も登場。
続いて沼ちゃん。そういえば沼ちゃんの入場曲は俺の海のままなのね。やっぱり沼ちゃんには俺の海が似合うなあ。沼ちゃんのセコンドには欠場中の大地が付きます。
レフェリーは大柳、レフェリーシャツがとってもよく似合っています!
レフェリーチェックを受け入れる野橋にクリーンファイトが期待できます。
ロックアップ、野橋がロープに押しやってクリーンブレイク。
沼ちゃん、野橋にアームホイップ連発。セコンドの塁もしきりに「あのパンチパーマ結構動けるじゃねーか」と感心。
腹パンチ合戦は野橋と沼ちゃんがやっても面白いなあ。
野橋は沼ちゃんをコーナーまで押しやるとコーナーで攻撃。レフェリーに咎められてブレイク。
と、ここで野橋の動きが止まってしまい、試合の流れも途切れてしまう。ど、どうした?
沼二郎はチャンスと見たか、フライングニールキックにヒップアタック、ギロチンドロップにシャイニングウィザードと、野橋をコーナートップに持ち上げると気仙沼落とし!しかし抜けられてしまう。
沼ちゃん、ロープにぐっと寄りかかってラリアット放つ、野橋は前蹴りで阻止、カウンターで「沼ちゃんボンバー!」野橋を倒すと休むことなくロープへ走る、しかしリング下から塁が竹刀で沼ちゃんの背中を叩く!あーあ。台無しだ。塁はリングに背中を向けて知らんぷり。
塁の介入を受けて野橋はダイビングヘッドをブチ当て、キャメルクラッチに捕らえる。沼ちゃん一度はロープエスケープしたものの、中央に戻されて再度ガッチリ。沼ちゃん耐え切れずタップ。
勝ち名乗りを受けて塁とともに退場する野橋、沼ちゃんはリング下で塁の竹刀攻撃が見えてなかったのかと大柳レフェリーに抗議。しかし結果は覆らず、くやしそうに退場。
セコンドに付く塁はほんっとに憎らしい!

2.10分1本勝負
○卍丸(7:54片エビ固め)郡司歩×※パイルドライバー

郡司の入場に続いて流れたのは道場プロレスでは聴き慣れない曲…卍丸だああああ!お客さんからも大歓声!郡司の身が心配です!
試合開始。グラウンドの静かな展開。郡司が腕を極めようとする様子も。
スタンドになると、卍丸が「どうした打って来い」と、それに応えて郡司もエルボーを放つが卍丸は全く効いている風もなく、逆にビンタ一発で張り倒されてしまう。卍丸がリング上で声を出すなんて珍しいなあ。
何度倒されてもくじけない郡司、ドロップキック放ち当たったのに倒れない。休まず次の二発目を当てると倒れた!更に続けてボディスラムをかけようと試みるも逆にボディスラムで叩きつけられてしまう。
卍丸は郡司をボストンクラブに捕らえて思いっきり腰を落とす。郡司必死のロープエスケープ。
すると卍丸は郡司を逆さまにして垂直に抱えるとななんとパイルドラバー!郡司相手にこれが出てくるとは!
勝ち名乗りを受けてもリングを降りず、倒れた郡司を見守る卍丸。郡司が起き上がると、郡司に話しかける卍丸。結構長く話してました。その後、とくに握手を交わすこともなく、リングを下りた卍丸は売店へ向かいました。

入れ替わりで大柳がリングへ。
「この道場プロレスでなにかをつかめ」と郡司を激励。そ、それは郡司に言わせるべきでしょう!
「俺もレフェリーとしてのなにかをつかむ」と自らの抱負も語りました。
「寒い中ご来場ありがとうございました」でシメてみちのくプロレスのテーマが流れると、大柳ちょっとだけ「あ、しまった」という顔をしたような。

売店では卍丸がサイン会、入口付近では大地郡司練習生君がコーンポタージュの振る舞い、入口では沼ちゃんと大柳がカルビー「期間限定・四季のいちおし素材・桜えび」の試食品を手渡してお見送り。道場プロレスは試合後も選手と(強制的に)ふれあえていいですね。

春の道場プロレスは早くも郡司試練の○番勝負になりそうな予感がします!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.20(Tue) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード