« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/03/18(日)みちのくプロレス「阿修羅創世記~陸奥に咲くやこの華2012」@八戸八食センター

八食センターでのみちのくふたり旅以外の本興行は初?みちのくふたり旅ですら考えるところがあったので嫌な予感はしていたのですが…。
毎回座席のつくりが変わるこの会場、奥の方がいつもより広めに取られていました。会場直後はまだブルーシートも椅子も空きがあったんですけどね。パンチさんが登場する頃には座る場所を見つけられない人もチラホラ…。
「早くからたくさんのご来場ありがとうございます!八戸市民体育館に戻るのももうすぐですね!私はおいしいものを食べれるからここでいいんですけどね」それこの前も言ってたから早く戻ってよ!
「夏なんかは外の駐車場でやってもいいですね。昔はやってたんですよね?そのとき来た人はさすがにいないかな?あ、いる!私はいませんでした」
「地震を呼ぶ男・大柳選手が出場ということで今朝地震がありました」
「八戸全線復旧おめでとうございます」
「スポンサーの紹介を、沼ちゃんの定宿…今日は少ないですね」
「今日は盛岡で新日本プロレスがあるようですが、この後行く人いますか?間に合うの?じゃあ今日はたっぷりやります!嘘です。
新日も楽しんでください。業界全体が活性化するといいですね」どこぞのポスターを「どうでもいいですー」とはらりと落とした人と同じ人とは思えない…。
「下の売店ではウルティモ・ドラゴン選手とハヤト選手がサイン会をやっています」

30分からはおなじみの地元格闘技クラブのデモンストレーションがありました。
失敬して下に行くと、校長とハヤトの他に舎人一家もサイン会に立っていました。

さて戻った頃には元の場所に戻るのが難しいほどの大混雑!なんとか戻れましたが、試合開始前でこれ、まだまだ入ってくるかと思うと…。

地元格闘技クラブのデモンストレーションが終わり、前日の矢巾に引き続き、齋藤惣一朗先生とサスケ(UFO研究家Tシャツ着用)が登場。今日は遅刻しなかったようですね。
「サスケさん痩せましたね」と齋藤惣一朗先生。私も思いました。しぼんだよね?
「実はある雑誌の撮影がありまして。しかも表紙なんです」あーだから忍者コスチュームだったのかあー。「まだ誌名はいえません」カ○コいいカラダかな?
「一人三冊買うといいですね、見る用保存用念のため用」と齋藤惣一郎先生。サスケは「念のため用」に感心して「ウマイ!」と褒めていました。
「これから歌うキボウノチカラはカラオケにも入っています」「アーティスト名が長くて入りきらないんですよ。齋藤惣一郎featuringザ・グレ」
音響のせいか、マイクトラブルもなく、昨日よりは良かったです。

続いて沼ちゃんも前日矢巾と同じ変なジーンズにTシャツをインして登場。「しゃぼん玉」を披露しました。沼ちゃんは特別上手いわけじゃないけど歌声が素直なのですんなり聴けて良いですね。

さてここまでに座席整理を重ねた結果、まじで身動き取れないほどギュウギュウになりました。

沼ちゃんはそのまま残って選手入場。おお、kenがいなくなったのよね…。
本日の挨拶もサスケ。サスケが挨拶しているときに人生が一点を睨みつけてたんだけど…何事?
被災者への黙祷は客席混雑により着席のまま行いました。
サスケの挨拶後、八戸後援会と施設のみなさんからそれぞれ義援金の受け渡しがありました。

選手退場、対戦カード発表。き…昨日とあんまり変わんないじゃーん。ちょっとガッカリ。

1.15分1本勝負
〇房総ボーイ雷斗(6:21ラクダ固め)郡司歩×

昨日とはうってかわって郡司のチョップの音がとても良かったです!力が入ってるね!
リープフロッグで飛び越し、ドロップキックも当て、ボディスラムに続けてブレーンバスターもバッチリ!
押してると感じたり、もしやと思わせるような場面はまだまだなかったけれど、昨日今日で確実に成長が見られました。
なんとなく、昨日よりも二人の手が合っているようにも思いました。
試合内容は良かったのに、終わり方が…キャメルクラッチかけられた郡司、一度ロープエスケープに成功したのにレフェリーがちゃんと見てなかったのか、しっかりブレイクさせないままで雷斗選手が中央に戻しちゃったから、なーんかすっきりしない決着になってしまいました。
郡司は今日も雷斗選手の手を叩き返していました。悔しいのはわかるが礼節も大事だぞ。
雷斗選手の卑怯なヒーローっぷりを楽しみにしてたんですけどねー。まあ、郡司の糧になったからよしとしよう!

2.30分1本勝負
〇ザ・グレート・サスケ、ウルティモドラゴン(10:10片エビ固め)新崎人生、気仙沼二郎×※サスケスペシャルver.10.2セグウェイ(モノマネ禁止)

八食初登場の校長に大歓声!こんな狭い会場で校長が見れるなんてー。
今日も沼ちゃんは校長とだけ握手をしません。
沼ちゃんが出ると見ると先発をかって出る校長。でもわりとすぐにサスケにタッチ。
沼ちゃん、自コーナーまでサスケを連れ出すと、レフェリーの目を盗んで人生と一緒に攻撃。沼ちゃんも人生にタッチ。
あの話を聞いたからというわけじゃないけど、サスケと並んだ人生の体が妙にでかく見えました。人生の念仏パワーボムをウラカンラナで切り返すサスケや人生に卍固めをかけるサスケを見て人生とサスケのシングルが見たいなあと思ったり。
再び沼ちゃんに変わると、沼ちゃんとサスケの腹パンチ合戦に。「全然効いてないぞ!」と強がるサスケ。二人はいたって真剣なのに場内は笑いに包まれます。不思議です。
腹パンチは全然効かないサスケも沼ちゃんの頭突きとなると頭を掴まれただけで奇声を上げてしまいます。頭突きをくらってフラフラのサスケ、奇声で気合いを入れたお返しの頭突きは沼ちゃんに負けず劣らずすごい音。これだけすごい音させたらサスケ自身のダメージもいつも以上でしょう!結局頭突き合戦は次の沼ちゃんのターンで終了。サスケの負け。
ダウンしたサスケはここからもっとひどい目に遭います。レフェリーが校長に気を取られている間に、人生がリングインして沼ちゃんと一緒にサスケに股裂き。奇声をあげて悶絶するサスケ。しかも一度ならず二度も!人生と沼ちゃんはなかなかコンビネーションよく、しかも結構エグイ。
ひとまず使い物にならなくなったサスケに代わって校長が登場、その間に復活したサスケが再びリングへ。人生に何度もジャンピング脳天エルボーを打ちつけ、場外に落とすと逆トペ敢行。
沼ちゃんはサスケにヒップアタック、人生に「一緒にー!」と声をかけると人生も一緒にヒップアタック!
人生、サスケにダイビングショルダータックル。人生はコーナーに立つだけで歓声が起こりますね!
さて先発同様に対峙した因縁の二人。沼ちゃんギロチンドロップかわされてピンチ!すかさず校長が一撃必殺アサイDDT!なんと沼ちゃん返した!しかし間髪入れずサスケがコーナーからセグウェイ!
必殺技を立て続けに食らった沼ちゃんは返せるわけもなく、3カウントを聞いてしまいました…。
試合が終わり、沼ちゃんは言わずもがな、なんだか校長もテンションが低い。
「沼ちゃん。あの話、考えてくれた?」
「絶対にやめない!」
「昨日の今日で結論出せとはいわないからさ、次回矢巾までに考えといてよ」あの、結論出てますが。
八戸にだって何の話かわからない人もいただろうに、ろくに説明もなくあっさりと引っ込んでしまいました。人生にまで取り残された沼ちゃん。
「僕は絶対にパンチパーマをやめません!パンチパーマを含めて僕なんです!」とあらためて宣言。「そうだ、この子と一緒に写真を撮ろう!これが僕なんです!」と、花道付近にいたチビッコとパチリ。
「絶対にやめないぞー!」と叫んで退場していきました。

3.30分1本勝負
〇ヤッペーマン1号、2号(9:48エビ固め)大柳錦也、剣舞×※白い竜巻の術

入場してコーナーに昇った2号、目の前は壁なのに、無いはずの二階席にまたはいないはずの遠くの観客にアピール。2号は受けっぷりがいいと思ってたけど頭を打ちすぎた影響がこんなところに…。
先発は大柳と1号。1号が自らコール煽ると、自然と大柳にもコールが集まります。さすが津軽の英雄!でもコーナーに控えている2号にまでコールが飛んだのはなぜ?
タイプの違う二人、自分のペースに持っていったのは1号。しかし大柳は翻弄されることなく1号のスピードにしっかりと対応!意外な一面を見ました!
2号がリングインして連携に持っていこうとするといち早くふたりの腕を掴み、ふたりまとめて腕固め!1号がローブエスケープに成功して解除。
今度こそ!でヤッペーマンズはフェイスパスターにブレーンバスターといい連携を見せます。
一方の大柳と剣舞、大柳がロープ際でロメロスペシャルをかけた2号の上に剣舞がダイビングフットスタンプを投下。エグイ!
大柳が1号にコーナーで卍固めをかけると、対角のロープでは剣舞が2号にタランチュラ!
昨日はイマイチ目立たなかった剣舞も019にスイングDDTと得意技を連発。
1号も大柳もなにげに延髄蹴りが得意。
ひとりパワーで勝る大柳は2号にゴッチ式!頭から落とされた2号、ななんと返した!すぐに1号がリングに飛び込んでくると大柳を丸め込むも大柳もこれを返す。
剣舞を捕らえた1号、剣舞をコーナー間際に寝かせると、アピールしてコーナートップへ。1号がひとりでコーナーに昇るのなんて見たことないもんですから、いやがおうにも期待は高まります。そして後ろ向きに立つと、カンクーーントルネーーーーード!!!!場内からは大きな感嘆が!見事ヒット!剣舞から3カウントを奪いました!
どんなもんだいと言わんばかりに指をくるくるさせる1号。2号と一緒に売店でのサイン会に直行しました。
いやーーーー!びっっっっくりしました!まさかカンクーントルネードが出てくるとは!インパクト大!1号がやったからこそ余計に!大興奮でした!
昨日のカードに一人入れ替わるだけでもこんなに色の違う試合になるものかと!大柳先輩がよいスパイスになっていたと思います!

休憩時間でしたが、出たら戻ってこれないような気がしたのでじっとしてました。

休憩明けを前に「特別ゲストです。皆さんおなじみの…」という紹介で中年女性がリングに登場。「せっかく楽しみにしていたのに今さっき到着しました」と。…どちら様?

4.30分1本勝負
〇ラッセ(10:10マバタキ)野橋太郎×

先ほどの女性の謎はラッセへの花束贈呈で解明されました。議員先生だそうです(例の美しすぎる議員ではありません)。
続けて野橋が入場。入場曲が変わってました。ラッセの曲から切り替わってないのかと思ったから多分六三四の曲。でも阿修羅の曲ではない。
野橋の奇襲でスタート。入場用ガウン着たまま戦う姿もかっこいいなあ。もつれ合って野橋が場外に落ちると、ラッセがトペスイシーダを発射!
先制攻撃に成功したラッセ、しかしリングに戻ると野橋のラフ攻撃に苦しめられます。野橋の低空ドロップは強烈!
トペ・レベルサで流れを変えたラッセ、ジャガラギまで持っていくも野橋がこれを阻止、逆にダイビングヘッドバッドをブチ当てられてしまう。
なりふりかまわず野橋はラッセの急所を蹴り上げコーナーに振ったか振られたか、気付いたら野橋がマバタキで取られていました。ホントに速すぎて何が起こったのかわからん!
野橋もポカーン。レフェリーに抗議するも激しい口調にすらならない。野橋がラッセに何か言って笑いが起きてたけど聞こえなかった。残念。野橋はぶつぶつ文句を言いつつ退場。
ラッセはベビーターンしてから負け知らずじゃん!絶好調だなあ!
ところで野橋、昨日はあまり意識してなかったけど、こんなに体分厚かったっけ?あんなに分厚いのに腹六個に割れてるし!野橋はハヤトとは逆の意味で説得力が無い。仕事に徹するのもほどほどにね!

5.時間無制限1本勝負
〇フジタ"Jr"ハヤト、ken45°、南野タケシ、卍丸(18:09片エビ固め)拳王、日向寺塁、バラモンシュウ、バラモンケイ×※ヘルム

ハヤト軍(仮)は早速新加入のkenを入れての総力戦!対する阿修羅は若い二人とバラモン兄弟を選抜!
本日のハヤト軍(仮)の入場曲はkenが仙台限定で使用するSTINK GASPERSの曲。
続いて阿修羅、失恋モッシュを聴きながら、この狭い会場でバラモンかー嫌だなあーとか思ってたけど、水撒きは控え目だったようでホッ。
南野、自分のサングラスをデュークレフェリーに「かけといて」と預ける。預けられたデュークレフェリーは一度かけてすぐ外しました。
ハヤト軍(仮)阿修羅の順でリングコール、終了と同時にハヤト軍(仮)が奇襲。
場外乱闘まじでなんにも見えません打撃音と声しか聞こえません。「シャッターチャンスだー」どこにいるんだー。
そのうち塁と卍丸がリングに戻り、ようやく私も観戦スタート。でもリングそっちのけシュウがお客さんのスリッパで南野をボッコボコに殴りつけてるのも気になる!しかも笑えない感じで。
リング上では卍丸が阿修羅に捕まっていました。コーナーで散々にいたぶられる卍丸、救出に行ったハヤトも捕まってしまい、これまた散々な目に。シュウにはサミングされ、コーナーに座った塁にはバラモンよろしく2リットルペットボトルの水を顔面にドボトボと浴びせられ…。ケイはなぜかいたぶられる卍丸やハヤトの動きにシンクロ。完全におちょくってます。
ハヤト軍(仮)の他のメンバーはハヤトを助けるどころかエプロンにすら立っていない。一体どうなっているんだと思っていたらようやくkenが救出に!今までどこに居たんだ?!kenは拳王に急所蹴りからのラリアット!出たー!ken!そっちで来たか!
kenと一緒に南野も大暴れ!南野の強烈なラリアットを食らったバラモンのどっちかはロープを支点にぐるりと回って場外に落下。更に南野のシャイニングウィザードがバラモンのどっちかに炸裂!南野、キレてます!
卍丸もリングに復帰、南野とクローズライン、当然拳王はこれを蹴り割り、ハイキック連打。
南野を捕まえた塁「終わらせてやるよー!」とコーナーに上ると、覚悟を決めたように一瞬間を置き、ものすごい高さからエルボーを投下!すばらしいいいいいい!塁のダイビングエルボーは絶品だけど今まで見たダイビングエルボーの中で一番素晴らしかった!
拳王とハヤトにかわるとハイキック合戦開始。ハヤトを挑発する拳王、発声方法が変わりましたね。腹の底から声出してる感じ。拳王が大声で青コーナーを指差し「レフェリー!」とレフェリーの目を背けて急所攻撃、更にハヤトにコーナーに振ってジャンピングダブルニー!
例によって卍丸のバックを取った拳王、バケツを手にしたバラモンも登場し、昨日の二の舞かと思いきや、謎の粉が拳王に誤爆!
たじろぐケイをコーナーに振ると舎人一家がトレイン攻撃、ハヤトがPKで追撃、そしてケイを中央に引きずり、ハヤトのヘルムが炸裂!ハヤトがヘルムで取るの久々に見たなあ。
今日の試合は卍丸よりも南野がブチ切れてましたね。

勝利したハヤトは「チャンピオンさんよ、俺から獲った俺のベルト、そろそろ俺に返してくれてもいいんじゃねーか?」と拳王を挑発。拳王、なんと無言で退場しやがったー!はああああああああ?????!!!!!
にわかに不穏な空気が流れる会場、この空気を変えたのはバラモン兄弟。
「たった1回勝ったくらいで調子にのってんじゃねえ!おまえら覚えてろよ!」捨て台詞を吐いて退場するバラモン達に会場の空気は一気に緩みました。バラモン、ナイスフォロー!
「いいかおまえら、みちのくプロレスは俺の団体だ。今ここにいる人の中には俺らのことを嫌いな人もいると思う。でもそんなことはどうでもいい、とにかく、全員、だまって俺についてこい!今日はたくさんのご来場ありがとうございました!」会場大喝采!
ハヤトはあらためて四方に合唱して一礼。kenは青コーナーで勝どきをあげ、ハヤトも一緒にあらためて二人で勝どきをあげました。
今度こそ勝利をあげた上でのハッピーエンドでした!

試合後の売店でのサイン会はものの見事にマスクマンだらけで往年のプロレスファンも「お、みちのくプロレスの興行があったんだな」とわかったことでしょう。

いやーもーーー拳王にはガッカリした!
今年に入ってからの本興行なりなんなりで苦手な喋りもがんばる心づもりでいるのかと感心してたのに、ガッカリさせんなよホントにもーーーーー!
バラモンの「たった1回勝ったくらいで調子にのってんじゃねえ!」を拳王が言えれば!それが言えないのが拳王だ!
しかもその後のハヤトのマイクがもうね、かゆいところに手が届くような、嫌いな人までニヤリとさせられてしまうような、ともすれば嫌いな人からの支持まで集めてしまうような、もう最高。最高のマイク。
こういうところでの力の差を見せ付けられた一幕でした。

さてkenが加入したハヤト軍(仮)、早速勝利をあげて復調の兆しが見えてきました!
2010年の宇宙大戦争後、すっかり影が薄くなってしまったkenにとってもメインストーリーに絡むハヤト軍(仮)への加入はきっとプラスになるでしょう!大柳先輩とのタッグが見れなくなるのは残念だけど…。でもkenと大柳先輩は組むよりも戦った方が面白いからね、これはこれでいいか。
kenのファイトスタイルは今回の試合を見る限りではラフファイトもあり、対阿修羅におけるール対決の構図はまだ崩れてないなと思いました。

そして気になるお客さんの反応。八戸も矢巾と同じですね。ハヤト軍(仮)に声援が集まることも無ければ阿修羅にブーイングが集まることも無いと。まあー九龍も散々やってたことだからねー。相手が正規軍だったらまた違ったんだろうけど。
九龍時代からベビー的声援を受けていたkenの加入でまたお客さんの反応も変わるかな。
つくづく、ヒール対決を見るのはなかなか難しいです。

最後に。会場に対する不満は以前も書いたから(コレね)または書かないけど、もう無理でしょ。「お客さんいっぱい入って嬉しいー」の段階じゃないよ。あきらかに入れすぎ。とくに今回は車椅子のお客さんも多かったのにあれはないでしょう。問題無いんじゃなくて問題無かっただけ。あれじゃあ有事にどうにもならないよ。もっと少ない人数で札止めにする気が無いなら真剣に次の会場を探さないと。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.18(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード