« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012/02/05(日)センダイガールズプロレスリング「ZOOM UP~仙女2012~」@ZeppSendai

みちのくプロレスとの昼夜興行なので行ってきましたよ。初の仙女観戦!
Zepp仙台はライブでは何度か行ったことありますが、プロレスでは初めてです。ライブハウスなのでドリンク代500円を払って入場。
今回は二階席での観戦です。座席にちゃんと段差があって見晴らし最高。仙女のキャンバスかっこいい!でも思ったより近くないです。立ち見だと後楽園ホールのB席くらいの距離はあるかと。あと、椅子の座り心地が悪い…長時間座ると尻が痛くなる。まあライブだったら開演待ちのときくらいしか座りませんからね。仕方が無い。ドリンクカウンターで係の人がさかんに早いうちに交換するように呼びかけていたのは一体…。
予習がてらパンフレットを購入して眺めつつ試合開始を待ちます。800円でちょっと安いけど薄い。でもプロフィールがちゃんと最新のものだとわかるし、里村選手のインタビューもあって読み物として楽しめました。
ふと本部席を見るとスーツ姿の人生が!社長を退任していたので居るとは思いませんでした。
まだお客さんも入りきっていない頃に「まずはこの方に会場を温めていただきましょう!」と、女性歌手が登場。仙女のテーマソング?を披露。続いてリングアナが登場して、大会中のイベントのお知らせなど。
いよいよ試合開始。
場内暗転して選手入場。いやーさすがライブハウス。音響もいいし照明もカッコイイ!揃いの赤いジャージを着た所属選手が一列に並ぶとおお~って感じですね!
里村選手が代表して挨拶。先の大震災のこと、社長に就任したこと、など、昨年の出来事を振り返り、本日を持って水波綾選手がWAVEに移籍することが報告されました。「本人には試合後に挨拶をさせますのでまずは試合に集中させてください」
選手退場。

※日も経って記憶もあいまいなのでごくごく簡単に…。

1.30分 1本勝負
○アジャ・コング(OZアカデミー)(0:06変形スリーパーホールド)広田さくら×※ラリアット
再試合.30分 1本勝負
○アジャ・コング(OZアカデミー)(?片エビ固め)広田さくら×※ラリアット※張り手

夜桜お七で登場したさくら選手。そのピンクの水着は一体…。
リングインするなりマイクを要求。仙女に入りたい一心で入団を直訴しても断られ、オーディションを受けても落とされ(あなたプロでしょう)、それでもまだ諦めていないことを熱弁。この試合は入団をかけた査定試合だそうで「そんな試合にふさわしい相手!出て来い!」で出てきたのがアジャ様。
まだ手もあわせてないのに「広田まじめにやれ!」の野次。
6秒で文字通り秒殺されるとアジャ様を「ギャラ泥棒」呼ばわり。
「ハードコアマッチに変更だ!」と持ってきた凶器はどれもこれも使いこなせず、針金ハンガーは「広田、よく見えない」と客からダメ出し、逆にアジャ様に奪われシバキ倒される。
突然中島半蔵よろしくコーナーで倒立開脚したところを股間を攻撃され悶絶。
ときめきメモリアルで精神的ダメージを与えるも、アジャ様の呆れ気味の「もう終わらせていいですか?」に客も賛同、張り手一発で3カウント。
負けた広田選手は「ラーメン屋でもいいから雇ってください」と本部席の人生に訴えかけるも人生は首を縦に振らず。
全試合終了後に予定されていたもちまきをがんばりますと、持ち込んだ凶器を自ら片してトボトボと退場していきました。
第一試合からこんな大爆笑マッチで笑い疲れました。
奇遇なことにこの週の週プロのレスラーズヒューマンストーリーは広田選手で、バッチリ立ち読み(…)してたので感情移入しやすかったです。

2.30分 1本勝負
◯里村明衣子(16:22変形スリーパーホールド)カルロス天野(OZアカデミー)×

アジャ様が第一試合に登場したのもビックリだけど里村選手が第二試合に登場したのにもビックリ。それだけ若手に期待をかけているということでしょうか?
キャリアのある選手同士の戦いということで、もっとじっくりした戦いになるかと思ったらとんでもない。ゴツゴツとしたエキサイティングな試合でした。お互いに何度も腕ひしぎを狙うあたりプロレスというより総合格闘技を見ているような気分でした。
里村選手はわりとイメージどおりでしたが、これでもかと頭突きを連発しまくる天野選手に驚き。こんな無茶苦茶な戦い方をする選手だったとは!そしてそれを受けて立ちなおかつ勝利した里村選手も本当にすごい!

3.30分 1本勝負
◯豊田真奈美(16:47体固め)花月×※クインビーボム

花月選手といえば先のフラッシュトーナメントで優勝を勝ち取った期待の選手という前知識があったので、相手が大ベテランでも結果はわからないぞ?!という気持ちで見始めました。
ゴング前に奇襲をしかける勢いのあるファイトで追い詰めるシーンもあったけど、豊田選手の余裕は消えず、花月選手に「ギブ?!」と言われても「するわけないじゃん」とでもいうような「ノー!」ベテランの巧さを見せつけられた試合でした。

休憩前に、仙台で活動する中学生ダンスチームがパフォーマンスを披露。なんかの大会で4位という実績もあり、みなさんたいへんお上手でした。ダンスを見ながらそういえば「11人もいる!」というドラマに出てきたダンスが得意な仙台からの転校生のことを思い出していました。

4.シングルマッチ 60分1本勝負
◯倉垣翼(JWP)(15:26片エビ固め)水波綾×※ハヤブサ直伝ファルファンアロー

WAVEに移籍する水波選手のラストマッチ。対戦相手の倉垣選手は水波選手をそのままひとまわり大きくしたような感じ。見るからにパワーファイターでとっても強そう…って横浜プロレスで一度見ましたね。二人同時に担ぎ上げた人だー。
とにかく倉垣選手のパワーがすごくて、更にムーンサルトまでやっちゃうんだから。
残念ながら水波選手はラストを勝利で飾れず。
試合後は水波選手から移籍の挨拶がありました。

○DASH・チサコ、仙台幸子(18:10ウラカン・ラナ)Leon(JWP)、Ray(アイスリボン)×

メインは十文字姉妹が登場。対するはマスクウーマンのLeon選手とRay選手。ふたりとも素晴らしいスタイルでとっても華やか!
十文字姉妹は小柄でかわいらしい。でもお姉ちゃんはちょっとヒールっぽい。妹はちょっと垢抜けない感じなのにコスチュームの露出度が高くてそのギャップが…。
LeonRay組は見た目に違わず華麗な空中殺法を繰り出し、十文字姉妹は不器用ながらも食いついていく感じで試合は展開しました。
最後のウラカンラナはきれいには決まらなかったけど、クリアを許さず、3カウントを奪いました。
試合後、妹の手を握ったまま喋るお姉ちゃん。かわいいなあ~。初めてメインに抜擢された試合での勝利を喜び、今後の躍進を誓い気勢をあげると、里村選手が「じゃあ次の対戦相手は私と神取さんで」怯まず「神取忍なんて今更…」みたいな事を言うと「そのまま伝えます」と里村選手。さすがにこれには怯む十文字姉妹でした。
十文字姉妹には勝利者賞が贈られました。近々行われる寄席の宣伝も兼ねたもののようで、プレゼンターの三遊亭遊雀さんが桂歌丸師匠のパネルを持って登場。歌さんのパネルを囲んでの記念撮影はもんのすごいシュールな絵でした…。

試合は終わりましたが大会は続きます。
続いてベガルタ仙台レディースの皆さんが登場。マスコットキャラクターのベガッ太くんも登場。ベガッ太くん、コーナーに上ってアピール。選手は花束やプレゼント(なんだろう?)を贈呈、ベガッ太くんは選手の寄せ書きサイン色紙を贈呈。三枚を一枚ずつ渡すベガッ太くん。ベガッ太くんはとっても態度がデカくて一体どんなキャラなんだと。
そして最後は恒例のもちまきが行われました。ものすごい量が撒かれましたが餅好きの私は一個も取れませんでした。残念!

全試合終了後、売店では本日より発売のフラッシュトーナメントのDVD購入者への里村選手によるサイン会が行われました。
ちょっとびっくりしたのが、仙女サポーターと思われるみなさんがお見送り?に立っていたこと。ちょっと宝塚っぽいぞ!

初めての仙女、すごく面白かったです!
歴史の浅い団体ということで所属選手も若手ばかり、そして選手がみんな一生懸命だから選手のことをよく知らなくても自然と仙女の所属選手を応援してしまいますね。私も自然と声を出して応援していました。熱いサポーターがつくのもわかるなあ。
リングコール前のジングルとか、演出もかっこよかったです。常打ち会場がライブハウスだからこその演出でしょうか?
そしてところどころに挟まれたイベントからしっかりと地域と密着していんだなということがわかりました。仙台の冠をつけているだけのことはありますね!
ぜひともまた観戦したいです!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.02.05(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード