« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アフター矢巾

まだまだ書き足りないので…。

矢巾大会の時点では明言されませんでしたが、結局九龍は消滅したようです。五年目を迎える直前でした。
とくにショックとかはないなあ。兆しもあったし覚悟もしてたし。
そもそもkenが抜けて塁が入った時点で九龍終われと思ったし。この一年は意味も無くダラダラ続いてた感もあったかと。一時期ほどの人気もなくなってたしね。
最初から言われてたけど、巨大化しすぎたんだろうな。九龍なのに10人目が登場したときはどこぞのギャグマンガだと。人が多ければスタンスに違いが出るのはしょうがない。
ヒールユニットがベビー化したら残された道は解散しかないんだろうなあ。

拳王派のユニット名が決定!その名も「阿修羅」
阿修羅って…。プロレスで阿修羅といったら誰だって阿修羅・原を連想するでしょ!なんでそんなかぶるような名前を。
そもそも阿修羅様にはあまり悪いイメージが無いんだけど。(調べてみよう!)
ま、いずれユニット名の意味も語られるでしょう。語られるの?
阿修羅にもユニットの入場曲とかつくのかしら?拳王も入場曲変えるよね?まさかヒールターンしてまで涙の失恋モッシュもないでしょ。もう好きな曲だからという理由で入場曲にするのはやめたまえ。

ところで拳王の新時代構想ははじめからどの程度決まってたのかな?あの五人はどうやって集まったんだろう?
あらかじめ決まっていたのはバラモンだけで、1日目に野橋が、2日目に塁がその場で考えて拳王派についたと考えるのとしっくりくるかな?
野橋は11月の矢巾の時点でハヤトとの間に亀裂が入ってたけど、塁はわからなかったなあ。でも塁の立場で考えればハヤトと野橋なら…そりゃあー野橋だよなあ。大釜組だし先輩というより師匠だし。塁は拳王についたんじゃなくて野橋についたのかな?
野橋と塁と拳王は大釜組で、舎人一家がハヤトについたのも足立区連合だから当然として、バラモンだけはどんなに考えても本当にわからん。
「なにっ、野橋が拳王についた?!野橋とはなかよしだから俺たちも拳王派につこう!」
とか
「なにっ、塁が拳王についた?!塁坊のことが心配だから俺たちも拳王派につこう!」
とかならわかるけど、拳王ありきっぽいし。
どうせ「好き勝手暴れられりゃどっちでもいいよ」とかそんな理由なんだろうな。
バックステージのコメントが早く知りたい!(え?週モバ?なんのこと?)

拳王のヒールターンで気になるのが外部参戦。今のところはNOAHだけだけど…。ヒールとして乗り込むのか、それともハヤトみたいに「みちのくではヒールの俺ですが」みたいな感じになるのか。もしくは外部参戦のチャンスを捨ててまでのヒールターンなのか?!すごく気になります!
拳王のヒールターンで嬉しいこともありますよ。それは拳王と塁のタッグがまた見れることです!まあヒールなので、以前と同じとはいかないでしょうが。いずれはタッグベルトにもまた挑戦してほしいな~。

阿修羅の面々は九龍のことを「なかよしこよしの生ぬるい関係」だと批判していたので、どんなアピールをしてくるのか、見ものです。ユニット内対決をもったいぶらずにどんどん出していくくらいしないと「なかよしこよしの生ぬるい関係」との違いがわからないよ。

しっかしあらためて考えをまとめてみると、スタンスの面でも絆の面でもこの分布はカンペキすぎる。誰が入っても誰が抜けても崩れる。でもいずれはスワップが起こるのでしょう…。と、結成したばかりでもう分裂のことを考えてしまいました。

とにかく私は客からマジで嫌われてるヒールユニットを見たことがないので本当に期待してるんです!もうサイン会とか立たなくてもいいから!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.01.16(Mon) 22:56

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード