« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/01/14(土)みちのくプロレス「新春闘い初め」@矢巾町民総合体育館

2012年一発目!盛岡の気温は-5℃!さむい!こんな寒さにも負けず、いつもと変わらぬくらいの人々が開場を文字通り震えて待っていました。なんたって今日はトピックスがてんこ盛りですからね!郡司君のデビューに九龍の去就に拳王の動向!

体育館に入ると早々に「本日の分の福袋は完売しましたー」新登場のバッチのガチャガチャも大盛況でした。他人様が買ったのを横目で覗いてみるに、選手の顔の他にみちのくプロレスのロゴがあるようです。ロゴバッチいいなあ。
私はパンフレットと宇宙大戦争のDVDを買いました。パンフレットはあいかわらず…ですが、激動のみちのくプロレス2011年編が掲載されてました。ちなみに当日発表の対戦カードはパンフレットにちゃんとスタンプついてありました。
第一試合が佐々木大地で対戦相手が空白。ということは…ああ…。第三試合のサスケと大柳の対戦相手はX?!タッグマッチでXといったら!他は、校長劇場とタッグ屋対決とみちのくザベスト、鉄板カードが並びました。
サイン会には校長の他にハヤトと舎人一家が立ちました。試合開始前に立つのはちょっと珍しい。

パンフレット眺めつつ待ってますと、一部客席がざわついたのでなんだ?と顔を上げてみたら、新顔の練習生だーーーーー!ちゃんとみちプロジャージ着てる!多分前にどこかで見た子だと思います。この子、すんごい小柄。マイトさんより小さいし、多分野橋よりも小さい。顔は郡司君似。並んでると兄弟に見えるくらい。郡司シートだ!気が早いけどデビューまでこぎつけますように!明日いなくなってませんよーに!

パンチさんと沼ちゃんが登場して告知など。
「初の矢巾二連戦です。成功したら毎年恒例にしましょう!」やっぱりリング設営とかラクなのかしら?
「今日からキャンバスが変わりました。キャンバスに広告を入れるスポンサーを募集しています」ボロッボロだったもんね!ロゴなんかかなり薄くなってたもんね!
パンチさんOOGAMANIA番外編のポスターを見て「大釜の英雄参戦決定って書いてあるけど、いつも参戦してるじゃん」沼ちゃん「そこはあえて触れなかったんだけど…」
「Zepp仙台がなくなるという話もあります。なくなってしまったらどこでやればいいんでしょうか?いい会場がありましたら教えてください」
パンチさん「みちのく魂に海の魂が入ってるからもう自分でシコシコ焼かなくても済むね」「沼ちゃんの新曲は休憩時間前に発表します」
ちょっと面白いみちのくプロレスのカレンダーの紹介もありました。そのうち公式にリリースが出ると思います。私も欲しい。
この間、リング下ではサムライTVのまたろうさんがマイトさんの顔をカメラでズームインズームアウトして遊んでました。

沼ちゃんをリングに残して選手入場。正規軍に続いて九龍も入場!ちょっとビックリ。しかもサスケからの挨拶のときもずっとリング上にいたし。サインボール投げのタイミングで九龍がひと足先に退場、正規軍も退場。対戦カード発表。

1.15分1本勝負「郡司歩デビュー戦」
○佐々木大地(5:12ラクダ固め)郡司歩×
※郡司歩デビュー戦です

郡司デビュー戦!まだ入場曲はありません。郡司のコスチュームは茶色地に白のサイドラインのショートタイツ。
対戦相手は同期でありながら先にデビューした大地。
私が正真正銘のデビュー戦を見るのはこれが初めてです。大地はデビュー翌日の試合は見ましたが、デビュー戦は見れてません。
郡司選手、なかなかのファイトでした。声もしっかり張り上げてたし!ドロップキックもしっかり決まったし!
どうしてもデビュー当時の大地と比較してしまうけど、きめられたことをきちんとこなしてますという感じがあまりしなくて、エルボーブチ込むのも精一杯、早々にスタミナ切れを起こしてしまったのがその証拠かと。
大地は立ち上がれない郡司に何度もストンピングするなど、選手として厳しい先輩の面を見せてくれました。
フィニッシュのキャメルクラッチに郡司はすぐにタップしてしまい、大地の成長と、大地と郡司とのものすごい差を感じました。だてに1年半も先輩達にもまれてきたんじゃないんだぞと。
と、いうわけで、結局大地の初勝利の相手は郡司となってしまいました。あーあ。決着後に大地がさっさとリングを降りてしまったのは…悔しかっただろうなあ~~~。一勝あげられないままこの日を迎えてしまったのだから。正直、郡司のデビュー戦の相手は大地だけは嫌!絶対に嫌!沼ちゃんか大柳先輩がいい!と思ってました。理由は大地のシングル初勝利の相手が郡司だなんて面白くないから。でもそうなると、大地が郡司以外の相手に一勝あげるまではとなると、二人は切磋琢磨していけないわけで!遅かれ…はなしで早かれ対戦するならこのタイミングで良かったのかなと、今となってはそう思います。
道場プロレスではこの二人でのエキシビジョンマッチを連日見てきたので、感慨深いデビュー戦でした。

2.20分1本勝負
△気仙沼二郎、新崎人生(11:30ダブルフォール引き分け)ウルティモ・ドラゴン、ラッセ△
※吊天井固めがくずれてダブルフォール

校長ラッセ組の入場待ちのときにデュークレフェリーに何か言われつつ練習生君が階段を掛けたり外したり掛けたり外したりしてるのが気になって気になってしょーがありませんでした。
ラッセは校長に人生の入場をよく見ておくように言われたのか、ニュートラルコーナーに正座して、そのうち俯いてる人生の顔を拝もうとしたのかはいつくばってそれを校長に咎められて正座しなおしして…試合前からなにやってんだ。
本日も元気に奇襲!例によって返り討ちに合いそうになったところをウラカンラナで切り返したー!3カウントは取れなかったものの、これで自信をつけたのか、校長のタッチを拒否するラッセ。「今日は俺がやります!」と大ハリキリ!しかしすぐに人生に太刀打ちできないと考えを改め、校長にタッチを求めると今度は校長が拒否。「俺が出るのはチャンスのときだ!」言っちゃった!
そこをなんとか説得して校長にタッチ。人生も沼ちゃんにタッチ。校長の動きが変!コミカルすぎるぞ!
校長、いいトコロ見せられないまま再度ラッセにタッチ。で、結局捕まってしまうラッセ。ここからは、Wヒップアタックありーの、校長相手に拝み渡りありーの、後楽園と大体同じような感じで…。人生には長滞空ブレーンバスターまで喰らわされて散々。
すっかりラッセがんばれー(棒)ムードの会場に沼ちゃんもラッセへの声援に「うるせー!」なんて返してしまうヒールモードに。校長がアサイムーンサルトをかけようとしたところを沼ちゃんに足引っ張られてエプロンに顔面強打。だ、大丈夫?ラッセ「校長の見せ所を!」ハナからやる気ないくせに!
試合も終盤、沼ちゃんラッセを捕まえてニヤニヤ。なにかと思ったらロメロスペシャル!しかし勢いが付きすぎたか、ひっくり返ってしまった。それをすかさず逆さ押さえ込みの体勢に持って行く沼ちゃん!さすが!見事3カウント奪取!「11分30秒、ドロー」えっ?!なんとラッセの肩だけではなく沼ちゃんの肩まで付いてしまっていたのです!なぜか「引き分けですよ!」と大喜びのラッセに「勝ってから喜べ」と冷静な校長。
お客さんからは「もう一回」や「延長」のコールが発生。そこで校長「このタッグも飽きてきたところなので、明日完全決着させよう。不透明決着の場合は私が責任を持って決着させます」ラッセもやる気満々。お客さんにも賛同を求めるも、不満気な客席からの声に「えーって言うな!今日ばかりはラッセの言うことを聞いてやってくれ!」と校長。そんな校長とラッセの様子を見守る人生、笑いが堪えきれてません。もちろん沼ちゃんもニコニコ顔です。すると校長が「沼二郎!何笑ってるんだ!そもそもお前がちゃんとロメロスペシャルを決めていればラッセはギブアップしたんだ!」
とまあめんどくさいことになりまして、最終的には人生と沼ちゃんの了承を得て明日に続く。
そういえばラッセコールが発生した頃(いつだ)に地震がありました。とくにアナウンスなどなかったので、試合は滞りなく進みましたが、私はしばらくリングの震動を地震と勘違いしてしまいました。

3.30分1本勝負「みちのくプロレス対KAIENTAI DOJO・東北出身者だけのタッグマッチ」
○ザ・グレート・サスケ、大柳錦也(13:38片エビ固め)X=TAKAみちのく、XX=房総ボーイ雷斗×※サスケスペシャルセグウェイ(モノマネ禁止)

流れてきたのは大和の曲。人生とラッセと剣舞以外にも大和の曲使ってる人いるんだー。とか思ってたら、入場直前のギターリフで気付きました。TAKAじゃん!!!!って本当にTAKAだーーーー!しかもパートナーは房総または紫波町出身房総ボーイ雷斗!ふたりして帰省中か?
雷斗選手はリングサイドのお客さんとタッチをして入場。サスケ大柳組の対戦相手はKAIENTAI DOJOの岩手出身タッグ・TAKAみちのく&房総ボーイ雷斗。ということで東北出身しばりの団体対抗戦となりました!(サスケと大地だったら岩手出身しばりだったのに)
TAKAすごい人気!矢巾の登場は2009年以来?
この試合で一番存在感があったのは意外にも大柳。TAKAとの対峙には期待感がありました。そんな期待通りにじりじりとした攻防を見せてくれて、エルボー一発!延髄蹴り一発!で会場を沸かせ、得意のロープ卍や二人まとめての脇固めもしっかり出しました。
TAKAはじっくりとしたレスリングの中にもサミングとかちょいちょい小ズルイことを混ぜてきて面白いですね。
小ズルイといえば雷斗選手でしょう!「ちょっと待ったー!」からお約束のゴマスリ自己紹介。更に「パートナーはKAIENTAI DOJO代表のTAKAみちのくー!」「対戦相手は東北の英雄ザ・グレート・サスケー!」と、メンバーの紹介まで始めてしまう。さあ次は大柳先輩の紹介だ!と思ったら「えー…」デュークレフェリーのいるところに後ずさりして小声で「名前…」デュークレフェリーこっそり耳打ち。そしてローテンションで「えー、対戦相手の大柳錦也さんです」大柳先輩ガッカリー。
気を取り直して「正々堂々と勝負しようではないか!」のあやしい握手に戸惑いつつも応えると、案の定奇襲、そのままマウントでタコ殴り。ナックルだパンチだと咎められると「これはパンチじゃない!ライトニングパンチだー!」パンチって言ってるじゃん!雷斗選手は矢巾に新鮮な空気を振りまいていきました。
大柳が捕まる場面が多くてサスケの出番は少なかったけれど、少ないながらも魅せるところはきっちり魅せるのがサスケ。
TAKAと雷斗選手をリングサイドに落としてどっちに飛ぶか迷ってTAKAにトペスイシーダ!
ラムジャムでは「矢巾のみんなはもちろん知ってるよな?!」と、ラムジャムの説明をすっとばしてラムジャムコールだけを執拗に煽るやや短縮バージョンだったにもかかわらずしっかり自爆。マットに突き刺さったまま雷斗選手のアピールを待つサスケ…。
ラムジャムはいつもどおり自爆してしまいましたが、最後はしっかりと雷斗選手からセグウェイで勝利を奪いました。
試合後はリングに集まって握手。サスケとTAKAもガッチリ握手をしたかと思ったらちょいっとサミング。TAKAらしい。
K-DOJOの二人はそのまま売店に直行して店開き。サイン会となりました。
Xなんていうから、出ませんと言われたあの二人かと思ってたのでサプライズでした!

リング上にはマイクと椅子がセッティングされていよいよ沼ちゃんの新曲発表。
登場した沼ちゃんは着流しではなくTシャツ姿。その隣にはギターを抱えた男性が。おや?
新曲のタイトルは「しゃぼん玉」。なんと演歌ではなく爽やかなポップス!先の大震災の復興を願った曲とのこと。間奏では沼ちゃん自らハーモニカを吹き、ファルセットを駆使したハミングまで!いい曲でじんときちゃったけど、沼ちゃんの意外な一面に少々混乱してしまいました。パンチパーマやめて実直カット(古っ!)にして白いTシャツにケミカルウォッシュのジーンズに白いスニーカーなんか履き始めちゃったらどうしよう!
ギターの男性は海の魂と俺の海を作曲した方だそうで、幅広いなあと感心してしまいました。この方はみちプロ勢も出演した「黄色いライスカレー」を制作したオトナ映画部のメンバーでもあるとのこと。近々公開されるオトナ映画部の新作には新崎人生が弁慶役で出演するそうです!
「そんな新崎人生社長からお知らせが…」と呼び込まれて人生登場。「徳島ラーメン人生の盛岡店を…」おおおおお!「出店に向けて店長を探しているところです」あらっ。ま、まあ、よくある話ですよね。「もしお友達にフラフラしているやる気のある経験者がいましたら是非紹介してください」今夏オープンを目指しているそうです。楽しみですね~。

休憩時間のサイン会はK-DOJOの二人に校長にサスケに大柳と大盛況でした。

4.30分1本勝負
○南野タケシ、卍丸(17:21片エビ固め)ヤッペーマン1号&2号×※デスバレーボム

南野の髪が伸びたようで、リーゼントが美しくなってきましたね!
さて前回の後楽園は非常ーに不満足な試合内容でしたが、今回の試合内容は大満足でした!私はこういう試合が見たかったんです!
スピード感では物足りなさを感じましたが、その分丁寧さを感じました。
終盤の大技の攻防は素晴らしかったです。卍丸の卍落としまたはパイルドライバーを1号がウラカンラナで切り返したり、大技かけられそうになっても隙あらばやり返そうというヒリヒリした攻防が何度も展開されました。
中でも南野の雪崩式パワーボムを2号が雪崩式フランケンで切り返そうとしたところを力ずくで持ち上げなおして雪崩式パワーボムで叩き付けたのには本当に興奮しました!そして2号がフォールを返したのに更に興奮しました!
この前にも南野が雪崩式デスバレーを狙ったんだけど、これは妨害が入ってできなかったんだけど、結構、雪崩式の大技狙ってもどうせやらないだろうなんて思うことがあるんですけど、南野なら本当にやりかねないのでいつもハラハラしてしまいます。
舎人一家が無用心に力技で持っていこうとすればヤッペーマンズにひょいっと隙をつかれしまいそうで思うように動けない、そんな風に感じました。
こりゃあ神経戦だ、どっち勝つかホントにわからん。と思いましたが、最後は南野がデスバレーで2号を仕留めました。
タイトルマッチでもおかしくない大熱戦でした。舎人一家は辛勝だったんじゃないでしょうか?
このカードで初めて「どっちが勝つかわからん」と思いました。これまでの勝利は舎人一家の油断から来たような勝利ばかりだったと思います。だから、今回舎人一家が勝ったのは最後まで油断しなかったからなんじゃないかと。いつものカードのいつもの結果なのに、いつもと違う印象でした。
いつもと違う印象の試合でもいつもと変わらず1号を誰よりも一生懸命応援する2号の姿を見れて安心しました!

5.○拳王、ken45°、剣舞(18:29体固め)日向寺塁、野橋太郎、フジタ"Jr"ハヤト×※野橋の一斗缶攻撃2連発

九龍から入場、続いて正規軍がみちプロのテーマで入場。剣舞のコスチュームがまた新しくなってる!
正規軍がリングインする前にハヤトがマイクを持ち花道の拳王に向かって「おい拳王!新しい時代を作るとかなんとか言ってたけどよ!その新しい時代ってのを見せてもらおうじゃねーか!」そう言うと九龍は一斉にリングを降りて正規軍を奇襲!
場外乱闘からのスタートとなりました。こっちでは剣舞が塁にボコボコにされ、あっちではkenが野橋に引きずり回され、もうリングに戻ってるというのに、拳王とハヤトはステージでバチバチやってるしで、もうどこを見ればいいのやら。
ようやく試合がリングに戻り、ひととおり手合わせが終わると、kenが捕まってしまいました。
野橋はなんだか妙にハリキッテて、いつもよりも更にいい顔!
塁がkenからの急所蹴りをかわして逆にラリアットを打ち込んだのにはもう手を読まれてる感が。kenをロープにもたれかからせ鼻フックをかけて「シャッターチャンスだー!」と客を煽りささやかなブーイングを浴びる塁。
kenが捕まってナントビックリ10分経過。さすがに間延びした展開にイライラ。
ようやくピンチを脱して剣舞にタッチ。スイングDDTにトペコンに019と試合に華を添えます。
剣舞が拳王にタッチして九龍側もハヤトが登場。壮絶な蹴り合いを展開。拳王はハヤトにコーナー串刺しのジャンピングダブルニーを二連発。
ハヤトのピンチに助っ人に入った野橋。拳王はクローズラインを蹴り割って二人まとめてのキック攻撃の一発目を野橋が阻止!拳王への反撃に成功すると、ハヤトが拳王を羽交い絞めに。ついに一斗缶に持ち出した野橋は満面の笑みでアピール。振り下ろした一斗缶はハヤトの脳天を直撃!誤爆?!と思ったけれど、前回矢巾からの流れもあって判断に迷うところ。しかし再度一斗缶をハヤトの脳天に叩き付けて誤爆ではないことを証明しました。ダウンしたハヤトを拳王が踏みつけて3カウント。試合終了。
「なにが九龍だ!なかよしこよし生ぬるい関係はウンザリだ!」自分の意思をはっきりと言葉にする野橋。
「野橋、俺と新しい時代を作っていかないか?」拳王の呼びかけに間はあったものの、野橋は握手で呼応しました。
そんな拳王と野橋のやりとりを見てリングに飛び込んできたのはken!拳王と野橋に食ってかかるも、野橋に詰め寄っているところを拳王が羽交い絞めにしてそのまま後ろに投げてしまった…!kenあえなく退場。
すると今度は塁が野橋に突っかかるも、野橋は塁を拒絶。リング下に突き落とすと、「そんなに死にてえのか!それなら明日このリングで潰してやる!」と、ついさっきまで共闘してたとは思えない言葉。
ハヤトはラッセの肩を借りて退場、リング上は拳王と野橋の二人に。
「このリング、刺激が足りないと思わないか?」拳王の問いかけに、客席からはパラパラと拍手が上がりました。いまひとつの反応にもどかしげな拳王。それでも「刺激の足りないリングを面白くしてやる!」と宣言。更に「俺たちと一緒に新しい時代を作っていく仲間が他にもいる」このときはさすがにざわめきました。「その仲間は明日登場する」予告を残して拳王は四方のコーナーに昇ってあらためて勝どきをあげました。

いやー。ちょっと、これだけでは、どう取っていいのかわからない。ていうか、拳王マイクアピールヘタすぎて、話が要領を得ない。わざと濁らせてるのか、何を言わんとしてるのかよくわからない。とっても反応に困りました。
拳王が正規軍から離れるのは予想してたけど、ヒールターンは予想してませんでした。正規軍から離れるとしてもヒールではなくて反体制的なものを予想していたので…。(それって一部の九龍と変わらないような…)
その前に、ヒールターンなのかもよくわからない。でも客から何か言われてそれに何か言い返してたんだけど、内容までは聞き取れなかったけど、どうも口汚い感じでした。それに野橋は相変わらずだし…。
ともかく編成と拳王がヒールターンするかどうかは明日はっきりするでしょう!

試合終了後のサイン会には新崎人生が登場!長蛇の列ができていました。私もようやく人生のサインをゲットしましたよ!パンフレット発売日にやってくれてありがとう!
玄関ではヤッペーマンズと雷斗選手がお見送り?に立ってました。外上の出入り口にはモチロン沼ちゃん!寒いのにご苦労様です!

明日に続く。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.01.14(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード