« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

他所ン家ライブ

高野寛。

お座敷アコースティックライブというと、高野寛本人もそんなようなこと言ってたけど「しっとりとした、落ち着いた雰囲気の…」というのを想像していたのに、「呼んでもないのに勝手についてきた」というパーカッショニストの宮川剛さんのせいでもんのすごく面白いライブになってしまいました。タンバリンを叩き踏み鳴らし、シンバルを蹴り、マラカスをすっ飛ばし(※これはアクシデントです)…高野寛よりも釘付けになってしまいましたよ。
高野寛がギター一本でやった序盤はしっとりや落ち着いていたかといえば…?そもそも高野寛の曲はしっとり落ち着いたというものではないと思うのですが。高野寛の丸い声は暗鬱さを感じさせないし。
スカイラブの次の曲がすごく面白かった。高野寛の淡々としたプレイの後ろでパーカッションの音がどんどん重なってどんどん変化していく様が面白くて面白くて。同じやり方でもう一度聴きたい。
終盤、高野寛の呼びかけでスタンディングになったんだけど、恥ずかしそうにパラパラ立ち上がったお客さんも「後ろの人見えないだろうから前に出てきてもいいよ」に、わーっとギリギリまで寄っちゃって、あまりの近さに高野寛に「(恥ずかしくて)目を合わせられない」と言われる始末。
最初から上機嫌だったけど、終盤はもうテンションがおかしくなってましたね!「友達の家で歌ってるみたい」と思わせるシチュエーションが高野寛のネジを外してしまったんじゃないかと。
最後の最後は高野寛を囲んで、マイクなしの弾き語り。

いやーーー面白かった!本当に行ってよかった!あまり気安く使いたい言葉ではないけど、サイコー!でした。正直、高野寛でこんな、面白いもそうだし、サイコーとか、そういう感想が出て来るとは思ってなかったんです。
高野寛はNHKの土曜ソリトンSIDE-Bの司会がきっかけで知って、CDもすごく古いのを2枚くらいしか持ってなくて、好きは好きだけど、大好き!大ファン!というわけではないので。
だから曲もあまり知らなかったんだけど、でも終盤の曲は大体知ってたんだけど、これは杉本恭一のライブを見たときにも思ったことで、曲知ってる知らない関係無しに楽しめるかどうかは、その人そのものが好きかどうかのバロメーターなんだなと、思いました。同じ「好き」でも「知らない曲ばっかりであまり楽しめなかった」っていうライブもありますからね。

最後に、3月11日に絡めた話で、被災地を慰問に行った人が口を揃えて言う「元気づけに来たつもりが逆に元気をもらいました」という意味のことを「エネルギーの交換」と表現したのには、シンガーソングライターってすごい!と感心させられました。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2011.12.03(Sat) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード