« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2011/10/10(月)みちのくプロレス「みちのくふたり旅2011~タッグトーナメント準決勝~」@八戸市八食センター

今回もギッチギチ。動員は前日の秋田より少ないんですけどねえ。しかし狭いなりに椅子も増やしたりと、見やすさの工夫をしていました。パンチさんいわく、青森の消防法の取り締まりは厳しいそうで、椅子を増やしすぎて怒られたとか、通路はちゃんと確保するように、客席整理をして立っているお客さんを座らせていました。

客入れの時間には地元の格闘技クラブのデモンストレーションがありました。チビッコ対決やら親子対決やら、プロの試合もあって楽しめました。選手の中には九龍Tシャツ着ている人も。

パンチさん登場。「今日も午前中に地震がありましたが、大柳選手がいるときに地震が多いんですよ。前回、大柳選手が緊急参戦したここの大会でも地震により日向寺塁の試合が中止になったし」
前述の客席整理をして「この調子だと八戸市民体育館に戻れる日も近いですね!私はおいしいものが食べれるここの方がいいですけど」
昨日の試合結果の報告と本日の対戦カードの発表、「それでは次回は八戸市民体育館でお会いしましょう!」

EX.佐々木大地(0-0)郡司歩
エルボー合戦やビンタ合戦、郡司のドロップキックに大地のボディスラム、腰を掴んで投げるか投げられるかの場面もあり、昨日より試合らしかったです。ビンタ合戦は拳王と塁のそれと比べると…。

1.15分1本勝負
〇野橋太郎(8:03逆打ち)剣舞×

剣舞の入場曲が変わってたー!流星の方がかっこいいのに!剣舞にピッタリなのに!そのうち聴きなれるんだろうか。
野橋、倒れこみヘッドバッド、顔面踏み付け、チョークに剣舞ゲホゲホ。コーナーを使った、相手の背中を自分の膝に打ちつけるの初めて見た!と思ったけど昨日も見たような。珍しい技でした。
対して剣舞はトペコン、スイングDDTと華やかな技で反撃。コーナーに上ったからついに剣舞としてファイヤーバードお披露目か?!と思ったらフットスタンプだった。なんだよー!
野橋のグランド卍固めに苦しめられる剣舞。必死でロープエスケープ。
野橋の低空ドロップはフィニッシュレベルですね。
最後までどうなるかわからなかったけど、野橋が逆打ちの体勢に。あーやばいやばいやばい。で、案の定フィニッシュ。野橋も体勢に入っただけで終ったと思わせるフィニッシュを持ってますね。剣舞だって厳鬼があるけどあれ難しいよね。
野橋は珍しく反則らしい反則しませんでしたな。第一試合のシングルなんだからそれでいいと思う。
全力でぶつかり合ういい試合でした。このふたりは手が合うってヤツなんでしょうね。
んーやっぱり全面対抗戦で当たってほしいなあー。剣舞にリベンジしてほしい!

2.20分1本勝負
〇大柳錦也、気仙沼二郎(17:28最強卍固め)ザ・グレート・サスケ、ken45゜×

まずは俺の海で沼ちゃんだけ入場してリング上で1番まで歌唱。続いて大柳。サスケken組はネバギブアップ!で揃って入場。サスケのブラックスワン姿も見慣れ…ません。
ken先発でスタンバイしてるのに、沼二郎と大柳はじゃんけんしてる。あいこばかりでkenに「早く出て来いよ!」と急かされる。負けた大柳が先発。
力比べからスタート。大柳の力比べはなんでか見ごたえがあります。kenのケブラドーラコンヒーロを大柳がかわして、二人揃ってお得意のどうなってるかわからん押さえ込み合戦。これまた見ごたえ充分。
サスケと沼ちゃんに変わってのシバキ合い。どんなに攻撃されても「全然効いてないぞ!」とばかりに肩を怒らせて丈夫さをアピールする沼ちゃんに対して、攻撃される度にどんどんヨロヨロになっていくサスケ。あまりのヨロヨロっぷりに大丈夫かよ…と思ったけど、
昨日と同じくコーナーからプランチャ放つは逆トペするわで全然大丈夫じゃん!
沼ちゃんも飛びます!トップロープからダイビングヒップアタック、コーナーからのギロチンドロップはよけられた~。
再びkenと大柳に代わり、kenは大柳相手に掟破りの(?)ロメロスペシャル!kenはチビッコの声援にいちいち応えてました。
サスケの長すぎるアピールのラムジャムは当然自爆。大柳に「いつまで待たせるんだよ!」と文句を言われる。アトミコもちろん自爆!
大柳沼次郎組がkenを捕まえて、沼ちゃんが銀鱗で畳みかけて、気仙沼落とし!しかサスケが阻止。
本日も大柳の卍固めが爆発。サスケとかけ合ってぐるぐる。サスケをコーナーで卍固め!もちろん反則なので解かれる。最後はkenをガッチリ。沼ちゃんがサスケをガードしきってkenタップ。さすが。
サスケはkenに肩を貸して、なぜかブルーシートと壁の間の狭い通路を通って入場口から出て行きました。

3.20分1本勝負
〇拳王(9:04飛龍原爆固め)ラッセ×

ラッセは入場時のコーナーでのアピールでオーバーマスクを取ったことについてセコンドの野橋からダメ出しされた模様。
試合開始、手も合わせずに場外に出たラッセは拳王を「降りてこいビビッてんじゃねえ」と挑発。拳王が降りるとすかさずラッセがリングインして翻弄。
いざリングで手を合わせるとやはりお話になりません。拳王も受けないし。
結局場外へ。ラッセを鉄柱に追い詰めてハイキック放つもよけられて拳王の足の甲が鉄柱に直撃!ダメージを受けた拳王を椅子席に叩きつけて攻撃するラッセ。
しかしリングに戻ると完全に拳王ペース。ラッセにフットスタンプよけられてもきれいに着地して即蹴りへ。うまいね。最近見なかった相手をコーナーに横に置いてのジャンピングダブルニーまで出て、拳王の攻撃が厳しい。
ラッセもトペコンとかやったんだけど、ジャガラギはよけられるどころか阻止されたし…。
ラッセはアンクルホールド2回もかけられて、2回ともエスケープできたけど、拳王の蹴りが首にクリーンヒット、そしてドラスプで3カウント。
10分近くもよくやったよラッセ。拳王は大技もちゃんと受けてください。

4.公式戦20分1本勝負
〇佐藤恵、佐藤秀(13:59片エビ固め)日向寺塁、フジタ"Jr"ハヤト※K.I.Dを切り返して丸め込み

休憩明けでお客さん戻りきってないタイミングで兄弟から入場。ただでさえ狭い会場でお客さんもバタバタしてるので逃げようがない。
一旦リングに上がった秀、リング下のチビッコを見て、わざわざ降りてビビらせに近寄ったら、チビッコマジ泣き。このときの「あ」っていう秀の顔が!チビッコを抱き寄せてなぐさめる大地くん、秀はバツ悪そうに苦笑い。それに気付いた恵「子どもは泣いて育つもんだ!」「いい思い出ができたじゃねーか!」と、兄の失態だかお手柄だかをフォロー。その後もやたらチビッコに絡み、アピールも主にチビッコのいる方面にと、兄弟なりのコキゲンとりに必死でした。
秀がチビッコ泣かしたのがおかしすぎて塁ハヤト組の入場はなにひとつ覚えておりません。
恵と塁で普通にスタート。秀とハヤトに変わっても真っ当な攻防。
でもやっぱり兄弟は兄弟。恵が塁の指を噛んで「まずい指だな!」
場外に出ると、秀は塁をお客さんのタオルで首吊り。二人して会場の外に出て行ったけれども、下までは降りて行かず、塁が会場の入り口にあった鉄でできたでかいゴミ箱を持ってきて秀にぶつける。力持ち~。
恵はハヤトをお客さんの鞄で殴り、お客さんの靴で殴り、しっかり臭って「くせえ!」更にハヤトを鉄柱に押さえつけてお客さんに「アックスボンバー!」(だっけ?)オイ!オイ!と煽って放つもよけられて鉄柱にラリアット。あらら…。
リングに戻って秀のステップキック。一緒になって「シュウ!シュウ!」と言うお客さんがいつもより多い。ここのところ最後の一発決まらないわね。
兄弟はハヤトをコーナーに足でグリグリしてヒールらしくアピール。九龍対決でも塁とハヤトが相手だとあまりヒール対決という感じがしません。
塁が定着させようと(?)がんばっている「ホウ!」ってのはWWEのスティング選手のアピールなんですか?「スティングだ」という声が聞こえたので。
塁がコーナーに上ったところを阻止して裏摩周。秀が投げ切れないところを恵が「手伝うぞー!」という流れなんだけど、決まるとたいへんな目に遭う秀は恵の「手伝うぞー!」をどう思ってるんだろう?
いい連携見せつつ兄弟が押してたように感じたけれど、ハヤトが串刺しヘルムにKIDでラッシュかけてきました。KIDはなんとかエスケープ。
リング下では塁が秀をガッチリガード、リング上は恵とハヤトに。ヘルムカチ上げて2回目のKIDかけようとしたところを恵がひっくり返して押さえ込んで3カウント!うおおおおお!
勝ったけど恵ボロボロ。勝ち名乗りも退場時の水撒きもできずに、秀が恵を引きずるように退場。一方のハヤトは客席に手を合わせて頭を下げて退場。
佐藤兄弟決勝進出!素直に嬉しい!でもタッグ屋なんだから即席タッグなんかに辛勝するなよという思いも。
ともあれ冒頭のハプニングもあって完全に兄弟の試合でした。
この試合、なぜか野橋もラッセも兄弟のセコンドについてました。野橋なんか両手挙げて喜んでたぞ。

5.東北タッグ選手権&公式戦20分1本勝負
<王者>ヤッペーマン〇1号&2号(13:44ビックリドッキリクラッチ)<挑戦者>南野タケシ、卍丸×
※第15代王者組3度目の防衛に成功
よって10月15日決勝は、ヤッペーマンvs佐藤兄弟(東北タッグ戦)

やっと舎人一家の入場曲が脳内再生できるようになりました。お揃いのコスチュームは変わらず、中だけ新発売の舎人一家Tシャツに。まぐ狼はそのままで、タケシは袖切って着用。
急遽決定した昨日のタイトルマッチとは違って、本日はタイトルマッチの形式に則ってセレモニーが行われました。
昨年はマスク剥ぎ&流血で凄惨なものとなりましたが、いつもどおりの試合でした。
まぐ狼キャメルクラッチにラリアット、南野ノド輪落としにパワーボム、ヤッペーマンズ同時プランチャ、2号雪崩式フランケン、1号延髄蹴り、イライラするくらい捕まりっぱなしの1号、2号が助けに入ろうとしても悉く阻止され…と、書き出してみてもつくづくいつもどおりの試合だったなと。とくにタイトルマッチらしい展開もなく、昨日の対野橋ラッセ組の方がよっぽどタイトルマッチらしかったです。
終り方もまぐ狼が2号に卍落としかけようとしたところを丸め込んでピン。(試合結果と合わないけどこれだったはず)終り方が前の試合とかぶってしまった。実力差のある敵に勝つにはこれが一番説得力があるんだろうけど…。
ボロボロすぎて立ち上がれない状態でベルト授与。とくに1号が…。
2号「ボロボロだけど負ける気がしねえ!次もベルトかけてやる!」マイクが昨日と同じだー。
1号「決勝は?バカ兄弟と?盛岡の滝沢総合運動公園体育館にみんな来い!」盛岡じゃなくて滝沢だ!
そして最後はご存知ヤッペーヤッペーヤッペーマーンでシメ。勝利した二人は売店に直行してサイン会を開催。足取りがホントに辛そうでした。

みちのくふたり旅2011の決勝はヤッペーマンズ対佐藤兄弟!やったーーーーーー!うれしいーーーーー!
思い入れのあるカードがついに!みちのくふたり旅の決勝カードに!要求すれば挑戦できる東北タッグ選手権とちがって、みちのく二人旅の決勝は勝ち残らなければ立てませんからね!東北タッグ選手権よりも価値があると思っていますよ私は!
更に東北タッグ選手権ともなればまさしく佐藤兄弟対ヤッペーマンズの頂上決戦でしょう!
昨年の南野まぐ狼組みたいに抜群の強さを見せ付けて勝ち上がってきたのとちがって、ボロボロにされながらも勝ち上がってきた両チーム。
東北タッグ選手権ですらWWEスパスタムーブモノマネ自爆合戦やっちゃうようなカードだけど、あまりコミカルに走らないで欲しいけど、むしろ切実にシリアスな試合が見たいんだけど、どうなることやら。
いやしかしまさか決勝で当たるとは思ってなかったです。1回戦のカード見て「決勝まで上がれないと当たらないぞこれ」と思ってたし、まず佐藤兄弟が勝つかどうかわからなっかったし、ヤッペーマンズも2回戦突破できるかわからなかったし。
いやもう本当に嬉しい。

………と、大会はハッピーエンドで大満足だったわけですが。
同じ立場の客への批判はむしろ本人の目に入れという気持ちです。
つまらなくてくだらない野次を飛ばす人がいてたいへん不愉快でございました。野次肯定派の私がそう思うくらいだから相当です。本当につまらなくてくだらなくて不愉快でした。
あと何度も何度も何度も書くけど、立って観戦していいのは一番後ろの人だけ!なんで最前列の人が立ってんだよ!アボガドバナナかと。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.10.10(Mon) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード