« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011/07/31(日)みちのくプロレス「夏休み道場プロレス」@滝沢村大釜幼稚園体育館

道場プロレス四日目。三連戦最終日。今日はどの方向もキッチリ詰まってました。
もうカキ氷売りの太郎さんの話はいいか。

5分押しで沼ちゃん登場。音楽ナシで入場して「沼二郎の部屋ー」新コーナーのようです。「今日のゲストは私のパートナー、大柳錦也選手です」ここから大柳大フューチャーななにかがはじまるかと思いきや、結局いつも通りに今後の予定を宣伝して「大柳錦也選手でしたー」にお客さんから「ええ~?!」と不満の声が。「えっ、何かやった方がいい?」と沼ちゃん。何も考えてなかったのかい!お客さんから何か声があがったけど結局ウヤムヤのまま「次回からは何か考えておきます」ということで大柳先輩は横に立ってるだけで終ってしまいました。ちなみに大柳は来週も参戦とのこと!

大柳先輩が引っ込んでから、沼ちゃんから諸々の注意事項が。
「道場プロレスやOOGAMANIAのことを大釜幼稚園に問い合わせる人がいますけど、やめてください。幼稚園の先生や保母さんに聞いてもわかりませんから。みちのくプロレスに電話するか、ネットで自力で調べてください」
これはなんとなく気持ちわからないでもないけど、もう一点、裏の駐車場に止めるのに、柵を開けなきゃ通れない道を勝手に柵を開けて通っていく人がいるってのが…。やっぱ「○○ファンはみんなマナーいい」とかの「みんな」なんてのはありえないんだよなあと思うようなお話でした。

今日も「海の魂」を歌って、対戦カード発表。
本日の郡司君のエキシビビョンマッチのお相手は沼二郎大先生!そしてメインは大柳大地組対野橋塁組。

1.EXマッチ5分
佐々木大地(0-0)郡司歩

序盤はグラウンドに付き合っていたけれど、沼二郎先生、ひたすらヘッドロック攻め。ヤス・ウラノ選手かというくらい。
沼先生がギロチンドロップ出したのにはビックリですよ。郡司君何もできずさせてもらえず。
残り1分の合図でチョップ合戦が始まるとTシャツを脱ぎ捨てる沼二郎先生!郡司君にも「脱げ!」しかしそれを無視して逆水平を打ち込む郡司君。沼二郎先生は郡司君のTシャツを無理矢理剥ぎ取り、お互い上半身裸でのチョップ合戦!そして時間切れ。
よくぞあれだけのヘッドロック攻めにギブアップしなかったと思います。
Tシャツ剥ぎ取られた郡司君、大地と体格変わらないように見えたけど、やっぱり違いますね。まだプロレスラーの体型ではありませんでした。沼ちゃんがTシャツ脱げって言ったのはチョップ合戦で真っ赤になる胸板を見せたかったからかな?
マイクを持った沼二郎先生は退場する郡司に向かって「郡司、がんばってね」と労い、郡司君はペコリと頭を下げて無言で退場。
「入門当時からの彼を知っている人もいると思いますけど、練習生として2年間あきらめないでやってきました。彼もこの道場プロレスで成長すると思います」「あきらめないでということで、俺の海」自分でも「ちょっと無理矢理だったかな?」と苦笑いの沼ちゃん。「ここで郡司が歌ったらかっこいいんだけどなあ」あれだけ聴いてれば多分そらでも歌えるんじゃない?でも沼ちゃんが歌いました。
ハーフパンツ姿で歌う沼ちゃんはレアですね。新しいコスチュームみたい。コスチュームのせいかなんなのか、沼ちゃんこんなにシェイプされてたっけ?とか、なんだかすごくかっこよく見えてしまいましたよ。

歌い終わった沼ちゃん、そのまま「ジャンケンたいかーい!」オオガマックスを呼び込みます。
本日の賞品は、2003.3.3みちのく名古屋大会の記念Tシャツ。おお!やっとみちプログッズが!このTシャツ、3月3日にちなんで、当時の参戦選手がそれぞれ雛飾りになっているというもので、お内裏様とお雛様はサスケとディック東郷、三人官女はTAKAみちのくと…チャパリータASARIなんかもいて…といったシロモノ。を、勝ち残り1名に。更にIATグッズ(小さい四角い箱?中身は不明)が次点3名にプレゼントされました。

2.15分1本勝負
○野橋太郎、日向寺塁(13:55片エビ固め)大柳錦也、佐々木大地×※顔面ドロップキック

塁と大柳でスタート。初っ端からエルボースマッシュの連打で飛ばす大柳。
この組み合わせだと大地がひたすら捕まるかなーと思ったんですけど、大柳が捕まってしまいました。
大地がレフェリーの目を盗んで…というよりルール無視してカットしようとリングインして攻撃しても野橋や塁はへでもないような様子で全然カットできてないの。こういう展開になるとは!
大地は助けたくても相手にされず、大柳が孤軍奮闘する破目に。
大柳をコーナーに追い詰めて逆水平を放つたびに「ホゥ!」と奇声を上げる塁。なんだこれ?スパスタかなんかの真似?そのうち野橋も一緒になって「ホゥ!」笑いを誘っていました。
どうにか自力でピンチを脱出した大柳。大柳のアシストを受ける形で大地も反撃。場外プランチャやりましたよ!
大柳が塁を卍固めで捕らえ、このままいけば勝てるんじゃないかと思ったのに、更に大地に華を持たせようとしたのか?大柳が塁を羽交い絞めにして大地のミサイルキックのアシストをしようとしたんだけど塁によけられて誤爆!
リング内は野橋と大地に。リング下では大柳と塁がもみ合っている間に、野橋がラッシュをかけて、低空ドロップキックを顔面にブチ当てて3カウント。
試合が終わってもリング下で激しくやり合う大柳と塁。なんと塁が大柳をエントランスに押し込めて鍵をかけて締め出してしまいました。
リング上には珍しくマイクを持つ野橋が。
「おまらに滝沢村のスイカを食わせてやるぞー!」うおおおお!
「みなさんが一人でもいるかぎり、そして九龍がいるかぎりみちのくプロレスは永遠に不滅だー!」うおおおお!
「それじゃあこれからみんなでスイカを食べよう!」どんなシメ方だ。

会場の入り口ではすでに切り分けられたスイカをチャンピオン直々に配布。
会場の外ではすいかを切り分けるモンスター・野橋。「さすが慣れてるねー」とか言われてる太郎さん…。
「どんどん食べてー。大人の人もどうぞー。恥ずかしがらずに」
種はどうするの?という質問に「そこらへんに蒔いといて。来年スイカがなるように仕込んでおいて」と太郎さん。
スイカは大玉が3個か4個用意されていて、うちひとつは郡司君の実家(秋田県羽後町)から送られてきたものだそうで。
滝沢か羽後かわからなかったけど甘くておいしかったです。
結局、みんなで食べても食べきれずに、そのうち1個はじゃんけん大会で丸ごと貰われていきました。
この日は村議会議員選挙投票日だったので「選挙まだ行ってない人はこの後投票に行ってねー」と村民の鏡のようなことを言い出すモンスター野橋。
まだまだスイカはあるよ!三周目に突入だ!とせっせと振舞い続けていました。

OOGAMANIA含めても野橋がシメたことってありましたっけ?あったような気がしないでもない。野橋がシメるとなんかこう、ほのぼのとも違った、えーと、ゆかいな感じ?になってしまうんですね。とくに今回はスイカを食べよう&選挙に行こうのコンボですから。嫌いじゃないです。むしろ好きです。

次回はちょっと間が開いて今週末。矢巾に向けた前哨戦は続くよ!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.07.31(Sun) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード