« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

服屋

「SRサイタマノラッパー」という映画を見ました。なんかおもしろそうだったのでうっかり…。
自主制作もいいところなんですけど、なかなか面白かったです。
主人公がデブでその他登場人物にイケメンがひとりもいないところが妙にリアリティありますね。ライブが大成功して~とかサイタマから世界に!みたいなカタルシスがあるのかと思ったらそういうのもなかったし。ヒップホップは畑違いだし(ビースティー系は好きだけど)、ヤらせてよ~みたいなノリのヤンキー(ていうかDQN?)文化にはついていけないところもあったけど…。
ライブ@市役所の会議室のシーンにはめちゃくちゃ笑った。出席者の方に勢いよく向き直ったと思ったらやっぱ恥ずかしいのかすぐに横向いて俯くとか、んでだんだんヤケクソになっていったり、演技が細かくて最高でした。
その後の質問ていうか尋問コーナーでは歌詞にいちいち大真面目に突っ込まれるのがかわいそうでかわいそうで!「さきほど年金など払っていないと歌っていましたがせめて住民税くらいは…」将来設計は?みたいな質問手に他の仲間は嘘でもうまく切り返しているのに主人公は「今はニートだけどアルバイト探してるし、レコード屋なんかいいと思って」とかなんとかバカ正直に言っちゃって「レコード屋ないじゃん」って笑われたりさー。出身校訊かれたり、もうやめてあげてー。て感じでした
最後のシーンもそうだけど、ところどころ出てくる「ラップで会話」のシーンはヒップホップ畑の人はどう見るんだろう?言っていることはともかく、私なんかはやっぱり滑稽だなあと思っちゃうんだけど。ホントにラップで会話なんてするのかな?
映画 | CM(0) | TB(-) 2011.07.11(Mon) 21:24

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード