« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011/06/18(土) みちのくプロレス「2011ノスタルジックカーミーティングin岩手」@八幡平市岩手山焼走り国際交流村特設会場

時間どおりに行ったら始まっていたでこざる。メインが。さすが時間にキッチリしていみちプロ!ちくしょう!ていうか、なんでエキシビジョンを事前にやってしまうのだ!それはエキシビジョンだからだ。…。

1.エキジビション10分1本勝負
○野橋太郎(7:48ラ・マヒストラル)第八代ダイナマイト東北●

というわけで楽しみにしていたマイトさんの相手をする野橋は見れませんでした。ガッカリガッカリ。

2.20分1本勝負
○ラッセ、日向寺塁(14:58片エビ固め)拳王、佐々木大地×※ジャガラギ

試合自体は頭から見れました。
大地と塁が先発。結構な人手のわりにはゴングが鳴っても静まり返っているお客さん。塁が手拍子で場を煽ります。
やや温まったところであらためてロックアップ。オーソドックスな展開。感嘆はちょこちょこ上がるものの、やはり静かなお客さん。控えに引っこんでも「(声援が)聞こえねーぞー」とか「痛そうだなあ!」(これ何度も言ってた)とか、盛り上げようと一生懸命な塁。一度だけ素で「あの、応援してやってください」って言ったのがおかしかった~。
ふと見たら、太郎ちゃんがセコンドに付いてました。
大地から拳王に代わるといやがおうにも盛り上がります!拳王はほんっとにスピードもあるね!ラッセもスピードがウリ(だよね?)だけど、遅れをとらずに渡り合ってる。打撃もすごいし、本当におそろしい子!Σケ 勹|||
さてこのイベントでのお楽しみといえば、ひろーい野外会場での場外乱闘!塁が拳王をとっ捕まえて、展示車(よくわからないけど古くて高そうな車)に打ちつけようとすると、郡司レフェリーが必死で阻止!展示車は諦めたものの、別の場所にあったはたらくくるまに打ちつけられてしまいました。
そして石のオブジェ(?多分バイクのパフォーマンス用のなにか)にふたりで登って打ち合い。塁は拳王の腰を掴んでブレーンバスターの体勢に!投げられたら一大事、堪えきったはいいが、結局拳王が石から落とされてしまいました。
しつこく拳王を追う塁、今度は立ち入り禁止のテープで拳王にチョーク攻撃。拳王が苦しみながら手を伸ばしたその先には一匹の子犬。飼い主が子犬の前足を差し出すと拳王がタッチ。首からテープをとかれると、再度子犬に手を差し出す拳王。その後めちゃくちゃ吠えられてましたが。まさかまさか拳王と子犬のこころ温まる交流が見れるとは…!
リングではラッセと大地がやりあってました。やはり先輩に囲まれた試合では大地が捕まってしまいますね。とはいえ、拳王との連係プレーなんかも出て、ちゃんとタッグ試合してるなあと思いました。そういえば塁とラッセのタッグは初めて見たような。
ラッセと大地がやりあっている間、リング下では拳王と塁がだいぶ激しくやりあってました。
そんなこんなで大地が取られて終わり。しかし大地相手にジャガラギ出すとは!後楽園でも出したらしいけど。なんでしょうね、大地相手だと「よっしゃジャガラギー」とか言われても、うおー!とならないですね…。派手な飛び技が見れるのは嬉しいけれど、そこまでしなくても…と思ってしまいます。

終始塁がすごくがんばっていました!

シメのマイクは勝者ラッセ。
これがヒールとは思えない丁寧さで、最後なんか「引き続きイベントお楽しみくださいませ」だもん。笑っちゃったよ。
しかしあんなにしっかりした挨拶&宣伝をちゃんとこなせるなんて、ラッセはおりこうさんじゃあないですか。いや、だってホラ、数々のラッセ(またはJKO)伝説が…。

試合後はみちのくプロレス売店で九龍のサイン会が行われました。考えてみたら正規軍は拳王も大地もサインしないね…。

1試合しか見てないから当然なんですが、あっという間でした。今回のことを教訓に10分前行動を心がけるようにします。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.06.18(Sat) 21:43

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード