« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パケ裏でネタバレ

ディック東郷引退記念DVD「WRESTLING LEGACY」を見ました。

⑦2004年8月22日宮城・ニューワールド仙台
金網デスマッチ エスケープ&キャプテンフォール形式
ディック東郷、ザ・グレート・サスケ、守部宣孝 vs 藤田ミノル、日高郁人、マッチョ★パンプ

最後に収録されているこの試合がとにかくすごかった!映像で見てこんなに興奮した試合はありませんよ。夜中にひとりでギャーギャー叫んでしまいましたよ。
この試合に関するルールなり相関図なりの知識が不十分だったので楽しみきれたとは思えないんですけど、それでもすごかった!見てるうちにそれとなくは理解できたし。

ルールは
・四方金網に囲まれたリング内で戦う
・全員が金網の外に脱出(エスケープ)したするか、キャプテンをフォールしたチームの勝ち

チーム編成は
・F.E.C(Far East Connection) ディック東郷(キャプテン)、ザ・グレート・サスケ、守部宣孝
・S&B(Skull and Bones) 藤田ミノル(キャプテン)、日高郁人、マッチョ★パンプ

このルールが面白い。
ひとりエスケープすればリング内はハンディキャップマッチになる。でも金網の外からアシストをすることもできる。
2対2になったときに、エスケープするとしたら同時にエスケープしないとまずい。3対2ならまだしも、2対1だとフォール取られる危険性が高まるから。
そして1対1、金網の天辺にたどりついたそのとき、確実な勝利を選ぶか、自爆すなわち敗北覚悟で男気を見せるか?!

体力だけでなく知力もモノをいう頭脳戦。
手に汗握る試合とはまさにこのことですね。

このDVDを見て試合に至るまでのいきさつって大事だなあとつくづく思いました。
とくに対高木三四郎戦みたいにいかにもなにかありましたっていうのだとおいてけぼりになる。
なんで戦ってるのかって大事!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2011.06.02(Thu) 22:02

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード