« 2018 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011/05/04(水)みちのくプロレス「がんばろう!東北!東日本大震災復興チャリティー大会」@八戸市八食センター厨ホール

大型連休中ということで、八食センターはすんげー人出。
サイトでも告知されていましたが、今回、青森ローカル番組の取材が入りました。

試合開始前にマイトさんの復帰に向けたエキシビジョンマッチ。お相手は本日出場しないはずの大柳先輩。地元だからかけつけてくれたのかしら?エキシビビョンとはいえ、かつての大地のときのようではなく、ちゃんと試合っぽくなってました。マイトさんが大柳を持ち上げたのは体格差考えるとすごいことだ。

パンチさんのインフォメーションコーナー。地震発生時の注意事項、剣舞の新作Tシャツの宣伝など。「ここで沼ちゃんが登場するはずなんだけど?」と宇田川さんに訊ねると「精算してる」「生々しい!」精算終わったのかどうか、沼ちゃん登場。チケットを売りに来ている全日本の宣伝をして「俺の海」を熱唱。それから取材の入っているローカル番組のキャストのお笑いコンビ「あどばるーん」をリングに呼び込みます。なんでもお二人は八戸市出身だそうで、更に八戸工業高校って政宗選手の出身校だったと思うんだけど、その話が出ないあたり、プロレスには疎いと見えました。お二人はリング上でネタを披露。結構ウケてましたよ。

選手入場、大柳もフツーに入場している。九龍も入場して、先の震災の犠牲者に黙祷。九龍退場。みちプロ後援会から義援金の授与、サスケから挨拶。
「おかげさまで5/1より東北でも巡業を再開することができました」「我々のバンド、クレイジークルーは東京でもアメリカでも大評判です!」
サインボール投げ、選手退場。対戦カード発表。やっぱり大柳の試合は無い。

1.15分1本勝負
○Ken45(9:02サソリ固め)佐々木大地×

大地はセコンドにあどばるーんの二人を引き連れて登場。三人揃ってリングイン。セコンドはすぐにリングを降りて青コーナー付近で待機。
kenは入場するなりあどばるーんに一直線。ビビリまくりの二人にツバを吐いて牽制。完全にヒールモード。
試合自体はいつものような感じだったけど、セコンドがうるさいうるさい。もちろん仕事で盛り上げなきゃいけないのはわかるけど、試合中に大地の体触っちゃだめだよー。それと「よければいいのに」はプロレス会場では絶対に言ってはいけない言葉だよ!そりゃkenも真顔で「うるせえ!」って言うよ!笑いが起こったのにもガッカリだ!
フィニッシュはkenが大地からサソリ固めでタップ。試合後、kenは青コーナーに昇って下のあどばるーんにツバかけ。
あどばるーんの二人はリング上の大地に肩を貸そうとするも、これを拒否して三方に礼をして自力で退場。えらい!あどばるーんはその後をあわてて追いかけて行きました。
これは番組のための特別試合だったと思って諦めようそうしよう。

2.20分1本勝負
精霊(8:38無効試合)日向寺塁
※地震発生の為。緊急でお客様の安全確認で試合を止めたため

試合開始間もなく塁が場外に出てしまい、全然戻ろうとしなくて、レフェリーの郡司君も場外カウント取ればいいのに、戻るように促すだけで、なんだか変な空気に。もう塁は何をしたいのかわからない。
塁が一方的に精霊を攻めるような展開で、ふたり揃って場外に落ちたところで地震発生。大きめにグラッと揺れたので試合は中断。
すぐに他の選手が出てきて避難経路を確保。揺れはすぐにおさまったものの、試合はノーコンテストに。これからというところだっただけに残念。

3.30分1本勝負
○ザ・グレート・サスケ(22:37リングアウト)ヘラクレス千賀×

千賀は一度だけSOSで見たことがあるので初見ではありません。でもショートタイツ初めて見たー写真で見たときも思ったけどなんかヤダ。ヒラヒラの方がいい。千賀の入場曲は何かのアニメソング?
続くサスケ、METAL ON METALが鳴り響くもなかなか入場してこない。エントランスを見守っていた千賀も痺れを切らして「遅いよ。早く出てこいよ」とか言ってたら、会場の出入口から入場。しかも手にはキッズコーナーの備品と思われるおもちゃのバイクが。おもちゃのバイクにまたがると客席の側をキコキコ。よくこげるというかよくつぶれないというか。バイクはエプロンサイドに駐輪してリングイン。
ゴングが鳴るとチャント(覚えた)合戦開始。二人ともすねて帰りそうになる。
なかなか始まらなかったわりには手四つの力比べからのオーソドックスな立ち上がりでした。
オーソドックスなのは立ち上がりだけで、サスケも千賀も受けっぷりに定評があるのですごいことになってました。
どうしても比べてしまいますが、精霊より千賀の方が一枚上手に見えます。でもSOS対決ではオースギが勝ったんですよね。ってオースギは関係ありませんね。
千賀のスイング式DDTにやんややんや。サスケも千賀に雪崩式ブレーンバスターをお見舞い。こちらも大歓声。
リングの中央では取っ組み合ってニセ津軽弁のような妙なイントネーションで罵りあう二人。
場外に出ると、サスケがお客さんの靴を凶器に千賀をポコポコ殴ります。
千賀はサスケを鉄柱に打ち付け、リングサイドに駐輪してあったバイクにまたがると、サスケを轢いてしまいました。Gammaにも轢かれて南野にも追突されて千賀にまで…。
これで怒ったのか何なのか、サスケは試合のどさくさで千賀のショートタイツをひっぱってくいこませたり半ケツにしたりとたいへんな目に。
ラムジャムはアピールが長いのが玉にキズですが、今回のアピールは他に類を見ないほどの長さでした。千賀を寝かしてヒジを叩く…までは一緒ですか、ここから更に鉄柱から千賀の上に指で弧を描きながらジェスチャーで説明、方向を変えては何度も説明、もう一度肘を叩いておやすみポーズ、「やっちゃっていいですかー?!」でようやく鉄柱に昇ると、とっくに起き上がっていた千賀にとっ捕まり、逆に「やっちゃっていいですかー?!」で引き摺り下ろされてあえなく失敗。
このアピールはその後のパイルドライバーにも。しかしこちらは千賀を抱えて三方にアピールしたわりにはキッチリ落としました。
エプロンの攻防ではサスケが千賀を叩き付け、トップロープにくの字型にかけると、千賀の頭めがけてセグウェイ!フィニッシュかと思いきや返しました!返しただけでなく、サスケを場外に落としてトペコン!しかし今度はサスケが逆トペ!大技連発にふたりとも中々起き上がれず、場外カウントが始まりました。サスケはなんとかリングインしたものの、結局千賀がリングインできずにリングアウト負け。
リングアウト負けは残念だったけど、かえって千賀の頑丈さを思い知らされた結果となりました。充実した試合でした。
勝者のサスケは「クレイジークルーが見たいか?!いつかここでもやります!」とアピール。クレイジークルーはあのままでは終わらせないようです。
SOSのコスチュームの首輪、あれいいですね。途中でビッとはずすとスイッチ入ったっぽくなって。

1.時間無制限1本勝負
○気仙沼二郎、拳王、剣舞(10:34反則)フジタ"Jr"ハヤト、南野タケシ、野橋太郎×※日向寺塁乱入

お客さんの投げた紙テープが南野にヒット。更に他のお客さんが投げた紙テープがハヤトにもヒット。お客さんのコントロールは抜群だ!
いきなりの場外乱闘にリング上でも同時進行、狭い会場なもんだからどこを見ればいいのやら、どこもよく見えず、一応リングを見るようにはしているけれど…。
ようやく場外乱闘がおさまると、剣舞が集中攻撃を浴びていました。しかし毎度毎度剣舞捕まるの長すぎ。九龍が正規軍の誰かを集中攻撃して…って、たまには違うパターンも見てみたいものです。ここでフラストレーション溜まった分、沼ちゃんが救出に成功したときの爆発は大きくなりますが。それがいいんですけど!
拳王がカット入れたときの九龍の「反則だろうが」これはもう「お前が言うな」っていうお約束ですね。
ハヤトと拳王のバチバチ合戦で必ず最後にハヤトが打ち勝つのもなあ。しかし拳王の串刺しダブルニーも早との串刺しヘルムもどっちもすごすぎていやすぎる…。
剣舞がコーナーポストギリギリのところで019出したのにはびっくりしました。巧いなあ。
試合中ずーっとダミ声でゴチャゴチャ言ってて、試合にもちょっかい出しまくってた塁、ついに試合に乱入して反則取られて正規軍の勝ち。アピールする塁に大ブーイング。
そこに大柳が登場!「ノーコンになって試合し足りないんだったら俺とお前を入れて再試合だ!」スゲー!ハプニングがこうなるとは!錦也さんすてき!ちょうかっこいい!
このマイクで大柳が噛んだら塁が「は?何言ってんの?」みたいな感じで両耳に手を当ててたけど、自分だっていっつもカミカミじゃん!佐藤兄弟に怒られてしまえ!

延長戦
時間無制限一本勝負
4.○気仙沼二郎、拳王、剣舞、大柳錦也(4:56片エビ固め)フジタ"Jr"ハヤト、南野タケシ、日向寺塁、野橋太郎×※気仙沼落とし

再試合、またもや大乱闘で何がなにやら。ともあれ、野橋が大柳に卍固めかけられるわ、沼ちゃんに気仙沼落とされるわで散々でした。
試合後のリングサイドで、南野は野橋の頭を叩いたたいたけど、塁はちゃんと野橋を支えて退場していきました。師弟愛だわー!ハヤトはきゃあきゃあさわぐ例の番組の人たちをしばらくじーっと見てから退場していきました。

シメは正規軍。いつものアレでシメる前に、沼ちゃんがあどばるーんの二人に宣伝はもうないかとリング上に呼び、宣伝させた後に「ものすごくおもしろいシメを」と振ってしまい、挙句あどばるーんの二人はベッタベタなシメ(まさかの「1、2、3、ダー!」)をやってしまい会場の空気が凍りついてしまいました。これは沼ちゃんが悪い!かわいそう!でもこの空気に拳王がちょっと笑ってたような…?下向いて手の指バラバラ動かして挙動不審でした。結局、沼ちゃんがいつもどおり「不滅だー!」でシメなおしました。

メインは再試合で盛り上がりましたね。セミが一番良かったです。
TV収録は…まあ、いつもの大会では見られないようなおいしいシーンもいっぱい見れましたけど。
スタッフにプロレスラブの人がいて、キャストにはちゃんとやっていいことと悪いことの基本を教えないと。皆までは書きませんが…。
場外乱闘中の「あたしのハイヒールとって!」にはほんっっとにヒヤヒヤした。拾ってお客さんが溜まってるあさっての方向に投げた塁は機転が利いてた。ナイスフォロー!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.05.04(Wed) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード