« 2019 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011/02/27(日)格闘探偵団バトラーツ「千住の風になってvol.27」@北千住シアター1010稽古場1

団体の解散を発表したバトラーツ、私が観戦するのも最初で最後でしょう。(とか書いておきながら、東郷さんみたいに見まくりになったりして)
というわけで行って参りました。場所わかんねええええ!ちゃんと調べないで行ったら100%わかりません!まじで日程間違えたかと思った。
中に入ると、リング上で選手がスパーリングをしていました。写真で見たら結構広い?と思ったらとんでもない。リング置いて、椅子は3列ずつ並べて精一杯。前2列が指定席で3列目が自由席。なんだけど、試合開始間際に来た自由席のお客さんで座れない人が数名出てしまいました。じゃあ立見かというと、なんと立見ゾーンなし。椅子を増設するとか言ってたけど、結局空いている2列目に座らせていました。これについては思うところがあるのですがそれは後ほど。

全選手入場。挨拶は石川社長。結構な入りに「団体無くなるからって面白がって来てくれてるんだろうけど」と憎まれ口。
第一試合で出場予定だった那須光太郎選手が欠場、焙煎選手の相手は?「一日二回も投げられるのツライからさあ、バトラーツルールでやろう」と、なんと石川社長が務めることになりました!焙煎選手だって引くわけにはいきません!

※結果詳細はオフィシャル待ちって出るんですかね??

1.○石川雄規()焙煎TAGAI(西口プロレス)×

バトラーツルールとは、3カウントフォールなし、KO、TKO、ギブアップでのみ決着。更にこの試合はロープエスケープは二人合わせて5回まで、それ以降は認めない。だそうです。
焙煎選手がすごくよかった!のっけから気合が伝わってくるし、「よーし勝てる気がしてきた!」って前向き!焙煎選手、あらためて見ると、胸とか腹とかは垂れてるけど首まわり肩まわりはしっかりプロレスラーしてますね。
石川選手の受けっぷりもよかったです!そんな、フツーに痛がっちゃっていいのかい?とか、先にロープエスケープ二回しちゃうとこなんかも試合の作り方がうまいです!しかし石川選手、焙煎選手の…に指を…噂には聞いてたけど初めて見ましたわよ。フツーは見えないようにやるか。

2.○臼田勝美()河上隆一(大日本プロレス)×

毎度書いてる気がするけど、大日の若手はでかい!河上選手こんなにでかかったっけ?
力では河上選手の方が勝っていたことでしょう。臼田選手をブン投げてカバーすると「フォール!」もちろんバトラーツルールなので認められません。力では勝っていても、臼田選手に足をガッチリと絞めあげられた河上選手はロープエスケープできずにタップしてしまいました。惜しかったなあ。

3.第三試合
○澤宗紀、矢野啓太()竜司ウォルター、竹嶋健史×

序盤、竹嶋選手に「動け!おっさんか!」という野次が飛びました。うーん確かに竹嶋選手はのっけからフルスロットルで「よっしゃいくぞー!」って感じではないので、元気が無いように見えるのかも知れませんね。実際元気が無かったのか、澤選手は竹嶋選手を「団体無くなんだぞ悔しくねーのか!」と一括。それに奮起させられたように矢野選手にガンガン頭突きを打ち込んでいく竹嶋選手。このせいでしょうか、いつの間にやら矢野選手は頭から流血していました。
試合が進むにつれて先輩達の攻撃がどんどん厳しくなっていきます。フラフラの竹嶋選手に向かって「誰でもいいから殴れ!」と澤選手。ホントにパートナーの竜司選手にも殴りかかっていました。最終的には先輩三人対竹嶋選手の図に。レフェリーストップとなりました。噂にきく先日の大日@後楽園のセミのしごきマッチもこんな感じだったのかなーと思いました。

休憩時間の前にインフォメーションコーナー。焙煎選手からは西口プロレス興行のお知らせ。往年のレスラーをもじったリングネームは年配のお客さんもウケていました。
続いてアイスリボンの都宮ちい選手。都宮選手、他団体の物販で何度か見かけたことはありますが、はじめてまともに見ました。ジャージぷっかぶか!オーバーサイズのジャージって田舎の中学生みたい。こちらもアイスリボン興行の告知…といきたいところですが、
後楽園ホール大会だかがバトラーツの大会とまるかぶり。「チケット買ってくれる人はいないと思うので」と別の大会の宣伝をしました。気の効くお嬢さんで。

4.○タイガーシャーク(RJP)()山本裕次郎(チーム太田章)×

タイガーシャーク選手…メインのスーパータイガー選手見てても思ったんですけど、タイガーマスクよく知らない私が言うのもなんですが、ファイトスタイルが同じでびっくりしました。あの独特のステップとか蹴り技とか、悪い言い方すると初代のコピーだと思ってたんですけど、空手とか柔道とかそういうことなんですかね?
ここまでの試合を見てて感じたことは、バトラーツルールは暖まるまで時間がかかるなあということです。終わったときにはそんなこと忘れるくらいなんですけど。
山本選手、あまり若そうじゃないのでそれなりにキャリアのある選手かと思ったんですけど、タイガーシャーク選手にボッコボコに蹴られてKO。カウントもきっちりしてます。

5.○池田大輔、スーパータイガー()石川雄規、鈴木秀樹×

いやーーーーもーーーーこの試合はツボにハマリすぎました。石川選手と池田選手の絡みがさいこーすぎ!一応、みちプロ勢が参戦している関係でバチバチの流れは追っているので石川選手と池田選手の関係についての知識はそれとなくあるのですが、こんなことになるとは。
ゴング前から池田選手、殺気立って飛び掛りそうな勢いで石川選手を睨み付けてるわりには両者握手で鈴木選手にだけ握手して石川選手はプイッ。石川選手はわりと擦り寄ろうとしてるっぽいのかまた…。
試合で絡むと、二人して頭さみしいのに髪引っぱり合うのがまたおもしろい!レフェリーブン投げて石川選手に激突させてラリアットで追撃とかヒドイ!二人の絡みばっかり期待してしまいましたよ。
同じルールでここまで違うのかと、ここまで楽しませてくれるのかと、石川選手も池田選手もキャリアは伊達じゃないですね!
試合は池田選手が鈴木選手からKOで勝利、石川選手との決着にはなりませんでした。
勝利者チームの池田スーパータイガー組はどういうわけか試合後に衝突。割って入った竹嶋選手は二人殴られてなんと不憫な。
そして最後の最後に石川選手をブン殴って池田選手退場。
ひとりリングにとり残され石川選手。マイクを握ると「久々に言うけど…このバカタレがーーーーー!」すげえシメ。
もーもーもーさいこーだった!
私なんでか、この試合の石川選手と池田選手を見てスラムダンクのことを思い出してしまいました。

帰りに吉川選手引退興行のDVDなんぞ置いてないものかと売店を覘いてみましたが、ありませんでした。

いやー。私バトラーツってプロレスだと思っていました。ってプロレスなんでしょうけど、私が思い浮かべる「普通の」プロレスとは違いました。んでもって私は総合格闘技は見ないので、ははあこういうものなのかと、新鮮な気持ちで見れました。他団体でしか見たことのない澤選手と矢野選手と竹嶋選手のホームリングはここなのかと思うと、みんなすごい。「普通の」プロレス団体に出で、しかもちゃんと評価されてるんですからね!

さて、冒頭にちょろっと書いた座席について。まーた私の小市民っぷりを曝け出すことになりますが。
いくら自由席が無くなって指定席が空いてるからって遅く来た人が高い席に座れちゃうなんておもしろくないですよ。よりよい席で観たいから指定席を買うでしょう、自由席の中でも良い席を取るために早く来るでしょう。
これがチケット売場でやってくれるんなら全然かまわないんですけどね、目の前でやられるとねーちょっとねー。立見スペース無いなら実際の席数以上の枚数なんか売らなきゃいいのに…。
まあーでも中には本当は余っている安い席を当日券では売り切れたことにして…という場合もあるみたいですからね、それを思えば良心的か。
プロレス観戦記 | CM(2) | TB(-) 2011.02.27(Sun) 23:59

コメント

あの場所は、ビルの従業員でもないとわかりませんよ(笑)

2011.03.02(Wed) 00:03 | URL | 管理人。 #-[ 編集]

Re: タイトルなし

まったくです!しかも「利用者以外立ち入り禁止」って、え?入っていいの?って戸惑いますよ!

2011.03.02(Wed) 23:41 | URL | nisui #-[ 編集]

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード