« 2019 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2011/02/11(金)新北京プロレス「Japan Tour 2011 ?新春興行?」@新木場1stRING

この日は健介オフィスの後楽園大会に行きたかったんだけど、当日券が立見それも少数しか出ないってんで予定を変更して新北京プロレスに行ってきました。
こちらはこちらで自由席しかなくて立見になるかもと…。実際かなりの行列で座れるか不安だったけど無事座れました。しっかし自由席の案内は不親切すぎるよー。「座席番号の無いところです」ってわかるかそんなの!前の興行の座席番号貼ったままだし!マスコミ関係者席を北側半分潰して取ってるのも意味わからん。反省しなさい!(スパーク青木選手のマネ)

会場内は竜虎の大きな扇が掲げてあったり、天井の中央に龍の模型がぶらさがっていたりで雰囲気満点。
オープニングの挨拶はマイク井上リングアナに良く似たモンゴル・マイクリングアナ。三和太選手に良く似た太太がドラを叩いて試合開始。
リングに趙雲子龍が登場、中央に胡坐を書いてゲームを始めるとスクリーンにはプレイヤーの顔だけ趙雲選手にすげかえたスパルタンXが!これが対戦カード発表Vです。

▼第一比赛 因縁の決戦! 北伐2011 30分一本勝負
伊東劉備 with中日韓(7:11無効試合)曹彰 with真琴姫※南蛮軍の襲来により

曹彰選手はばかでかい木槌を持って登場。
劉備選手は見慣れないコスチュームだけど手には見慣れたパイプ椅子。
真琴姫がゲームからそのまんま出てきたかと思うくらいに美しくてくらっくらしました。真琴姫と中日韓も戦うのかと思ったら戦いませんでした。旦那さんのセコンドについて応援している奥さんの絵っていいなあ?。
コスチュームが違うくらいでいたって全うに展開される試合に、こういうもんなんだ?と思っていたら、え?サイバーゴング?「いつもどおり南蛮人が来襲してきました!」に大笑い。いつもどおりなんだ。南蛮人はCHANGO選手とベアー福田選手によく似ていました。

▼再比赛 因縁の決戦! 南蛮征伐2011 30分一本勝負
○曹彰、伊東劉備(5:15エビ固め)孟獲大王、兀突骨大王×※落空鳳坡

真琴姫が南蛮人に襲われたので曹彰選手と劉備選手が結託してカード変更。やっぱ善悪はっきりしてた方がわかりやすくて面白いですね!(って私の三国志に関する無知っぷりが露呈している…)
面白いといえば、マッツ・イーレフェリー。レフェリーシャツがラーメンどんぶり模様(わかる?)で、カウントが「イー!アル!サン!」もちろん選手のカウントに対する講義も指を二本立てて「アル?」です。ところどころ同時通訳が混ざるのもご愛嬌。
劉備選手の動きって独特の間がありますね。特にドロップ系の技が気になります。もっさりとか言われるかも知れないけど私はあの間好きだなあ。
連携は南蛮人の方が良かったような気がするけど、劉備曹彰組が勝ちました。勝ったとはいえ、曹彰は握手を拒んで劉備に敵意剥き出しでした。

▼第二比赛 中華明星日本集結! 30分一本勝負
○リー・ランジェイ、ジェット・バー(11:35片エビ固め)Dragon-Achooooo!、周瑜公瑾×※閃光魔術師

あああまたラン様を…。チャイナドレス着てるからいつもより露出が少ないはずなのに気持ち悪さは少しも衰えていませんでした。終盤にはポロリもあってトクした気分…になんかなるわけないでしょう!
ラン様のことばっかりでなんですが、ラン様と澤選手が結びつかないのは、武藤選手のコピーだからということに今更気付きました。そういえばラン様のひげってちゃんと灰色なんですね。
周瑜公瑾選手は本大会中唯一誰なのかまったくもってわかりませんでした。で、調べたのでわかりました。香港の映画スターみたいな顔してるんですね。

▼第三比赛 阿片戦争勃発! 30分一本勝負
<新北京プロレス>○銀角、金角(8:19片エビ固め)<英国軍>ダビデ像、エリザベス女王×※断頭台脚

対戦カードVに大爆笑!金閣銀閣が????!!!!
サンタさんよろしく大きな袋を抱えて登場金閣銀閣。
対する英国軍は豊満すぎるバディ(金取れるよまじめな話)のエリザベス女王が全身灰色塗りのダビデ像を伴って入場。あまりのインパクトに会場騒然。
のっけからマイクを要求する金閣銀閣。銀「お前らが持ち込んだアヘンのせいで中国人がみんなキ○ガイになっちまったじゃねえか!」金「まあ中国人は元々キチ○イばかりだけどよ」
そんな鬼畜英国人から中国人を守る戦いだそうで、これがもーーーホントにひどかった。
エリザベス女王陛下にむかって畏れおおくも罵詈雑言を浴びせ暴力の限りを尽くす金閣銀閣、ダビデ像が動かないのをいいことに、カンチョーしたり、味噌、豆腐、ねりわさび…。ついに怒りが頂点に達したダビデ像はハルクアップならぬダビデアップ!YOU!金閣銀閣をボコボコにかかるがアヘンがエリザベス女王に誤爆。ダビデ像は知らんぷりで元通りのポーズ。結局、エリザベス女王は墨汁攻撃くらってラッシュかけられてあえなく断頭台の露と消えました。
兄弟は職人だな!

休憩時間のリング清掃には掃除機が登場。大変ですねえ…。

▼第四比赛 伝國の玉璽争奪戦! 玉璽争奪スクランブルバンクハウス皇帝ラダーマッチ 無制限一本勝負
○<大秦国王>安敦王(12:08玉璽奪取)、<秦王>始皇帝、<蜀帝>劉禅公嗣、<性王>偏腿王、<愛新覚羅>努爾哈赤、<大奴隷>三四六

選手がひとりずつ入場すると一旦南側の通路へ。これがスクランブルハウスなんですね。
偏腿王のコスチュームの変態っぷりにお客さんオオウケ。前から見ると普通なんだけど、後ろから見るとへんたいじゃなくてたいへんなことに!
安敦王のコスチュームがミニのワンピースみたいでそれがすごく似合っててすごくかわいくて、アントンもそれをわかっているかのようなアピールをするのがまた…。
高木選手生で見るの初めてなのになああああ。大奴隷…。
玉璽を天井に吊るすために真琴姫がリング中央に用意されたラダーに昇ると床に這いつくばる勢いでドレスの中を覗こうとする変態王。
この玉璽、取れそうで取れないもんですなあ。変態王がヌルハチを振り切ってラダーに昇るとヌルッと滑ってしまうのはいい伏線ですね!
劉禅がいい味出してました!襲い掛かってくる相手を次々と投げて、レフェリーまで投げたらあとはくるっと回って…ってそのままぐるぐる回り続ける劉禅にズコー。回り続ける劉禅の首にラダーをかけると、こちらは期待通り、近付く選手がなぎ倒されていきました。しかし変態王、頭に一番硬い部分がモロに当たってしまい、本気で悶絶。
天板に到達した劉禅選手が奪取するかと思ったのそのまま降りてガッツポーズ。ルールをよくわかっていなかったようです。
最終決戦は安敦王と大奴隷のラダー上で繰り広げられた古今東西AV女優もしくはAVタイトル?合戦。大奴隷がやたらと風間ルミを連発、安敦王がエマニエル夫人2で対抗して見事玉璽を奪取しました。

▼最后比赛 老師最期の相伝劇! 60分一本勝負
○趙雲子龍、老師トウ・ゴー、ヤングマスタートウ・ゴー(15:21片エビ固め)元大老、曹磨刀、ジャイアント馬謖×※北京式ゴリースペシャルボム

煽りV。老師の余命が幾許もないことが判明。
趙雲組が先に入場。老師かっこいいいいいいい!!!!!ヤング、誰かと思ったら!まゆげひとつでずいぶん変わるもんですねえ。趙雲はコールで投げられたテープを長い棒をブンブンと振り回して絡め取る。これまたかっこいい!
対する元大老組、元大老もかっこいいなあ!桃白白みたい。馬謖はフルフェイスマスクだけど誰かわかりましたよ。あんだけでかい人は二人しかいませんからね!曹磨刀は剣呑みを披露。どうなってんの???ボディチェックで元大老が背後に持っていた剣に気付かないなんて…。
ヤングマスターと曹磨刀が向かい合ってファイティングポーズでステップを踏む姿がまるっきりスト2でツボにハマってしまいました。
元大老は手を使わないんですね。老師も対抗して手を後ろに組んで戦います。ふたりともすげえ!元大老を追い詰めるも老師が倒れてしまったー!オトーサーン!
趙雲が集中的に攻められ、声援も趙雲に集中。
馬謖が失敗して元大老が泣きながら馬謖を斬ろうとしたのは「泣いて馬謖を斬る」ってやつなんですね。勉強になるなあ。
そんなこんなで趙雲が馬謖をピン。勝ったのに老師が死んでしまったのでなんとも物悲しい雰囲気に。しかし死んでしまった老師をゴロゴロ転がしてリングから降ろしたのにはつい笑ってしまいました。もっと大事に扱えよ!

最後は趙雲選手が先導してみんなでイーアルサンスー新北京でシメました。

エンディングVは香港映画よろしくNG集風味な趙雲選手の街角トレーニング映像。ときどき笑っていいのか戸惑うほどに危険なシーンもあって、ラストカットはなぜか大家健選手の入院シーン。どういうこと?!

中々出れないなあと思ったら、入り口で趙雲選手がお見送りをしていました。

いやー。楽しかったです!プロレスというよりも演劇を見ているような感じでしたが。私は三国志についてはとんと疎いのですが、そういうのが好きな人は元ネタがわってクスリとなる要素満載なんでしょうね。いいなあ。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.02.11(Fri) 23:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード