« 2020 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

佐藤悠己がK-DOJOに入団した件について

佐藤悠己 KAIENTAI DOJO入団!

この情報化時代、マスクマンの中の人なんてちょっと調べりゃすぐにわかるけど、だからといってそのものズバリ書くのは無粋。
駄菓子菓子、書かないと書けないので書きます。

一応自重して続きからどうぞ。
いやーーーーーーもーーーーーーーひっくりかえりそうになった。考えてみりゃ年末の後楽園大会でユニットに参加してる時点でアレッ?とか思えよって感じたけど、これっぽっちも思わなかった。
私は若いうちはちゃんと団体に所属すべきだと思っているから、若い佐藤きゅんがK-DOJOに入団したのは本当に喜ばしいことだけど、佐藤きゅんがK-DOJOに入団したってことはもうみちのくプロレスで剣舞が見られなくなるわけですよ!みちプロファンとしては手放しで喜べないんですよ!「これからの佐藤きゅんの活躍に期待してます☆ミ」なんて言えませんよ!わたしゃそこまで頭の切り替え早くないですよ!
「剣舞」だなんて誰よりもみちのくらしいギミックだから忘れてたけど、なんたってフリーなんだよねえええええ。こういうときにフリーだということを嫌でも思い知らされる。
でもね、冷静に考えると、みちプロ内での剣舞の居場所って無かったかも知れない。シングルプレイヤーだけどベルト戦線に絡まなかったし、タッグパートナーがいるわけでもなし、かつてのkenみたいにトリオの参謀的ポジションがあったわけでもなし。
こういう書き方はどうかと思うけど、勝ち星も貰えなかったしね。結局レギュラー相手にシングルで勝ったのって大地以外だとラッセだけ?そりゃつらいわ。
これから剣舞としてみちプロに参戦続けてたところでどうにかなったかと思うと、正直なところどうにもならなかったと思う。いくら剣舞はどんどん良くなってきてると言われたって、私自身もそう思っていたけど、今の正規軍対九龍の抗争図じゃあ本当になにも変わらないと思う。また同じ一年を繰り返すことになったと思う。
TAKAのブログによると「フリーではなかなか思うようにいかなったようだ」だそうで。こう思い返すと佐藤きゅんがそう感じていたのもわかるなあ。もちろんみちプロだけで戦っていたわけじゃないから、他にもそう感じることがあったんだろうけど。そうなると佐藤きゅんのこの決断もなるべくしてなったというか。
ただ、師匠のディック東郷が正規軍としてみちプロにレギュラー参戦中のこのタイミングで離れたのは意外。みちプロでの師弟対決は夢の泡と消えましたか…。そういえばタッグすら組まなかったのか。ノアのタッグリーグ戦にサスケのパートナーとして参戦したのももしかしたらはなむけだったのかなあ。
もう修行期間だったと思うしかないんだろうね。とりあえず、2月の新木場大会はカード決定してるからいいとして、九州ツアーはポスターに載ってるけど、3月の矢巾大会はどうなるかなあ?なにごともなくフェードアウトしちゃうのかなあ…。それはそれでもしかしたら不定期で…と思えるし。でもそれは甘い考えか。入団ってそういうことじゃないはず。サラリーマンと同じ、団体が最優先。みちのくの本体興行は土日、K-DOJOの大会も土日祝。日程から見ても剣舞がみちプロに参戦するのは難しい。それに入団するからにはしっかり団体愛を持って欲しい!剣舞が見れなくなるのはほんとにほんとにほんとに寂しい通り越して嫌だけど、でもでもああもうやっぱりがんばれ!これからの佐藤悠己の活躍に期待してます!!!!

私がみちのくプロレスの観戦を始めて一年半、初の離脱者が剣舞になるとは思いもよらなかったです。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2011.02.15(Tue) 00:49

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード